346件中 21 - 30件表示
  • 押井守

    押井守から見たティム・バートン

    才能があると感じる監督にリドリー・スコット、デヴィッド・リンチ、アンドレイ・タルコフスキー。苦手な監督にウディ・アレン、ティム・バートンを挙げている。その他、多くの映画監督の影響を受けている。一度見た映画は3カット見れば思い出すが、日常生活での約束や用事はすぐに忘れてしまうと語る。つまらない映画ほど記憶には残るという。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た行定勲

    話し方は基本的に独白で、自分の考えを包み隠さずに話すので毒舌に聞こえる(行定勲の談)。初対面の人間ともよく喋るが敬語を使うことは少ない。耳の聞こえが良くないので早口で小声である。このため、邦画より字幕つきの洋画を好んで鑑賞する。『アヴァロン』を海外で撮影した理由のひとつは字幕が出る方が好都合だと判断したため。そのため近年の絵コンテには写植が施されている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たジョゼ・モウリーニョ

    夫人の影響で、2000年代頃からはサッカー観戦も趣味となった。贔屓のクラブチームはジュビロ磐田。チェルシーFCとその元監督ジョゼ・モウリーニョのファンであり、UEFAチャンピオンズリーグも非常に楽しみにしている。ドイツも好きらしくワールドカップではドイツを応援し、日韓大会の際にドイツ対イングランドをスタジアムで観戦した。その影響は作品にも現れ『ケルベロス 鋼鉄の猟犬』作中の実在していない人物の名前は、サッカー選手から採られていたり、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』では戦争請負会社の社名『ロストック』『ラウテルン』はブンデスリーガのクラブ名から採られている。押井の小説『番狂わせ 警視庁警備部特殊車輛二課』は、全編にわたってサッカーの蘊蓄が披露された作品であり、特車二課の警備対象も試合中のサッカースタジアムである。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た高畑勲

    上記の通り、宮崎は東京ムービーからの『ルパン三世』監督の依頼に対して、自分の代わりに押井を紹介。「押井版『ルパン三世』」頓挫後にはスタジオジブリで宮崎プロデュースによる押井監督作品を準備するなど、才能を認め合う仲である。しかしその一方で、考え方の上での二人の対立(科学文明への賛否や環境保護の有り方など)溝は深いとも言われる。宮崎のワンマン体制であるスタジオジブリの制作システムについて「クレムリン」、「KGB」、「道場」と評している。またこれらにちなんで、宮崎を「書記長」、高畑勲を「ロシア共和国の大統領」、鈴木敏夫を「KGB長官」と評している。この意見に対して宮崎も報復的とも受け取れるコメントを寄せているが、本当に仲が悪いのではなく基本的には友達であるという。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たカンヌ国際映画祭

    代表作に『うる星やつら』『機動警察パトレイバー』『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』など。アニメ映画『イノセンス』(カンヌ国際映画祭コンペ部門出品作品)により、日本SF大賞を受賞した。大賞でアニメ映画が対象となったのはこれが初めてであった(星雲賞では過去に例がある)。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た千葉繁千葉 繁

    1987年、タツノコプロで同僚だった西久保瑞穂が監督を務めた『赤い光弾ジリオン』に参加。絵コンテ2本のみだったが、この作品がきっかけとなって、後に活動の拠点とするProduction I.Gとの付き合いが始まる。同年、声優・千葉繁のプロモーションビデオを自主制作する話が発展し、『うる星やつら』も担当した音響制作会社オムニバスプロモーションの製作による実写作品『紅い眼鏡/The Red Spectacles』を監督。この映画の予算は「こんな低い制作費で作れるわけがない!」と関係者が叫んだほどの安さで、自主製作映画に近いものだった。しかし、その低予算ゆえのユニークな演出が一部で高い評価を受ける。これ以後、アニメのみならず、実写にも活動の場を広げる。1991年には「ケルベロス・サーガ」の第2作として『ケルベロス-地獄の番犬』を公開。本作のロケハンで移動中、台北へ向けて搭乗するはずだった飛行機が墜落、乗員・乗客全員死亡という惨事が起こるが、予算の都合で飛行機を諦めてクルマで移動することに変更したことで難を逃れている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たフジテレビジョン

    翌1981年、テレビアニメ『うる星やつら』のチーフディレクターに抜擢。当初は低視聴率に苦しみ、フジテレビ側との軋轢も生じたが、やがて高視聴率を挙げるようになる。その後、劇場版第1作『うる星やつら オンリー・ユー』、さらに劇場版第2作『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』で単なるアニメ演出家というよりも映像作家として認知されるようになる。なお『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』は1984年キネマ旬報読者選出ベスト・テン第7位(邦画)となっている(同年の1位は『風の谷のナウシカ』)。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た関西電力

    1982年 『関西電力』(CM絵コンテ×2本)『うる星やつら』のキャラクターを使ったもの押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た讀賣テレビ放送

    虚構性をテーマとする押井の作風が確立したのはこの頃からである。1984年、『うる星やつら』を降板すると同時にスタジオぴえろを退社。以後フリーランスの演出家となる。ぴえろ退社後の押井は、一時宮崎駿の個人事務所「二馬力」に机を置いた。この年、宮崎と大塚康生の勧誘もあり、『ルパン三世』の映画第3作の監督を引き受ける。ところが、半年間考えた脚本を東宝と読売テレビのプロデューサーから没にされて製作は中止。その後、同映画のスタッフだった天野喜孝とともに、徳間書店・『アニメージュ』のバックアップにより、スタジオディーンの制作でOVA『天使のたまご』(1986年)を完成させる。『天使のたまご』には、のちの劇場アニメ『機動警察パトレイバー the Movie』にも共通する、押井版『ルパン三世』で描こうとしたテーマが根底に流れているといわれる。また、同年『アニメージュ』で初の漫画原作作品『とどのつまり…』連載を開始。作画は『うる星やつら』の作画を支えた森山ゆうじが担当した。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た学研ホールディングス

    1981年 『りゅうの目のなみだ』 (演出・絵コンテ 学研からフィルム販売された)押井守 フレッシュアイペディアより)

346件中 21 - 30件表示

「押井守」のニューストピックワード