297件中 31 - 40件表示
  • 押井守

    押井守から見た神山健治

    ミニパト(2002年3月30日公開)脚本・音響プロデュース・演出コンセプト、監督:神山健治、『WXIII 機動警察パトレイバー』の併映押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た伊藤和典

    不帰の迷宮‐THE GREAT MAZE OF OVERKILL(1996年)伊藤和典・千葉繁との3人によるリレー脚本押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た今野敏

    55歳を過ぎてから空手を習い始めた。その理由については「いまから自分の身体を鋼のように鍛えるということではなくて「どううまく使おうかな」というふうなことなんですよ」と今野敏との対談で述べている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た川井憲次

    「映画の半分は音である」と語るほど音響と音楽を非常に重視する。『紅い眼鏡/The Red Spectacles』以降の音楽はほとんどを川井憲次に任せている。近年の作品では音響作業を米国のスカイウォーカー・サウンドで行うことが多い。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た鳥海永行

    1976年、ラジオ制作会社に就職して番組を制作していたが、給料の不払いが続いたため10ヶ月で退社し、広告代理店の下請けであるCMモニター会社に転職する。この時に後の師匠となる鳥海永行が演出した『科学忍者隊ガッチャマン』を観ており、本格的な演出に感銘を受ける。この仕事にも見切りをつけ、教員採用試験を受けることにするが、願書を預けていた知人が提出し忘れたため採用試験を受けることはなかった。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た金子修介

    1970年、東京学芸大学入学後は映画に熱中し、年間1000本程の映画を見るようになる。既存のサークルである映画研究会と袂を分かち、新たに「映像芸術研究会」を設立、自ら実写映画を撮り始める。後に『平成ガメラシリーズ』を監督する金子修介はこの時のメンバーで、押井の直接の後輩である。金子のほかに当時一橋大学の学生で後に防衛大学校教授となる荒川憲一が所属していた。後年『機動警察パトレイバー2 the Movie』に登場する自衛官・荒川茂樹のモデルとなった人物が荒川である。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た天野喜孝

    天使のたまご(1985年12月15日発売)監督・原案(天野喜孝と共同)・脚本押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た杉浦守

    『殺人者たち The Killers』(2002年)原作、読切短編。最初は神崎将臣作画で掲載されたが、後に杉浦守作画で再掲載。前者は単行本未収録であり、後者は「RAINY DOGS 紅い足痕 / 犬狼伝説 紅い足痕」の単行本巻末に収録。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た科学忍者隊ガッチャマン

    1976年、ラジオ制作会社に就職して番組を制作していたが、給料の不払いが続いたため10ヶ月で退社し、広告代理店の下請けであるCMモニター会社に転職する。この時に後の師匠となる鳥海永行が演出した『科学忍者隊ガッチャマン』を観ており、本格的な演出に感銘を受ける。この仕事にも見切りをつけ、教員採用試験を受けることにするが、願書を預けていた知人が提出し忘れたため採用試験を受けることはなかった。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たサッカードイツ代表

    夫人の影響で、2000年代頃からはサッカー観戦も趣味となった。贔屓のクラブチームはジュビロ磐田。チェルシーFCとその元監督ジョゼ・モウリーニョのファンであり、UEFAチャンピオンズリーグも非常に楽しみにしている。ドイツも好きらしくワールドカップではドイツ代表を応援し、日韓大会の際にドイツ対イングランドをスタジアムで観戦した。その影響は作品にも現れ『ケルベロス 鋼鉄の猟犬』作中の実在していない人物の名前は、サッカー選手から採られていたり、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』では戦争請負会社の社名『ロストック』『ラウテルン』はブンデスリーガのクラブ名から採られている。押井の小説『番狂わせ 警視庁警備部特殊車輛二課』は、全編にわたってサッカーの蘊蓄が披露された作品であり、特車二課の警備対象も試合中のサッカースタジアムである。押井守 フレッシュアイペディアより)

297件中 31 - 40件表示