354件中 41 - 50件表示
  • ゼンダマン

    ゼンダマンから見た押井守押井守

    毎回のハイライトである善悪のバトルに関しては、前半はファンファーレやゾロメカの流れを汲むシステムメカといった、前作のポイントを踏襲した面も見られたが、第36話以降はゼンダゴリラによるプロレスを主体としたメカ戦に落ち着く。シリーズの象徴となった三悪のメカが爆発した際のドクロ雲は本作でほぼ完成形となり、涙を流すバリエーションも登場した。また、演出を担当した押井守をネタにした「オシイ星人」が登場したのも本作である。また、今作から悪玉サイドにメンバーの増員が行われた(今作の場合は、猫のニャラボルタ)。ゼンダマン フレッシュアイペディアより)

  • うる星やつら (アニメ)

    うる星やつら (アニメ)から見た押井守押井守

    当初のチーフディレクター(CD)は当時スタジオぴえろの社員だった押井守。押井によると、スタジオぴえろは『太陽の子エステバン』と『まいっちんぐマチコ先生』に主力スタッフが割かれ、制作デスクすらいないという状態で制作が始まった。放映当初は「原作との違い」などを理由として原作ファンから、カミソリの入った抗議の手紙、罵詈雑言の録音されたカセットテープが多数寄せられ、押井の降板話まで浮上した。しかし、3クール目から体制を立て直し、文芸に制作進行だった伊藤和典を抜擢、アニメーターに自由にやらせたことから、森山ゆうじや山下将仁、越智一裕といったメカも描ける当時若手の実力派アニメーターが集まるようになると制作に余裕ができて、次第に評価は上向いていった。うる星やつら (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • 河森正治

    河森正治から見た押井守押井守

    1980年代後半から1990年代前半にかけてはサンライズ系の『ガンヘッド』『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』や、押井守監督作の『機動警察パトレイバー』(劇場版I・II)『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』などでメカデザインを手がける。河森正治 フレッシュアイペディアより)

  • うる星やつら オンリー・ユー

    うる星やつら オンリー・ユーから見た押井守押井守

    アニメーション監督、押井守の実質上の劇場初監督作品。他の女に走る諸星あたるをラムが追いかけるという原作初期の『うる星やつら』を彷彿させ、原作者の高橋留美子から絶賛された。だが、押井はこの作品を「完全な失敗作・大きいテレビ」と後に語っている。うる星やつら オンリー・ユー フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎吾朗

    宮崎吾朗から見た押井守押井守

    1967年、宮?駿の長男として東京都にて生まれた。自宅を引越したため、1970年からは所沢市にて育つ。子供の頃から父のアニメーション企画などを見学していて、押井守とは度々顔を合わせており、現在でも交流がある。多忙な宮?駿は自宅に帰らないことも多く、一時は宮崎アニメを見ることが父親との唯一のコミュニケーションになっていた。幼少時から絵を描くことが好きで、宮?駿や押井守の映像作品のほか、藤子不二雄の漫画などを好んでいた。宮崎吾朗 フレッシュアイペディアより)

  • イノセンス

    イノセンスから見た押井守押井守

    『イノセンス』 (INNOCENCE) は、押井守監督による日本の劇場用アニメ映画。2004年3月6日に全国東宝洋画系で公開された。押井が監督した1995年公開のアニメ映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』の続編にあたり、本作は自身にとっても前作の公開から約9年ぶりとなるアニメ監督作品である。イノセンス フレッシュアイペディアより)

  • 四方田犬彦

    四方田犬彦から見た押井守押井守

    映画研究では、北野武、押井守、黒沢清、原節子、李香蘭等、日本映画を重点的に研究。日本映画とアジア各国との重要な関係性にも注目している。四方田犬彦 フレッシュアイペディアより)

  • 桜玉吉

    桜玉吉から見た押井守押井守

    1991年7月、「ファミコン通信」が隔週刊から週刊に移行するのに伴い、『しあわせのかたち』の連載が(減ページで)再開されるが、それまでのキャラクター「例の3人組」を用いたパロディ路線を放棄し、いきなりエッセイ形式の漫画日記へ移行した。漫画日記には、竹熊健太郎、藤原カムイ、相原コージ、奥村勝彦、押井守、呉智英など、業界関係者も多数登場する。桜玉吉 フレッシュアイペディアより)

  • 蕎麦

    蕎麦から見た押井守押井守

    犬狼伝説(原作:押井守、作画:藤原カムイ)蕎麦 フレッシュアイペディアより)

  • 高山文彦 (アニメ監督)

    高山文彦 (アニメ監督)から見た押井守押井守

    アニメに関わる年数は長く作品自体も著しく評価されているのにもかかわらず、参加した作品は少ない。アニメは宮崎駿、高畑勲しかちゃんと見ていない趣旨を発言した後、押井守や庵野秀明の作品における映像手法を論評している。映画ばかり見ていたので自然と映画オタクになった。中村錦之助のファンである。高山文彦 (アニメ監督) フレッシュアイペディアより)

354件中 41 - 50件表示

「押井守」のニューストピックワード