前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
297件中 1 - 10件表示
  • 押井守

    押井守から見たスタジオジブリ

    作家性の強さが災いし、『天使のたまご』以降3年間アニメの仕事を失う。1987年、声優・千葉繁のプロモーションビデオを自主制作する話が発展し、『うる星やつら』も担当した音響制作会社オムニバスプロモーションの製作による実写作品『紅い眼鏡/The Red Spectacles』を監督。これ以後、アニメのみならず、実写にも活動の場を広げる。1991年には『ケルベロス・サーガ』の第2作として『ケルベロス-地獄の番犬』を公開。本作のロケハンで移動中、台北へ向けて搭乗するはずだった飛行機が墜落、乗員・乗客全員死亡という惨事が起こるが、予算の都合で飛行機を諦めてクルマで移動することに変更したことで難を逃れている。『紅い眼鏡』のパンフレットには宮崎駿が自分が脚本、押井が監督するはずだったスタジオジブリのアニメ映画の企画がつぶれてしまった話が寄稿されている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た竹内敦志

    『スカイ・クロラ-The Sky Crawlers- 絵コンテ』 (竹内敦志 共著) 飛鳥新社、2008年 ISBN 4870318660押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た宮崎駿

    作家性の強さが災いし、『天使のたまご』以降3年間アニメの仕事を失う。1987年、声優・千葉繁のプロモーションビデオを自主制作する話が発展し、『うる星やつら』も担当した音響制作会社オムニバスプロモーションの製作による実写作品『紅い眼鏡/The Red Spectacles』を監督。これ以後、アニメのみならず、実写にも活動の場を広げる。1991年には『ケルベロス・サーガ』の第2作として『ケルベロス-地獄の番犬』を公開。本作のロケハンで移動中、台北へ向けて搭乗するはずだった飛行機が墜落、乗員・乗客全員死亡という惨事が起こるが、予算の都合で飛行機を諦めてクルマで移動することに変更したことで難を逃れている。『紅い眼鏡』のパンフレットには宮崎駿が自分が脚本、押井が監督するはずだったスタジオジブリのアニメ映画の企画がつぶれてしまった話が寄稿されている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た幻冬舎

    幻冬舎、2010年 ISBN 9784344017870押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た角川書店

    『Methods 押井守「パトレイバー2」演出ノート』 角川書店、1994年 ISBN 4048524984押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たKADOKAWA

    『GARM WARS 白銀の審問艦』 エンターブレイン(現:KADOKAWA)、2015年 ISBN 9784047304192押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た最上和子

    姉は舞踏家の最上和子。映画ライターの押井友絵は前妻との間にもうけた長女。押井友絵は2006年に小説家の乙一と結婚している。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た西尾鉄也

    アニメのキャラクターデザインのモデルになったことがある。スタジオぴえろ時代にアルバイトで参加した『逆転イッパツマン』では「若作りの丸輪さん」。アニメ『うる星やつら』の脚本の伊藤和典とキャラクターデザイナーの高田明美が参加した『魔法の天使クリィミーマミ』では「星井守ディレクター」、「日高守少年」。伊藤と高田はアニメ雑誌『アニメージュ』で押井を主人公にした4コマ漫画を連載したこともある。『ゼンダマン』や『タイムパトロール隊オタスケマン』、『ヤッターマン(第2作)』に登場する「惜しい」を連呼するマスコット「オシイ星人」も押井から取られたもの。『ミニパト』の中でも押井をモデルにした犬「オシイヌ」が登場する。オシイヌをデザインしたのは『ミニパト』のキャラクターデザイン・作画を担当した西尾鉄也であり、押井は「ある種の悪意の産物」とコメントしている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た高田明美

    アニメのキャラクターデザインのモデルになったことがある。スタジオぴえろ時代にアルバイトで参加した『逆転イッパツマン』では「若作りの丸輪さん」。アニメ『うる星やつら』の脚本の伊藤和典とキャラクターデザイナーの高田明美が参加した『魔法の天使クリィミーマミ』では「星井守ディレクター」、「日高守少年」。伊藤と高田はアニメ雑誌『アニメージュ』で押井を主人公にした4コマ漫画を連載したこともある。『ゼンダマン』や『タイムパトロール隊オタスケマン』、『ヤッターマン(第2作)』に登場する「惜しい」を連呼するマスコット「オシイ星人」も押井から取られたもの。『ミニパト』の中でも押井をモデルにした犬「オシイヌ」が登場する。オシイヌをデザインしたのは『ミニパト』のキャラクターデザイン・作画を担当した西尾鉄也であり、押井は「ある種の悪意の産物」とコメントしている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た庵野秀明

    宮崎は押井の特徴を、何かありげに語らせるのなら彼に敵うものはいないと発言している一方で、実写を撮る才能ならば庵野秀明のほうが上とも発言している。押井守 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
297件中 1 - 10件表示