346件中 91 - 100件表示
  • 押井守

    押井守から見た崖の上のポニョ

    兵器に並外れた拘りを見せる押井が、「誰もやったことのない空中戦」を見せると意気込む『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』の会見で「空中戦に関しては、はっきり言って宮さんより自信があります」と語ったように、親しみも敬意も対抗意識も見られる関係ながら、『スカイ・クロラ』について語られる端々に表れる「若い人に」という言葉は子供達の将来を案じる宮崎の姿勢に近づいて来ていることを窺わせる。東京藝術大学での講演ではスカイ・クロラについて「それまでは若者のことはどうでもよかったのが目を向けるようになった」と語っている。宮崎が『千と千尋の神隠し』で、押井が『イノセンス』などでCGと作画を駆使し情報量に拘わり抜いた後の新作(『崖の上のポニョ』と『スカイ・クロラ』)では押井が「老人の妄想」「面白いが伏線が重要な映画としてはダメだ」「テーマなんてとっくに無くなってる」と、宮崎は「こんな戦闘機は無い、飛べるの?」と、それぞれ否定的な見方で互いの作品を評しているが、共に「シンプルな画」を標榜し、作画を担当する優秀なアニメーターが育っていない現状についても対照的ながらそれぞれ答えを出すという共通点がみられた。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たチェルシーFC

    夫人の影響で、2000年代頃からはサッカー観戦も趣味となった。贔屓のクラブチームはジュビロ磐田。チェルシーFCとその元監督ジョゼ・モウリーニョのファンであり、UEFAチャンピオンズリーグも非常に楽しみにしている。ドイツも好きらしくワールドカップではドイツを応援し、日韓大会の際にドイツ対イングランドをスタジアムで観戦した。その影響は作品にも現れ『ケルベロス 鋼鉄の猟犬』作中の実在していない人物の名前は、サッカー選手から採られていたり、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』では戦争請負会社の社名『ロストック』『ラウテルン』はブンデスリーガのクラブ名から採られている。押井の小説『番狂わせ 警視庁警備部特殊車輛二課』は、全編にわたってサッカーの蘊蓄が披露された作品であり、特車二課の警備対象も試合中のサッカースタジアムである。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たヤッターマン

    1978年 『ヤッターマン』 (55・59話絵コンテ、後半以降総助監督、野村和史名義)押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た漫画

    押井守が多く用いる映像表現として、アニメにレンズの概念など実写的要素を取り入れたレイアウトシステムの導入、2Dの手描きのアニメと3DのCGIの融合、更にそれら素材にデジタル加工を施し、手描きの絵やCGIでは得られない質感を加えたり、画面全体に統一感を持たせるエフェクト処理(ビジュアルエフェクツ)などがある。これらの手法は全てが押井の独創ではないが、現在の漫画・アニメ界に関わる多くの人に影響を与えている(押井のこれらの手法の使い方が印象的であることの証明ともいえる)。また「映画の半分は音である」と語るほど音響と音楽を非常に重視しており、近年の大作では音響作業を米国のスカイウォーカー・サウンドで行い、音楽は『紅い眼鏡/The Red Spectacles』以降すべて川井憲次に任せている。もはや川井憲次の音楽表現は押井作品と切り離せないと言える。その映像センスと音楽表現、そして時には「ギャグ」、時には「衒学的」「哲学的」に語られる独特の長台詞回し(「押井節」とも呼ばれる)は、一部から高い評価と支持を得ている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たPlayStation Portable

    コンピューターゲームの原作者であると同時に、自らもゲーマーである。ゲーム雑誌『コンプティーク』および『電撃王』にエッセイ『注文の多い傭兵たち』を連載。製作に関わったゲームには、ファミコンゲーム『サンサーラ・ナーガ』、スーパーファミコン『サンサーラ・ナーガ2』、メガドライブ『機動警察パトレイバー 〜98式起動せよ〜』、そして昨今ではPSP『機動警察パトレイバー かむばっく ミニパト』がある。またコンピュータRPG『ウィザードリィ』の影響を強く受けており、『機動警察パトレイバー2 the Movie』には「トレボー」「ワイバーン」など『ウィザードリィ』にちなんだ名前が劇中に登場する。『アヴァロン』に至っては、『ウィザードリィ』を押井が独自の解釈で映像化したものであり、押井が脚本を担当した『パトレイバー』TV版の『地下迷宮物件』および『ダンジョン再び』は、エピソードそのものが『ウィザードリィ』のパロディとなっている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たUEFAチャンピオンズリーグ

