指揮者 ニュース&Wiki etc.

指揮者(しきしゃ)は、合奏や合唱を指揮する人物を指す。指揮の技法や歴史については、指揮の項目を参照のこと。 (出典:Wikipedia)

「指揮者」Q&A

  • Q&A

    中1女子です。今度三年生を送る会で故郷(うさぎおいし…)指揮者をやりたいという友達が…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年12月8日 21:38

  • Q&A

    【どう思う?なでしこジャパン高校生にぼろ負け】 なでしこジャパンが日本代表合宿3日…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年12月8日 21:35

  • Q&A

    最近、クラカテで国際ブルックナー協会のNowak氏の読み方について、「日本ブルックナ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月8日 14:02

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「指揮者」のつながり調べ

  • 帝国音楽院

    帝国音楽院から見た指揮者

    帝国音楽院は一方で音楽家たちの労働条件を改善するスポンサーであり、一方で音楽家に対する統制機関であった。ナチスは帝国音楽院の総裁に著名な作曲家のリヒャルト・シュトラウスを、副総裁に国際的な指揮者のヴィルヘルム・フルトヴェングラーを任命した。リヒャルト・シュトラウスはユダヤ人である息子の妻と孫たちを守るためにその地位を受け入れ、沈黙した。しかし1935年、リヒャルト・シュトラウスはユダヤ人シュテファン・ツヴァイクが台本を担当したオペラ『無口な女』を上演したことで、ナチスから攻撃された。彼はその後総裁を辞任するが、ドイツに残ったため、戦後批判を受けた。一方副総裁のフルトヴェングラーも1934年にヒンデミット事件で辞職に追い込まれた。シュトラウスとフルトヴェングラーの後任は、総裁がペーター・ラーベ、副総裁がパウル・グレーナーであった。しかしラーベはゲッベルスと対立し1938年に辞任を申し出たものの、慰留された。グレーナーは1941年に辞任し、第二次世界大戦中に帝国音楽院を実質的に指導していたのは宣伝省音楽局の責任者で指揮者のハインツ・ドレーヴェス( Heinz Drewes)であった。(帝国音楽院 フレッシュアイペディアより)

  • ルートヴィヒ・フォン・ブレナー

    ルートヴィヒ・フォン・ブレナーから見た指揮者

    ルートヴィヒ・フォン・ブレナーまたはブレンナー(Ludwig von Brenner, 1833年9月19日 ライプツィヒ – 1902年2月9日 ベルリン)は、ドイツの指揮者・作曲家。(ルートヴィヒ・フォン・ブレナー フレッシュアイペディアより)

「指揮者」のニューストピックワード