297件中 21 - 30件表示
  • 押井守

    押井守から見たウッディ・アレン

    嫌いな映画監督には、ウッディ・アレン、マイケル・ムーア、ティム・バートンを挙げている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たマイケル・ムーア

    嫌いな映画監督には、ウッディ・アレン、マイケル・ムーア、ティム・バートンを挙げている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たジョゼ・モウリーニョ

    夫人の影響で、2000年代頃からはサッカー観戦も趣味となった。贔屓のクラブチームはジュビロ磐田。チェルシーFCとその元監督ジョゼ・モウリーニョのファンであり、UEFAチャンピオンズリーグも非常に楽しみにしている。ドイツも好きらしくワールドカップではドイツ代表を応援し、日韓大会の際にドイツ対イングランドをスタジアムで観戦した。その影響は作品にも現れ『ケルベロス 鋼鉄の猟犬』作中の実在していない人物の名前は、サッカー選手から採られていたり、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』では戦争請負会社の社名『ロストック』『ラウテルン』はブンデスリーガのクラブ名から採られている。押井の小説『番狂わせ 警視庁警備部特殊車輛二課』は、全編にわたってサッカーの蘊蓄が披露された作品であり、特車二課の警備対象も試合中のサッカースタジアムである。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たアニー賞

    2016年度 第44回 米アニー賞において、生涯功労賞にあたる ウィンザー・マッケイ賞が授与された。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た千葉繁

    作家性の強さが災いし、『天使のたまご』以降3年間アニメの仕事を失う。1987年、声優・千葉繁のプロモーションビデオを自主制作する話が発展し、『うる星やつら』も担当した音響制作会社オムニバスプロモーションの製作による実写作品『紅い眼鏡/The Red Spectacles』を監督。これ以後、アニメのみならず、実写にも活動の場を広げる。1991年には『ケルベロス・サーガ』の第2作として『ケルベロス-地獄の番犬』を公開。本作のロケハンで移動中、台北へ向けて搭乗するはずだった飛行機が墜落、乗員・乗客全員死亡という惨事が起こるが、予算の都合で飛行機を諦めてクルマで移動することに変更したことで難を逃れている。『紅い眼鏡』のパンフレットには宮崎駿が自分が脚本、押井が監督するはずだったスタジオジブリのアニメ映画の企画がつぶれてしまった話が寄稿されている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た関西電力

    うる星やつら 関西電力CM(1982年)絵コンテ2本押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た岩波書店

    『アニメはいかに夢を見るか 「スカイ・クロラ」制作現場から』 岩波書店、2008年 ISBN 4000220462押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た学研ホールディングス

    りゅうの目のなみだ(1981年)演出・絵コンテ、学研よりフィルム販売押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たぴあ

    学生時代に小学校に教育実習に行ったので子供の扱い方には慣れていると述べており、この時の体験が映画監督としても役立っているという。就職活動では映像関係の仕事を志望し、テレビマンユニオン、ぴあ、国立フィルムセンターを受けるが全て不採用だったため、知人の紹介で知ったラジオ制作会社に内定を得る。卒業とほぼ同時に大学在学中に市民合唱団で知り合った女性と結婚。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たプロダクション・アイジー

    1988年、OVA『機動警察パトレイバー』を監督して第一線に復帰。続けて1989年に公開された劇場アニメ『機動警察パトレイバー the Movie』で第7回日本アニメ大賞を受賞。『機動警察パトレイバー the Movie』を契機として、活動の拠点をProduction I.Gへと移した。以後、Production I.Gにはフリーでの参加ながら、企画者育成のために「押井塾」を主宰するなど、中心的役割を担っている。IGポートの大株主の1人でもある。1993年、静岡県熱海市に転居。押井守 フレッシュアイペディアより)

297件中 21 - 30件表示