346件中 71 - 80件表示
  • 押井守

    押井守から見た鈴木清順

    1970年、東京学芸大学入学後すぐに「映像芸術研究会」を設立、実写映画を撮り始める。後に『平成ガメラシリーズ』を監督する金子修介はこの時のメンバーで、押井の直接の後輩である。このサークルは既存の大学の映画研究会と喧嘩別れして新たに作ったもので、金子のほかに当時一橋大学の学生で後に防衛大学校教授となる荒川憲一が所属していた。後年『機動警察パトレイバー2 the Movie』に登場する自衛官・荒川茂樹のモデルとなった人物が荒川である。この時期、いくつか映画を製作するが、完成したのは卒業制作の一本のみであったとのこと。本人は童顔のため、少年役で出演することが多かった。当時は毎日のように名画座に通い、映画館でバイトをしつつ年間1000本の映画を見たという。またそのうちの大半はピンク映画であり、反面教師的な意味でよく観ていたという。この時に影響を受けた映画監督はジャン=リュック・ゴダールやイングマール・ベルイマン、鈴木清順など。在学中に小学校1級・中学校2級の教員免許を取得し、学生時代は何度も教育実習に行ったので子供の扱い方には慣れていると述べている。このほか、塾の講師を2年務めていた。卒業間近に映画監督への道を諦めて小学校の図画工作の教員になる予定だったが、教員試験の願書の提出を頼んでおいた友人が提出することを忘れていたために受験が不可能となってしまい、映画関係の会社に就職活動するも全社不採用となる。大学の同窓生によれば卒業制作は絵画・彫刻によるとされているにもかかわらず、ただ一人映画製作をし、強引に卒業作品として教授に認めさせ卒業してしまったという(使用したカメラはNHKから安く手に入れたベル&ハウエル)。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たウィリアム・シェイクスピア

    兄、姉の三人兄弟の末っ子。血液型O型。父は興信所で私立探偵を行なっていたが収入は専ら母によるものであり、また押井自身は自分の思い描く探偵像と大きく離れている父親の仕事に複雑な心境だった。父はシェイクスピアを小説家と勘違いするなど、文化の知識に乏しかったと言う。小学生時代はパイロットを目指していたが、運動神経が良くなかったため断念。体育の成績だけが、1か2だったと語っている。他の学科の成績は全て5であったという。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たジャン=リュック・ゴダール

    1970年、東京学芸大学入学後すぐに「映像芸術研究会」を設立、実写映画を撮り始める。後に『平成ガメラシリーズ』を監督する金子修介はこの時のメンバーで、押井の直接の後輩である。このサークルは既存の大学の映画研究会と喧嘩別れして新たに作ったもので、金子のほかに当時一橋大学の学生で後に防衛大学校教授となる荒川憲一が所属していた。後年『機動警察パトレイバー2 the Movie』に登場する自衛官・荒川茂樹のモデルとなった人物が荒川である。この時期、いくつか映画を製作するが、完成したのは卒業制作の一本のみであったとのこと。本人は童顔のため、少年役で出演することが多かった。当時は毎日のように名画座に通い、映画館でバイトをしつつ年間1000本の映画を見たという。またそのうちの大半はピンク映画であり、反面教師的な意味でよく観ていたという。この時に影響を受けた映画監督はジャン=リュック・ゴダールやイングマール・ベルイマン、鈴木清順など。在学中に小学校1級・中学校2級の教員免許を取得し、学生時代は何度も教育実習に行ったので子供の扱い方には慣れていると述べている。このほか、塾の講師を2年務めていた。卒業間近に映画監督への道を諦めて小学校の図画工作の教員になる予定だったが、教員試験の願書の提出を頼んでおいた友人が提出することを忘れていたために受験が不可能となってしまい、映画関係の会社に就職活動するも全社不採用となる。大学の同窓生によれば卒業制作は絵画・彫刻によるとされているにもかかわらず、ただ一人映画製作をし、強引に卒業作品として教授に認めさせ卒業してしまったという(使用したカメラはNHKから安く手に入れたベル&ハウエル)。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た黄瀬和哉

    多くの対談において「『ボトムズ』を見たときには血が逆流した」「僕がやりたかったことの先取りだった」「『ボトムズ』は軍事をアニメに持ち込んだエポック的作品だった」などと、高橋の代表作『装甲騎兵ボトムズ』へ熱い賛辞を述べている。押井のレイアウトシステム確立に不可欠だった『機動警察パトレイバー』『攻殻機動隊』『イノセンス』のキーアニメーターで作画監督を務めた黄瀬和哉・沖浦啓之はともに、『ボトムズ』を始め1980年代の高橋作品の作画の中核を担った作画スタジオ、アニメアールの出身者である。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たイングマール・ベルイマン

    1970年、東京学芸大学入学後すぐに「映像芸術研究会」を設立、実写映画を撮り始める。後に『平成ガメラシリーズ』を監督する金子修介はこの時のメンバーで、押井の直接の後輩である。このサークルは既存の大学の映画研究会と喧嘩別れして新たに作ったもので、金子のほかに当時一橋大学の学生で後に防衛大学校教授となる荒川憲一が所属していた。後年『機動警察パトレイバー2 the Movie』に登場する自衛官・荒川茂樹のモデルとなった人物が荒川である。この時期、いくつか映画を製作するが、完成したのは卒業制作の一本のみであったとのこと。本人は童顔のため、少年役で出演することが多かった。当時は毎日のように名画座に通い、映画館でバイトをしつつ年間1000本の映画を見たという。またそのうちの大半はピンク映画であり、反面教師的な意味でよく観ていたという。この時に影響を受けた映画監督はジャン=リュック・ゴダールやイングマール・ベルイマン、鈴木清順など。在学中に小学校1級・中学校2級の教員免許を取得し、学生時代は何度も教育実習に行ったので子供の扱い方には慣れていると述べている。このほか、塾の講師を2年務めていた。卒業間近に映画監督への道を諦めて小学校の図画工作の教員になる予定だったが、教員試験の願書の提出を頼んでおいた友人が提出することを忘れていたために受験が不可能となってしまい、映画関係の会社に就職活動するも全社不採用となる。大学の同窓生によれば卒業制作は絵画・彫刻によるとされているにもかかわらず、ただ一人映画製作をし、強引に卒業作品として教授に認めさせ卒業してしまったという(使用したカメラはNHKから安く手に入れたベル&ハウエル)。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た万田邦敏

    1996年 『宇宙貨物船レムナント6』(総合監修)(監督は万田邦敏押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た大野安之

    1992年 『西武新宿戦線異状なし DRAGON RETRIEVER』 (原作)(作画は大野安之押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た押井友絵

    姉は舞踏家の最上和子。映画ライターの押井友絵は前妻との間にもうけた長女。押井は友絵から取材を受けたことがあり、その際は「妙な気分だった」と語っている。押井友絵は作家の乙一夫人となり、押井の映画『立喰師列伝』ではハンバーガー店の店員として出演している。『スカイ・クロラ』の企画を持ち込まれた際に、娘がその企画に興味を示したことが『スカイ・クロラ』の監督を受けるきっかけとなったと押井本人は語っている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た客員教授

    東京都大田区出身。東京都立小山台高等学校、東京学芸大学教育学部美術教育学科卒。静岡県熱海市在住。2008年度から2009年度まで東京経済大学コミュニケーション学部の客員教授であった。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た松宏彰

    2003年 『東京スキャナー』(監修・CGパート絵コンテ)(監督は松宏彰押井守 フレッシュアイペディアより)

346件中 71 - 80件表示

「押井守」のニューストピックワード