346件中 81 - 90件表示
  • 押井守

    押井守から見た川井憲次

    押井守が多く用いる映像表現として、アニメにレンズの概念など実写的要素を取り入れたレイアウトシステムの導入、2Dの手描きのアニメと3DのCGIの融合、更にそれら素材にデジタル加工を施し、手描きの絵やCGIでは得られない質感を加えたり、画面全体に統一感を持たせるエフェクト処理(ビジュアルエフェクツ)などがある。これらの手法は全てが押井の独創ではないが、現在の漫画・アニメ界に関わる多くの人に影響を与えている(押井のこれらの手法の使い方が印象的であることの証明ともいえる)。また「映画の半分は音である」と語るほど音響と音楽を非常に重視しており、近年の大作では音響作業を米国のスカイウォーカー・サウンドで行い、音楽は『紅い眼鏡/The Red Spectacles』以降すべて川井憲次に任せている。もはや川井憲次の音楽表現は押井作品と切り離せないと言える。その映像センスと音楽表現、そして時には「ギャグ」、時には「衒学的」「哲学的」に語られる独特の長台詞回し(「押井節」とも呼ばれる)は、一部から高い評価と支持を得ている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た乙一

    姉は舞踏家の最上和子。映画ライターの押井友絵は前妻との間にもうけた長女。押井は友絵から取材を受けたことがあり、その際は「妙な気分だった」と語っている。押井友絵は作家の乙一夫人となり、押井の映画『立喰師列伝』ではハンバーガー店の店員として出演している。『スカイ・クロラ』の企画を持ち込まれた際に、娘がその企画に興味を示したことが『スカイ・クロラ』の監督を受けるきっかけとなったと押井本人は語っている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たフィリップ・K・ディック

    押井の永遠のテーマとも言えるシナリオの方法論として、「虚構と現実・真実と嘘の曖昧さ」がある。これも上記と同じく押井が源流ではない(前例として古くは荘子、近年ではフィリップ・K・ディック等が挙げられる)。これに付加して、同じ状況を何度も繰り返すなど「永遠性」を意識した演出も多用される。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た士郎正宗

    1995年 『攻殻機動隊絵コンテ集』 (士郎正宗 共著) ISBN 978-4873761473押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た藤原カムイ

    1988年 『犬狼伝説 Kerberos Panzer Cop』 (原作)(作画は藤原カムイ押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たうえだひでひと

    1977年、ラジオ制作会社に就職して番組を制作していたが、給料が少なく生活が辛かったので半年で退社。「ひたすら毎日プラモデルを作るなどして暇をもてあましていた」(本人談)時に、電柱に貼ってあった求人広告を見て竜の子プロダクション(タツノコプロ)の面接を受ける。当初は事務雑用を担当していたが、演出の人手不足からアニメ演出を手掛けるようになり、やがて、2年早く入社した西久保瑞穂、真下耕一、うえだひでひとと共に「タツノコ四天王」の異名を取るようになる。なお、西久保と真下が演出助手から始めたのに対して、押井はラジオでのディレクター経験を買われ、最初から演出を任されていた。独特のギャグの才能をタツノコプロ演出部長の笹川ひろしに買われて、『タイムボカンシリーズ』を長く担当。タツノコプロ退社後もアルバイトで絵コンテを描き、後には持ちネタのひとつとした「立ち喰い」ネタをこの時すでに『タイムボカンシリーズ』に盛り込んでいる。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た山田正紀

    学生時代はSF小説家も志望していたが、ほぼ同い年である山田正紀のデビュー作『神狩り』を読んで才能の差にうちのめされ、「小説家になるのを諦めた」といくつかのインタビューで語っている。なお、山田は小説『イノセンス After The Long Goodbye』の執筆も手がけており、同作品内で押井は寄稿文を寄せている。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た真下耕一

    1977年、ラジオ制作会社に就職して番組を制作していたが、給料が少なく生活が辛かったので半年で退社。「ひたすら毎日プラモデルを作るなどして暇をもてあましていた」(本人談)時に、電柱に貼ってあった求人広告を見て竜の子プロダクション(タツノコプロ)の面接を受ける。当初は事務雑用を担当していたが、演出の人手不足からアニメ演出を手掛けるようになり、やがて、2年早く入社した西久保瑞穂、真下耕一、うえだひでひとと共に「タツノコ四天王」の異名を取るようになる。なお、西久保と真下が演出助手から始めたのに対して、押井はラジオでのディレクター経験を買われ、最初から演出を任されていた。独特のギャグの才能をタツノコプロ演出部長の笹川ひろしに買われて、『タイムボカンシリーズ』を長く担当。タツノコプロ退社後もアルバイトで絵コンテを描き、後には持ちネタのひとつとした「立ち喰い」ネタをこの時すでに『タイムボカンシリーズ』に盛り込んでいる。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見た防衛大学校

    1970年、東京学芸大学入学後すぐに「映像芸術研究会」を設立、実写映画を撮り始める。後に『平成ガメラシリーズ』を監督する金子修介はこの時のメンバーで、押井の直接の後輩である。このサークルは既存の大学の映画研究会と喧嘩別れして新たに作ったもので、金子のほかに当時一橋大学の学生で後に防衛大学校教授となる荒川憲一が所属していた。後年『機動警察パトレイバー2 the Movie』に登場する自衛官・荒川茂樹のモデルとなった人物が荒川である。この時期、いくつか映画を製作するが、完成したのは卒業制作の一本のみであったとのこと。本人は童顔のため、少年役で出演することが多かった。当時は毎日のように名画座に通い、映画館でバイトをしつつ年間1000本の映画を見たという。またそのうちの大半はピンク映画であり、反面教師的な意味でよく観ていたという。この時に影響を受けた映画監督はジャン=リュック・ゴダールやイングマール・ベルイマン、鈴木清順など。在学中に小学校1級・中学校2級の教員免許を取得し、学生時代は何度も教育実習に行ったので子供の扱い方には慣れていると述べている。このほか、塾の講師を2年務めていた。卒業間近に映画監督への道を諦めて小学校の図画工作の教員になる予定だったが、教員試験の願書の提出を頼んでおいた友人が提出することを忘れていたために受験が不可能となってしまい、映画関係の会社に就職活動するも全社不採用となる。大学の同窓生によれば卒業制作は絵画・彫刻によるとされているにもかかわらず、ただ一人映画製作をし、強引に卒業作品として教授に認めさせ卒業してしまったという(使用したカメラはNHKから安く手に入れたベル&ハウエル)。押井守 フレッシュアイペディアより)

  • 押井守

    押井守から見たデジタルカメラ

    「オシメーション」とは、デジタルカメラで撮影した俳優の写真をデジタル加工し、アニメのパーツとして使用する技法のこと。従来からアニメーションの技法のひとつとして、実写の人間をコマ撮りする、「ピクシレーション(:en:pixilation)」がある。このピクシレーションをさらに発展させたものが、「オシメーション」である。押井守 フレッシュアイペディアより)

346件中 81 - 90件表示

「押井守」のニューストピックワード

  • GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊

  • GHOST IN THE SHELL ゴースト・イン・ザ・シェル

  • ラグナロクオンライン 14thアニバーサリーパッケージ ダウンロード版