    夫人の影響で、2000年代頃からはサッカー観戦も趣味となった。贔屓のクラブチームはジュビロ磐田。チェルシーFCとその元監督ジョゼ・モウリーニョのファンであり、UEFAチャンピオンズリーグも非常に楽しみにしている。ドイツも好きらしくワールドカップではドイツを応援し、日韓大会の際にドイツ対イングランドをスタジアムで観戦した。その影響は作品にも現れ『ケルベロス 鋼鉄の猟犬』作中の実在していない人物の名前は、サッカー選手から採られていたり、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』では戦争請負会社の社名『ロストック』『ラウテルン』はブンデスリーガのクラブ名から採られている。押井の小説『番狂わせ 警視庁警備部特殊車輛二課』は、全編にわたってサッカーの蘊蓄が披露された作品であり、特車二課の警備対象も試合中のサッカースタジアムである。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た教員免許

    1970年、東京学芸大学入学後すぐに「映像芸術研究会」を設立、実写映画を撮り始める。後に『平成ガメラシリーズ』を監督する金子修介はこの時のメンバーで、押井の直接の後輩である。このサークルは既存の大学の映画研究会と喧嘩別れして新たに作ったもので、金子のほかに当時一橋大学の学生で後に防衛大学校教授となる荒川憲一が所属していた。後年『機動警察パトレイバー2 the Movie』に登場する自衛官・荒川茂樹のモデルとなった人物が荒川である。この時期、いくつか映画を製作するが、完成したのは卒業制作の一本のみであったとのこと。本人は童顔のため、少年役で出演することが多かった。当時は毎日のように名画座に通い、映画館でバイトをしつつ年間1000本の映画を見たという。またそのうちの大半はピンク映画であり、反面教師的な意味でよく観ていたという。この時に影響を受けた映画監督はジャン=リュック・ゴダールやイングマール・ベルイマン、鈴木清順など。在学中に小学校1級・中学校2級の教員免許を取得し、学生時代は何度も教育実習に行ったので子供の扱い方には慣れていると述べている。このほか、塾の講師を2年務めていた。卒業間近に映画監督への道を諦めて小学校の図画工作の教員になる予定だったが、教員試験の願書の提出を頼んでおいた友人が提出することを忘れていたために受験が不可能となってしまい、映画関係の会社に就職活動するも全社不採用となる。大学の同窓生によれば卒業制作は絵画・彫刻によるとされているにもかかわらず、ただ一人映画製作をし、強引に卒業作品として教授に認めさせ卒業してしまったという(使用したカメラはNHKから安く手に入れたベル&ハウエル)。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たサッカードイツ代表

    夫人の影響で、2000年代頃からはサッカー観戦も趣味となった。贔屓のクラブチームはジュビロ磐田。チェルシーFCとその元監督ジョゼ・モウリーニョのファンであり、UEFAチャンピオンズリーグも非常に楽しみにしている。ドイツも好きらしくワールドカップではドイツを応援し、日韓大会の際にドイツ対イングランドをスタジアムで観戦した。その影響は作品にも現れ『ケルベロス 鋼鉄の猟犬』作中の実在していない人物の名前は、サッカー選手から採られていたり、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』では戦争請負会社の社名『ロストック』『ラウテルン』はブンデスリーガのクラブ名から採られている。押井の小説『番狂わせ 警視庁警備部特殊車輛二課』は、全編にわたってサッカーの蘊蓄が披露された作品であり、特車二課の警備対象も試合中のサッカースタジアムである。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たサイボーグ009

    2010年 『サイボーグ009』(監督、短編3Dアニメ、「CEATEC JAPAN 2010」での上映)押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た脚本家

    押井 守(おしい まもる、1951年8月8日 - )は、アニメや実写映画を中心に活動している日本の映画監督。その他にも、ゲームクリエイター、小説家、脚本家、漫画原作者、劇作家、大学教員等として活動している。押井守 フレッシュアイペディアより)

346件中 91 - 100件表示

「押井守」のニューストピックワード