前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
283件中 1 - 10件表示
  • 藤木義勝

    藤木義勝から見た押井守押井守

    押井守の『ケルベロス・サーガ』シリーズ中、二作品に主演している。藤木義勝 フレッシュアイペディアより)

  • 機動警察パトレイバー

    機動警察パトレイバーから見た押井守押井守

    ミニマムな部分では、身近な面ではTシャツをズボンの中に入れるファッション、プルタブ式の缶ジュースが登場、マニアックな部分では米軍の正式採用ヘリがAH-64 アパッチではなくAH-56 シャイアンになっていたり、国産自動車では1996年以降もユーノスブランドが継続している等の現実との差異がある。ただし、ヘリに関しては単に押井守の嗜好が反映されている部分が大きい。なお、劇中に数々登場する企業名に関しては、明確なモデルが存在したとしても、その多くが実名の使用を避けている。だが、一部に例外もある。機動警察パトレイバー フレッシュアイペディアより)

  • 神山健治

    神山健治から見た押井守押井守

    押井塾時代の神山を押井守は「級長のような存在」と評している。また、「こんなに売れるとは思わなかった。もっと早い時期につぶしておけばよかった。」と冗談交じりに語っている。対して、神山は「押井さんの影武者になれればいいと思っていた」と語っている。神山健治 フレッシュアイペディアより)

  • ポリゴン・ピクチュアズ

    ポリゴン・ピクチュアズから見た押井守押井守

    2004年に公開された押井守監督作品『イノセンス』の3DCGパートにも関わっている。押井作品のCGパートは、以前はオムニバス・ジャパンが担当していたが、最近はポリゴン・ピクチュアズが担当することが多くなっている。経営方針からか、Production I.GのCG部門はあくまでも作画の補完作業を行い、本格的な3DCGシーンはポリゴン・ピクチュアズなどの外部スタッフの手によるものであることが多い。ポリゴン・ピクチュアズ フレッシュアイペディアより)

  • ケルベロス・サーガ

    ケルベロス・サーガから見た押井守押井守

    ケルベロス・サーガは、押井守原作による、「ケルベロス」シリーズの作品の総称。ケルベロス・サーガ フレッシュアイペディアより)

  • 西尾鉄也

    西尾鉄也から見た押井守押井守

    わんわん明治維新(原作:押井守、2011年、『月刊COMICリュウ』連載、全1巻)西尾鉄也 フレッシュアイペディアより)

  • 辻本貴則

    辻本貴則から見た押井守押井守

    第6回ガン・アクション・ムービー・コンペティションでの受賞にて、同賞審査員である押井守・きうちかずひろ・大川俊道により才能を高く評価され、3氏の企画によるオムニバス映画作品『KILLERS キラーズ』の1作『PERFECT PARTNER』で商業映画監督デビューを果たす。辻本貴則 フレッシュアイペディアより)

  • 立喰師列伝

    立喰師列伝から見た押井守押井守

    『立喰師列伝』(たちぐいしれつでん)は、押井守による日本の小説作品、映画作品。立喰師列伝 フレッシュアイペディアより)

  • 機動警察パトレイバーの登場メカ

    機動警察パトレイバーの登場メカから見た押井守押井守

    押井守が『パトレイバー』の主役機の方向性として当初提示した案が基となっている。結局は他のヘッドギアのメンバー達に説得され、押井が折れるかたちで出渕案のイングラムに譲る事となったが、押井の描いたラフ画をリファインするかたちで旧型機として本編に登場する事となった。無骨でズングリとしたキャラクター性は、本編でもそのまま生かされている。結果として、脇役としてスタイリッシュな新鋭機のイングラムと対比させる事で、レイバーの世界観を広げる事に一役買う存在となった。機動警察パトレイバーの登場メカ フレッシュアイペディアより)

  • グロスフスMG42機関銃

    グロスフスMG42機関銃から見た押井守押井守

    ケルベロス-地獄の番犬(監督:押井守) - 主人公・乾がプロテクトギア装備時に使用。撮影は実銃のプロップガンを用いて行われた。グロスフスMG42機関銃 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
283件中 1 - 10件表示

「押井守」のニューストピックワード