70件中 51 - 60件表示
  • 折り紙

    折り紙から見た五角形

    一般的には折り紙専用の正方形の紙を使う。しかし、作品によっては長方形(主に辺の比が1:√2のもの)その他の紙を使う場合もある。新聞紙などを用いる作品(帽子、ミット、紙鉄砲など)もある。紙幣を折り紙の素材とし、人物などの図柄を完成作品のデザインの一部に取り込むような試みさえある。五角形や六角形や八角形など多角形の特殊な紙を用いる作品もあるが、こうした場合は自分で必要に応じ正方形の紙から切り出すとよい。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見たアニメ化

    ビー玉に対するビーダマン、けん玉に対するデジケン、ベーゴマに対するキャラコバッチ等と同様に、伝統玩具を商業玩具とする手法は折り紙に対しても実行された。タカラトミーからはオリガミウォーズ、コナミからはオリグライドが発売されている。折紙戦士という漫画作品が台湾でかかれ、これを原作にアニメも製作された折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た折り畳み

    またそれ以外にも、折り紙はエアバッグの折り畳みや医療用のステントグラフト(ステントと人工布を用いた新型の人工血管)の折り畳みにも応用されている。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見たユニット折り紙

    折り紙を、長方形になるように半分に折ってから、「とびら」の形にしたもの。ユニット折り紙のユニットを折る際にも使用される。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た幾何学

    また、折り紙の持つ幾何学的な性質から、数学の一分野としても研究されている他、工学分野でも構造物の収納・展開の手段として活用されている。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た多面体

    何枚もの紙を同じ形に折って、それらを組み合わせ、一つの作品を作りあげる折り紙作品をユニット折り紙と呼ぶ。ユニット折り紙の対象には対称性の高い多面体(一般に「くすだま」と呼ばれるものなど)、箱などが多い。枚数としては2枚から数十枚、多いものでは1万枚以上もの紙を組み合わせることがある。ユニットを組み合わせるときには、紙の摩擦のみで全体を支えるものが理想であるが、場合により糊付けや糸で綴じるケースもある。ユニット折り紙作家としては、笠原邦彦、川村みゆき、布施知子などが有名。類似のものに、折り紙細工がある。伝承の「手裏剣」もまたユニット折り紙の一つである。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見たデザイン

    折り紙建築 - 紙を建築物の形に見立てて切り、折り曲げたときに建築物のデザインが出現するタイプの折り紙。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た盆栽

    File:Bonsai rosu 1.jpg|盆栽折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た紙幣

    一般的には折り紙専用の正方形の紙を使う。しかし、作品によっては長方形(主に辺の比が1:√2のもの)その他の紙を使う場合もある。新聞紙などを用いる作品(帽子、ミット、紙鉄砲など)もある。紙幣を折り紙の素材とし、人物などの図柄を完成作品のデザインの一部に取り込むような試みさえある。五角形や六角形や八角形など多角形の特殊な紙を用いる作品もあるが、こうした場合は自分で必要に応じ正方形の紙から切り出すとよい。折り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 折り紙

    折り紙から見た

    折り紙(おりがみ、折紙)とは、を折って動植物や生活道具などの形を作る日本伝統の遊びである。また、折り上げられた作品そのものや、折り紙用に作られた正方形の専用紙、千代紙などのことを指す。上級武家が和紙で物を包むために用いていた折形、折形礼法から礼法部分がなくなり、庶民へ遊戯用に広く発展・普及したもので、日本を代表する文化である。折り紙 フレッシュアイペディアより)

70件中 51 - 60件表示

「折り紙」のニューストピックワード