346件中 31 - 40件表示
  • 押井守

    押井守から見た岩波書店

    2008年 『アニメはいかに夢を見るか 「スカイ・クロラ」制作現場から』 岩波書店(編著) ISBN 4000220462押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た東宝

    虚構性をテーマとする押井の作風が確立したのはこの頃からである。1984年、『うる星やつら』を降板すると同時にスタジオぴえろを退社。以後フリーランスの演出家となる。ぴえろ退社後の押井は、一時宮崎駿の個人事務所「二馬力」に机を置いた。この年、宮崎と大塚康生の勧誘もあり、『ルパン三世』の映画第3作の監督を引き受ける。ところが、半年間考えた脚本を東宝と読売テレビのプロデューサーから没にされて製作は中止。その後、同映画のスタッフだった天野喜孝とともに、徳間書店・『アニメージュ』のバックアップにより、スタジオディーンの制作でOVA『天使のたまご』(1986年)を完成させる。『天使のたまご』には、のちの劇場アニメ『機動警察パトレイバー the Movie』にも共通する、押井版『ルパン三世』で描こうとしたテーマが根底に流れているといわれる。また、同年『アニメージュ』で初の漫画原作作品『とどのつまり…』連載を開始。作画は『うる星やつら』の作画を支えた森山ゆうじが担当した。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た森山ゆうじ

    虚構性をテーマとする押井の作風が確立したのはこの頃からである。1984年、『うる星やつら』を降板すると同時にスタジオぴえろを退社。以後フリーランスの演出家となる。ぴえろ退社後の押井は、一時宮崎駿の個人事務所「二馬力」に机を置いた。この年、宮崎と大塚康生の勧誘もあり、『ルパン三世』の映画第3作の監督を引き受ける。ところが、半年間考えた脚本を東宝と読売テレビのプロデューサーから没にされて製作は中止。その後、同映画のスタッフだった天野喜孝とともに、徳間書店・『アニメージュ』のバックアップにより、スタジオディーンの制作でOVA『天使のたまご』(1986年)を完成させる。『天使のたまご』には、のちの劇場アニメ『機動警察パトレイバー the Movie』にも共通する、押井版『ルパン三世』で描こうとしたテーマが根底に流れているといわれる。また、同年『アニメージュ』で初の漫画原作作品『とどのつまり…』連載を開始。作画は『うる星やつら』の作画を支えた森山ゆうじが担当した。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た神山健治

    2002年 『ミニパト』 (脚本・音響プロデュース・演出コンセプト) (『WXIII 機動警察パトレイバー 』の併映。監督は神山健治押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た光瀬龍

    少年時代からSF作家の光瀬龍のファンであり、所属していた図書委員会の「図書新聞」の取材のためと題し光瀬をインタビューしている。ファンレターを書いていたこともきっかけとなり、それ以降自宅に何度も訪問するまでになった。しかし、当時押井もかかわっていた学生運動について意見が対立し、それ以降は長く接することがなかったという。『天使のたまご』を制作した際に押井の希望で対談により約20年ぶりの再会を果たし、確執は解けた。光瀬が亡くなった時に押井は『アヴァロン』の撮影で海外へ渡航中であり葬儀に出席できなかった。このことを押井は大変悔いていた。光瀬が亡くなった翌年(2000年)の日本SF大会(ZERO-CON)で押井が光瀬との思い出を語る企画が設けられた。その際、「今でも『百億の昼と千億の夜』は映画化したいと思っている」と発言している(企画書を書いたこともあったという)。この後2005年の日本SF大会(HAMA-CON2)においても企画に参加している。押井は2008年より『月刊COMICリュウ』で連載の始まった『夕ばえ作戦』の漫画版で脚色を担当し、初めて光瀬の作品を手がけることになった。新装版『百億の昼と千億の夜』では解説を書いている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たアンドレイ・タルコフスキー

    無類の犬好きで、犬を飼うためだけに熱海へ引っ越したと公言している。魚、鳥とともに犬を作品のモチーフとし、自らの愛犬を作品によく登場させる。愛犬雑誌の『WAN』(ペットライフ社)に連載「熱海バセット通信」を執筆した。かつては犬(バセットハウンド)の絵柄がデザインされたTシャツやトレーナーを好んで着用していた。本人の自画像などにも犬を用いるが、これはアンドレイ・タルコフスキーの『ストーカー』によるものらしい。好きな犬種はバセットハウンドとシェーファーフント(シェパード)。愛犬はバセットハウンドのガブリエル(通称ガブ・♀ 2007年4月3日 永眠)と雑種のダニエル(通称ダニィ・♂ ダニだらけだったからダニィということもある)。『イノセンス』の制作中ガブリエルがヘルニアを患ったため引越しをし、さらに看病のために仕事を休んだため、一時は監督解任かと騒がれたという逸話がある。また、完成した絵コンテにはハンコが捺印されるが、その絵柄も犬である。猫も嫌いというわけではなく過去には愛猫「ねね」(2000年 夏 永眠)、現在「水無月」がいる。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た西尾鉄也

    「オシメーション」という名称はProduction I.G社長石川光久が「押井守の原点にもどって作ってもらおうということで」「原点の赤ちゃんになってもらって、押井監督がおしめをはくような作品」という理由で命名し、『立喰師列伝』の制作会見の席上で西尾鉄也によるデフォルメ調の「おしめを穿いた押井守のイラスト」と共に発表された。 以後、あまり浸透せず宣伝等では「スーパーライヴメーション」という名称で紹介されることが多い。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た今野敏

    中高時代に柔道をやっていたので身体は丈夫で、腐りかけた牛乳を飲んでも身体を壊すことはないという。一人の時の食事は5分以内に済ます。日本酒については熱燗派で、夏でも冷酒は飲まないとのこと。55歳を過ぎてから空手を習い始めた。その理由については「いまから自分の身体を鋼のように鍛えるということではなくて「どううまく使おうかな」というふうなことなんですよ」と今野敏との対談で述べている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た金子修介

    邦画のシステムに対して不信感を抱いており、金子修介との対談の際「邦画というシステムは一度崩壊した方がいい」「(アニメをおだてておきながら)アニメを映画として認めてこなかった。現に日本アカデミー賞にはアニメーション映画部門がない」(対談当時。2006年に新設された)との発言をしている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た鳥海永行

    1980年、尊敬する鳥海永行に続く形でスタジオぴえろに移籍。テレビアニメ『ニルスのふしぎな旅』のレギュラー演出家として鳥海の下につく。タツノコプロ時代よりこの頃の押井はギャグを得意とすると見なされており、ぴえろ社員として『まいっちんぐマチコ先生』の絵コンテを1本描いたこともあった。押井守 フレッシュアイペディアより)

346件中 31 - 40件表示

「押井守」のニューストピックワード