346件中 11 - 20件表示
  • 押井守

    押井守から見たスティーブン・スピルバーグ

    1995年の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』で海外から注目を浴び、同映画を収録したビデオは米国『ビルボード』誌のホームビデオ部門で売上1位を記録した。これは日本アニメ史上初の快挙として、国内で大きく報道された。スティーブン・スピルバーグやジェームズ・キャメロンなどに絶賛され、ウォシャウスキー兄弟の『マトリックス』はその影響を強く受けている。兄弟は来日した際、押井に面会に行き「パクリじゃないですから」と言ったほどである。押井本人にそのような実感はなく、ビルボードさえ知らなかったと話す。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たビートたけしビートたけし

    日本の実写映画人では、北野武に関心を持ち、作品のソフトはすべて所有している。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た今敏

    1994年 『セラフィム 2億6661万3336の翼』 (原作・序章〜第12回 / 原案・第13回〜第16回) (作画は今敏押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た京極夏彦

    彼が高校生の頃から面識があり、当時の吾朗には父の作品『風の谷のナウシカ』より押井の 『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』の方が面白かったという。ボツになった企画『アンカー』の会議にも顔を出しており、押井が参考に持っていったTVドラマ『安寿子の靴』に感動していたという。月刊誌『サイゾー』での対談では「宮さんに引導を渡せ」「それは僕らの役目ではなく、やっぱり息子である吾朗くんの役目であり、義務なんだよ」と迫っている。宮崎吾朗はスタジオジブリ公式サイトの『ゲド戦記』監督日誌で押井について「私に対して一方的な親近感をもってくれているらしく」「もうひと花咲かせてほしいと思っています」とコメントしている。『スカイ・クロラ』公開時には、庵野秀明や京極夏彦等と共に、公式パンフレットにコメントを寄稿した。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た高橋留美子

    初の対面は『うる星やつら オンリー・ユー』制作後に当時『アニメージュ』編集者であった鈴木敏夫の引き合わせによって実現した対談の場である。その対談で宮崎は初対面であるにも拘らず『うる星やつら オンリー・ユー』についての疑問点を容赦無く押井にぶつけ、押井自身もそのことを承知していただけに大変悔しい思いをしたと語っている(宮崎は相手に才能がなければこのような質問はせず、それだけ押井の才能を認めていたから細かい部分が気になり、『うる星やつら』における仕事について「竜之介初登場の回は面白かった」などと賞賛し、原作者(高橋留美子)は女性だから、自分ら男性にはラムの心はなかなかわからない、などと同情もしている)。押井は「1は自分の思い通りにできなかったけど、2は絶対リターンマッチしてみせる」と意気込んでおり宮崎も励ましていたが、次回作『ビューティフルドリーマー』に対し、「何がいいのかわからない」と評した。その後の『天使のたまご』や『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』などにも否定的な意見を述べている。押井もここ最近の宮崎作品の数本は基本評価しないと語る。2度以上見たのは『ナウシカ』だけだという。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た深作健太

    『エルの乱 鏖殺の島』(監督・深作健太押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た鈴木敏夫

    宮崎駿と親交があり「宮さん」と呼んでいる。押井は宮崎駿がかねてよりその才能を認めていた数少ない同業者の一人であり、『ルパン』製作に押井を推薦するなどしている。対談でも圧倒的な論理を展開する宮崎に対して押井も独自の理論を展開して応戦するなど負けていない。過去の企画では顔を合わせるとほぼ必ず意見が食い違い、はたから見ればほとんど喧嘩をしているような空気になったという。宮崎は自分と対等に理論的に話せる相手を欲している、と最初に二人を引き合わせた鈴木敏夫は語っており、押井はその数少ない一人だったといえる。また、二人の作品には共通点もあり、例えば戦車や飛行機など軍用機器や車、バイクを出すのが好きであること、モブシーンが多いこと、時折難解で長い文章を人物に話させること、高度なカメラワーク、そしてアニメ界屈指の演出能力の高さ、オチの付け方などである。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た竹内敦志

    2004年 『押井守・映像機械論 【メカフィリア】』 (竹内敦志 共著) ISBN 978-4499227544押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たウディ・アレン

    才能があると感じる監督にリドリー・スコット、デヴィッド・リンチ、アンドレイ・タルコフスキー。苦手な監督にウディ・アレン、ティム・バートンを挙げている。その他、多くの映画監督の影響を受けている。一度見た映画は3カット見れば思い出すが、日常生活での約束や用事はすぐに忘れてしまうと語る。つまらない映画ほど記憶には残るという。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た中村光毅

    『フルムーン伝説 インドラ』(キャラクターデザイン・高田明美、美術監督・中村光毅、小説版執筆・鳥海永行)押井守 フレッシュアイペディアより)

346件中 11 - 20件表示

「押井守」のニューストピックワード

  • GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊

  • GHOST IN THE SHELL ゴースト・イン・ザ・シェル

  • ラグナロクオンライン 14thアニバーサリーパッケージ ダウンロード版