69件中 41 - 50件表示
  • 折り紙

    折り紙から見た幾何学

    また、折り紙の持つ幾何学的な性質から、数学の一分野としても研究されている。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た伊勢氏

    という記述があるから、足利義満の時代、小笠原氏・伊勢氏・今川氏を中心に整えられたと考えられる。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た遊び

    折り紙(おりがみ、折紙)とは、紙を折って動植物や生活道具などの形を作る日本伝統かつ、日本起源の遊び。また、折り上げられた作品そのものや、折り紙用に作られた正方形の専用紙のことも指す。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た反物

    平安時代の『清輔朝臣集』(藤原清輔)にカエルの折り紙について記述されている。江戸時代において、平織りの木綿の反物が庶民にまで普及し、手拭が日常的に使われるようになると、ただ単に折りたたんで収納するのではなく、折り紙のように奴(やっこ)やカエルを模しての折り方が工夫され、日常の家事仕事に彩りを加えるようになった。その後、遊びや趣味として「折り手拭」という技法になり、中でも財布は折りたたんだ手拭で作ったもので代用する人も多かった。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た熨斗

    文献で確認できる限り、1680年(延宝8年)に井原西鶴が「一昼夜独吟四千句」の中の一句「廬斉が夢の蝶はおりすえ」に詠んだ、雄蝶・雌蝶が最古の記録である。雄蝶・雌蝶は銚子の口に付けるもので、銚子の包みが様式化したものである。また、今日見られる熨斗も、熨斗鮑の包みが様式化したもので、儀礼折り紙の一例である。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た今川氏

    という記述があるから、足利義満の時代、小笠原氏・伊勢氏・今川氏を中心に整えられたと考えられる。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た多面体

    何枚もの紙を同じ形に折って、それらを組み合わせ、一つの作品を作りあげる折り紙作品をユニット折り紙と呼ぶ。ユニット折り紙の対象には対称性の高い多面体(一般に「くすだま」と呼ばれるものなど)、箱などが多い。枚数としては2枚から数十枚、多いものでは1万枚以上もの紙を組み合わせることがある。ユニットを組み合わせるときには、紙の摩擦のみで全体を支えるものが理想であるが、場合により糊付けや糸で綴じるケースもある。ユニット折り紙作家としては、笠原邦彦、川村みゆき、布施知子などが有名。類似のものに、折り紙細工がある。伝承の「手裏剣」もまたユニット折り紙の一つである。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た多角形

    一般的には折り紙専用の正方形の紙を使う。しかし、作品によっては長方形(主に辺の比が1:√2のもの)その他の紙を使う場合もある。新聞紙などを用いる作品(帽子、ミット、紙鉄砲など)もある。紙幣を折り紙の素材とし、人物などの図柄を完成作品のデザインの一部に取り込むような試みさえある。五角形や六角形や八角形など多角形の特殊な紙を用いる作品もあるが、こうした場合は自分で必要に応じ正方形の紙から切り出すとよい。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た

    平安時代の『清輔朝臣集』(藤原清輔)にカエルの折り紙について記述されている。江戸時代において、平織りの木綿の反物が庶民にまで普及し、手拭が日常的に使われるようになると、ただ単に折りたたんで収納するのではなく、折り紙のように(やっこ)やカエルを模しての折り方が工夫され、日常の家事仕事に彩りを加えるようになった。その後、遊びや趣味として「折り手拭」という技法になり、中でも財布は折りたたんだ手拭で作ったもので代用する人も多かった。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た紙幣

    一般的には折り紙専用の正方形の紙を使う。しかし、作品によっては長方形(主に辺の比が1:√2のもの)その他の紙を使う場合もある。新聞紙などを用いる作品(帽子、ミット、紙鉄砲など)もある。紙幣を折り紙の素材とし、人物などの図柄を完成作品のデザインの一部に取り込むような試みさえある。五角形や六角形や八角形など多角形の特殊な紙を用いる作品もあるが、こうした場合は自分で必要に応じ正方形の紙から切り出すとよい。折り紙 フレッシュアイペディアより)

69件中 41 - 50件表示

「折り紙」のニューストピックワード