297件中 11 - 20件表示
  • 押井守

    押井守から見た樋口真嗣

    脚本・伊藤和典。樋口真嗣曰く「巨大怪獣もの」だという。大筋は「翼竜の大群が襲ってきて、自衛隊の新兵器がそれを撃墜する」というもの。樋口によると「とある怪獣映画の因縁を感じる」とのこと。この企画が流れたことで落とし前として5千万円の予算を出すから好きな映画を撮ってもいいという条件で『トーキング・ヘッド』が制作されることになる。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た深作健太

    監督・深作健太、押井は原作・脚本を担当、監督のスケジュール等により製作延期。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た中村光毅

    英名「THE FULLMOON TRADITION INDRA」。キャラクターデザイン・高田明美、美術監督・中村光毅、小説版執筆・鳥海永行。押井は企画・原案・絵コンテ・演出としての参加だった。世界展開を予定していたがイタリアとの制作方針が合わずやむなく中止に。その後、鳥海が小説としてまとめた。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たティム・バートン

    嫌いな映画監督には、ウッディ・アレン、マイケル・ムーア、ティム・バートンを挙げている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たヴィム・ヴェンダース

    影響を受けた映画監督は、ジャン=リュック・ゴダールを筆頭に、ヴィム・ヴェンダース、アンドレイ・タルコフスキー、フェデリコ・フェリーニ、ルイス・ブニュエル、鈴木清順、大和屋竺、フランソワ・トリュフォー、イングマール・ベルイマン、アラン・レネなど。好きな監督にリドリー・スコット、デヴィッド・リンチ、ドン・シーゲル、サム・ペキンパー、ジョン・カーペンターを挙げている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たスティーヴン・スピルバーグ

    1995年に発表した『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は米『ビルボード』誌のホームビデオ部門で売上1位を記録。スティーヴン・スピルバーグやジェームズ・キャメロンなどに絶賛された。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た宮﨑駿

    1984年、『うる星やつら』を降板すると同時にスタジオぴえろを退社。以後フリーランスの演出家となる。同時期に再婚。1985年、徳間書店のバックアップにより、スタジオディーンの制作でOVA『天使のたまご』を完成させるが、興行的に失敗。この頃、宮?駿の推薦で劇場版『ルパン三世』の監督を引き受けるが、「ルパンという人物自身が虚構であった」というアイデアの賛同を得ることができず、監督を降板する。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た今敏

    『セラフィム 2億6661万3336の翼』(1994年)原作・序章〜第12回、原案・第13回〜第16回、作画:今敏押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た京極夏彦

    彼が高校生の頃から面識があり、当時の吾朗には父の作品『風の谷のナウシカ』より押井の『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』の方が面白かったという。ボツになった企画『アンカー』の会議にも顔を出しており、押井が参考に持っていったTVドラマ『安寿子の靴』に感動していたという。月刊誌『サイゾー』での対談では「宮さんに引導を渡せ」「それは僕らの役目ではなく、やっぱり息子である吾朗くんの役目であり、義務なんだよ」と迫っている。宮崎吾朗はスタジオジブリ公式サイトの『ゲド戦記』監督日誌で押井について「私に対して一方的な親近感をもってくれているらしく」「もうひと花咲かせてほしいと思っています」とコメントしている。『スカイ・クロラ』公開時には、庵野秀明や京極夏彦等と共に、公式パンフレットにコメントを寄稿した。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た鈴木敏夫

    親交があり、「宮さん」と呼んでいる。押井は宮崎駿がかねてよりその才能を認めていた数少ない同業者の一人であり、『ルパン』製作に押井を推薦するなどしている。宮崎は自分と対等に理論的に話せる相手を欲している、と最初に二人を引き合わせた鈴木敏夫は語っており、押井はその数少ない一人だったといえる。押井守 フレッシュアイペディアより)

297件中 11 - 20件表示