69件中 11 - 20件表示
  • 折り紙

    折り紙から見た吉澤章

    1950年代には、日本の吉澤章、高濱利恵、イギリスのロバート・ハービン、アメリカのリリアン・オッペンハイマー、サミュエル・ランドレットらを中心とする国際的な折り紙サークルが形成され、折り紙が世界的に普及した。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た手拭

    平安時代の『清輔朝臣集』(藤原清輔)にカエルの折り紙について記述されている。江戸時代において、平織りの木綿の反物が庶民にまで普及し、手拭が日常的に使われるようになると、ただ単に折りたたんで収納するのではなく、折り紙のように奴(やっこ)やカエルを模しての折り方が工夫され、日常の家事仕事に彩りを加えるようになった。その後、遊びや趣味として「折り手拭」という技法になり、中でも財布は折りたたんだ手拭で作ったもので代用する人も多かった。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た人工衛星

    剛体折り紙の問題(即ち、折り目の位置で蝶番でつないだ板金を用いて、紙と同様に作品を折ることができるかどうか)は重要な実用上の問題である。たとえば、ミウラ折りは剛体でも折ることができ、人工衛星の太陽電池パネルを折り畳むために用いられている。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見たエアバッグ

    またそれ以外にも、折り紙はエアバッグの折り畳みや医療用のステントグラフトの折り畳みにも応用されている。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た中国

    折り紙の起源は明らかになっていない。中国起源説、日本起源説、スペイン起源説等があるが、いずれも推測の域を出ない。中国起源説は製紙の起源が中国であることから、折り紙の起源も中国であろうとの説で根拠は乏しい。日本の折り紙は下記のように他から伝わったものではなく独自に発達したもののようである。19世紀にはヨーロッパにも独立した折り紙の伝統があり、日本の開国と共に両者が融合した。現在では日本語の「折り紙」という言葉が世界に浸透しており、欧米をはじめ多くの国で「origami」という言葉が通用する。現代の折り紙は日本やヨーロッパを起源とするものである。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た紙飛行機

    代表的な折り紙には、鶴(折鶴、連鶴)、風船、紙飛行機、手裏剣、兜、奴さんなどがある。ヨーロッパでは、スペイン語でパハリータ、フランス語でココットと呼ばれる小鳥(または鶏)の形をした折り紙が代表的である。また、洋食のときに折られているナプキンも、広義の折り紙の一種である。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見たカエル

    平安時代の『清輔朝臣集』(藤原清輔)にカエルの折り紙について記述されている。江戸時代において、平織りの木綿の反物が庶民にまで普及し、手拭が日常的に使われるようになると、ただ単に折りたたんで収納するのではなく、折り紙のように奴(やっこ)やカエルを模しての折り方が工夫され、日常の家事仕事に彩りを加えるようになった。その後、遊びや趣味として「折り手拭」という技法になり、中でも財布は折りたたんだ手拭で作ったもので代用する人も多かった。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た主婦と生活社

    山口真『たのしい折り紙全集』主婦と生活社、1997年 ISBN 4-391-12031-3折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た日本評論社

    川村みゆき『多面体のおりがみ-正多面体・準正多面体および双対』日本評論社、1995年 ISBN 4-535-78224-5折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た正方形

    折り紙(おりがみ、折紙)とは、紙を折って動植物や生活道具などの形を作る日本伝統かつ、日本起源の遊び。また、折り上げられた作品そのものや、折り紙用に作られた正方形の専用紙のことも指す。折り紙 フレッシュアイペディアより)

69件中 11 - 20件表示

「折り紙」のニューストピックワード