346件中 41 - 50件表示
  • 押井守

    押井守から見たリドリー・スコット

    「日本のリドリー・スコットになりうるセンスの持ち主」「邦画界でデジタルな映像技術から何ができるかを考えられる数少ない存在」と評価しているが、同時に「リドリー・スコットのように戦う姿勢が無く、周りのスタッフやプロデューサーや役者に負けちゃってる」「愛の鞭どころか『愛の拷問』にかけてやりたい」と辛口な発言をしている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た野田真外

    1982年 『劇場版ニルスのふしぎな旅』 (絵コンテ・演出(案納正美と共作)、諸事情で公開されず、野田真外曰く「事実上押井さんが監督」)押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た沖浦啓之

    多くの対談において「『ボトムズ』を見たときには血が逆流した」「僕がやりたかったことの先取りだった」「『ボトムズ』は軍事をアニメに持ち込んだエポック的作品だった」などと、高橋の代表作『装甲騎兵ボトムズ』へ熱い賛辞を述べている。押井のレイアウトシステム確立に不可欠だった『機動警察パトレイバー』『攻殻機動隊』『イノセンス』のキーアニメーターで作画監督を務めた黄瀬和哉・沖浦啓之はともに、『ボトムズ』を始め1980年代の高橋作品の作画の中核を担った作画スタジオ、アニメアールの出身者である。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た天野喜孝

    虚構性をテーマとする押井の作風が確立したのはこの頃からである。1984年、『うる星やつら』を降板すると同時にスタジオぴえろを退社。以後フリーランスの演出家となる。ぴえろ退社後の押井は、一時宮崎駿の個人事務所「二馬力」に机を置いた。この年、宮崎と大塚康生の勧誘もあり、『ルパン三世』の映画第3作の監督を引き受ける。ところが、半年間考えた脚本を東宝と読売テレビのプロデューサーから没にされて製作は中止。その後、同映画のスタッフだった天野喜孝とともに、徳間書店・『アニメージュ』のバックアップにより、スタジオディーンの制作でOVA『天使のたまご』(1986年)を完成させる。『天使のたまご』には、のちの劇場アニメ『機動警察パトレイバー the Movie』にも共通する、押井版『ルパン三世』で描こうとしたテーマが根底に流れているといわれる。また、同年『アニメージュ』で初の漫画原作作品『とどのつまり…』連載を開始。作画は『うる星やつら』の作画を支えた森山ゆうじが担当した。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た杉浦守

    読切短編。最初は神崎将臣作画で掲載されたものの、押井・神崎とのストーリー構成の意見の食い違い、ファンから「押井らしくない」と批判があったため、後に杉浦守作画で再掲載。前者は単行本未収録であり、後者は「RAINY DOGS 紅い足痕 / 犬狼伝説 紅い足痕」の単行本巻末に収録。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たルパン三世

    虚構性をテーマとする押井の作風が確立したのはこの頃からである。1984年、『うる星やつら』を降板すると同時にスタジオぴえろを退社。以後フリーランスの演出家となる。ぴえろ退社後の押井は、一時宮崎駿の個人事務所「二馬力」に机を置いた。この年、宮崎と大塚康生の勧誘もあり、『ルパン三世』の映画第3作の監督を引き受ける。ところが、半年間考えた脚本を東宝と読売テレビのプロデューサーから没にされて製作は中止。その後、同映画のスタッフだった天野喜孝とともに、徳間書店・『アニメージュ』のバックアップにより、スタジオディーンの制作でOVA『天使のたまご』(1986年)を完成させる。『天使のたまご』には、のちの劇場アニメ『機動警察パトレイバー the Movie』にも共通する、押井版『ルパン三世』で描こうとしたテーマが根底に流れているといわれる。また、同年『アニメージュ』で初の漫画原作作品『とどのつまり…』連載を開始。作画は『うる星やつら』の作画を支えた森山ゆうじが担当した。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た新世紀エヴァンゲリオン

    押井のスタジオぴえろ退社とほぼ同時期にやはり宮崎駿の元に身を寄せていた時期があり、『天使のたまご』制作にいったんは参加したものの、想像を絶する仕事量による「修行僧の世界」に耐えかねて二週間で逃げ出したという。しかし、上記の通り『逆襲のシャア』の同人誌で庵野が押井にインタビューを行ったり、『新世紀エヴァンゲリオン』制作前に押井に聖書関連の参考文献についてアドバイスを求めに来たことがあったり、親しい関係である。『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』制作時、Production I.Gには『新世紀エヴァンゲリオン』TVシリーズの制作の打診もあり、石川社長は受けるかどうか迷っていたが、押井は庵野に直接会い(石川に無断で)断りを入れている。『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』ではエンドテロップの「special thanks」の中に名前が挙げられている。2012年11月に公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』について、押井はニコニコ動画の有料メールマガジンで、庵野の演出能力や制作意欲の高さは評価しながらも、作品としてはテーマや固有のモチーフがなく視聴者の感情移入でそれらが補完されてヒットを生んでいると指摘し、そうした構造を持つことで制作者とファンが望む限り『エヴァンゲリオン』は永遠に終わらないと批判した。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た学生運動

    高校時代、羽田闘争をきっかけに学生運動に参加。運動の目論見がばれた父親には大菩薩峠の山小屋に軟禁され、そのうちに学生運動のピークは過ぎ、後に押井の運動に対する熱も冷め、父の作戦通り見事に更生させられたという。山小屋では受験勉強もしていた。学生運動は後に押井の原風景となって、いくつもの作品に顔を出している。後に自らの世代を「(学生運動という祭りに)遅れてきた世代」と語っている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た徳間書店

    虚構性をテーマとする押井の作風が確立したのはこの頃からである。1984年、『うる星やつら』を降板すると同時にスタジオぴえろを退社。以後フリーランスの演出家となる。ぴえろ退社後の押井は、一時宮崎駿の個人事務所「二馬力」に机を置いた。この年、宮崎と大塚康生の勧誘もあり、『ルパン三世』の映画第3作の監督を引き受ける。ところが、半年間考えた脚本を東宝と読売テレビのプロデューサーから没にされて製作は中止。その後、同映画のスタッフだった天野喜孝とともに、徳間書店・『アニメージュ』のバックアップにより、スタジオディーンの制作でOVA『天使のたまご』(1986年)を完成させる。『天使のたまご』には、のちの劇場アニメ『機動警察パトレイバー the Movie』にも共通する、押井版『ルパン三世』で描こうとしたテーマが根底に流れているといわれる。また、同年『アニメージュ』で初の漫画原作作品『とどのつまり…』連載を開始。作画は『うる星やつら』の作画を支えた森山ゆうじが担当した。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たジープ

    宮崎駿が縁となり知り合う。実写映画『紅い眼鏡』では「対話タクシーの運転手」役としての出演、撮影用に「ジープ」を貸してもらうなどの親交がある。 押井は大塚から「理屈が自転車に乗っているような人間」と例えられている。押井守 フレッシュアイペディアより)

346件中 41 - 50件表示

「押井守」のニューストピックワード