前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
346件中 1 - 10件表示
  • 押井守

    押井守から見た宮崎駿

    『うる星やつら』での制作に「懲りて」今後は一生テレビアニメ制作はしないと心に決めている。これは宮崎駿に「テレビシリーズであくせくせずに自分の作りたいものを作れ」と助言されたことも一因だという。以来テレビアニメには脚本・絵コンテ・企画の監修程度しか関わっていない。『機動警察パトレイバー』のTV化に「シリーズ化なんだ、あんたがやるのが筋だろう」と監督を依頼されるも、何とか粘って断ったという過去がある。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たスタジオジブリ

    上記の通り、宮崎は東京ムービーからの『ルパン三世』監督の依頼に対して、自分の代わりに押井を紹介。「押井版『ルパン三世』」頓挫後にはスタジオジブリで宮崎プロデュースによる押井監督作品を準備するなど、才能を認め合う仲である。しかしその一方で、考え方の上での二人の対立(科学文明への賛否や環境保護の有り方など)溝は深いとも言われる。宮崎のワンマン体制であるスタジオジブリの制作システムについて「クレムリン」、「KGB」、「道場」と評している。またこれらにちなんで、宮崎を「書記長」、高畑勲を「ロシア共和国の大統領」、鈴木敏夫を「KGB長官」と評している。この意見に対して宮崎も報復的とも受け取れるコメントを寄せているが、本当に仲が悪いのではなく基本的には友達であるという。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たプロダクション・アイジー

    1987年、タツノコプロで同僚だった西久保瑞穂が監督を務めた『赤い光弾ジリオン』に参加。絵コンテ2本のみだったが、この作品がきっかけとなって、後に活動の拠点とするProduction I.Gとの付き合いが始まる。同年、声優・千葉繁のプロモーションビデオを自主制作する話が発展し、『うる星やつら』も担当した音響制作会社オムニバスプロモーションの製作による実写作品『紅い眼鏡/The Red Spectacles』を監督。この映画の予算は「こんな低い制作費で作れるわけがない!」と関係者が叫んだほどの安さで、自主製作映画に近いものだった。しかし、その低予算ゆえのユニークな演出が一部で高い評価を受ける。これ以後、アニメのみならず、実写にも活動の場を広げる。1991年には「ケルベロス・サーガ」の第2作として『ケルベロス-地獄の番犬』を公開。本作のロケハンで移動中、台北へ向けて搭乗するはずだった飛行機が墜落、乗員・乗客全員死亡という惨事が起こるが、予算の都合で飛行機を諦めてクルマで移動することに変更したことで難を逃れている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た庵野秀明

    宮崎は押井の特徴を、何かありげに語らせるのなら彼に敵うものはいないと発言している一方で、実写を撮る才能ならは庵野秀明なんかのほうが上とも発言している。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た幻冬舎

    2008年 『他力本願-仕事で負けない7つの力』 幻冬舎 ISBN 434401538X押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た角川書店

    1994年 『Methods 押井守「パトレイバー2」演出ノート』角川書店 ISBN 4048524984押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た伊藤和典

    『天使のたまご』以降は作家性の強いマニアックさが災いして5年ほど干された(本人談)。最初の1年目は印税の貯金を取り崩して毎日ひたすらTVゲームをして過ごしていたが、2年目は貯えも底を突き、さすがに危機感を覚え、企画書を書いて持ち込んでは断られという毎日だったという。そこに、スタジオぴえろ時代の同僚である伊藤和典より『機動警察パトレイバー』の企画を進めていた「ヘッドギア」への参加依頼を受け、押井曰く「しょうがなく」参加する。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た西久保瑞穂

    1977年、ラジオ制作会社に就職して番組を制作していたが、給料が少なく生活が辛かったので半年で退社。「ひたすら毎日プラモデルを作るなどして暇をもてあましていた」(本人談)時に、電柱に貼ってあった求人広告を見て竜の子プロダクション(タツノコプロ)の面接を受ける。当初は事務雑用を担当していたが、演出の人手不足からアニメ演出を手掛けるようになり、やがて、2年早く入社した西久保瑞穂、真下耕一、うえだひでひとと共に「タツノコ四天王」の異名を取るようになる。なお、西久保と真下が演出助手から始めたのに対して、押井はラジオでのディレクター経験を買われ、最初から演出を任されていた。独特のギャグの才能をタツノコプロ演出部長の笹川ひろしに買われて、『タイムボカンシリーズ』を長く担当。タツノコプロ退社後もアルバイトで絵コンテを描き、後には持ちネタのひとつとした「立ち喰い」ネタをこの時すでに『タイムボカンシリーズ』に盛り込んでいる。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た高田明美

    アニメのキャラクターデザインのモデルになったことがある。スタジオぴえろ時代にアルバイトで参加した『逆転イッパツマン』では「若作りの丸輪さん」。アニメ『うる星やつら』の脚本の伊藤和典とキャラクターデザイナーの高田明美が参加した『魔法の天使クリィミーマミ』では「星井守ディレクター」、「日高守少年」。伊藤と高田はアニメ雑誌『アニメージュ』で押井を主人公にした4コマ漫画を連載したこともある。『ゼンダマン』や『タイムパトロール隊オタスケマン』、『ヤッターマン(第2作)』に登場する「惜しい」を連呼するマスコット「オシイ星人」も押井から取られたもの。『ミニパト』の中でも押井をモデルにした犬「オシイヌ」が登場する。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た樋口真嗣

    樋口真嗣曰く「巨大怪獣もの」だという。大筋は「翼竜の大群が襲ってきて、自衛隊の新兵器がそれを撃墜する」というもの。樋口によると「とある怪獣映画の因縁を感じる」とのこと。この企画が流れたことで落とし前として5千万円の予算を出すから好きな映画を撮ってもいいという条件で『トーキング・ヘッド』が制作されることになる。押井守 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
346件中 1 - 10件表示

「押井守」のニューストピックワード

  • GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊

  • GHOST IN THE SHELL ゴースト・イン・ザ・シェル

  • ラグナロクオンライン 14thアニバーサリーパッケージ ダウンロード版