2866件中 41 - 50件表示
  • アドルフ・チェフ

    アドルフ・チェフから見た指揮者指揮者

    アドルフ・チェフ(、1841年12月11日 - 1903年12月27日)は、チェコの指揮者アドルフ・チェフ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーゼフ・バイヤー

    ヨーゼフ・バイヤーから見た指揮者指揮者

    ヨーゼフ・バイヤー(, 1852年3月6日 - 1913年3月12日)はオーストリア=ハンガリー帝国末期の作曲家・指揮者ヨーゼフ・バイヤー フレッシュアイペディアより)

  • アドルフ・ヴィークルンド

    アドルフ・ヴィークルンドから見た指揮者指揮者

    アドルフ・ヴィークルンド(Adolf Wiklund (1879年6月5日 - 1950年4月2日)はスウェーデンのピアニスト、作曲家、指揮者アドルフ・ヴィークルンド フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・マルコ

    ニコライ・マルコから見た指揮者指揮者

    ニコライ・マルコ(Nikolai Malko, 1883年5月4日 チェルニーヒウ州セマクィ - 1961年6月23日 シドニー)はソビエト連邦出身の指揮者。キリル文字の表記()に従うと、ニコライ・アンドレーヴィチ・マリコとなる。 ニコライ・マルコ フレッシュアイペディアより)

  • ワシーリー・アンドレーエフ

    ワシーリー・アンドレーエフから見た指揮者指揮者

    ワシーリー・ワシーリエヴィチ・アンドレーエフ(, 1861年1月15日 - 1918年12月26日)は、ロシアの民族楽器演奏家、指揮者、作曲家。バラライカをはじめとするロシアの民族楽器を復元・改良し、バラライカ・アンサンブルやロシア民族楽器オーケストラの活動を通じてこれらの楽器とロシア民謡の普及に努めた。ワシーリー・アンドレーエフ フレッシュアイペディアより)

  • 八尋和美

    八尋和美から見た指揮者指揮者

    八尋 和美(やひろ かずみ、1931年8月20日 - )は、日本の指揮者。特にメンデルスゾーンの合唱曲の解釈と指揮で知られ、現代作曲家アルヴォ・ペルトの合唱曲の指揮にも近年は積極的に取り組んでいる。八尋和美 フレッシュアイペディアより)

  • フーゴー・リーマン

    フーゴー・リーマンから見た指揮者指揮者

    リーマンはシュヴァルツブルク=ゾンデルスハウゼン侯国のグーロスメーラ(Grossmehlra)に生まれた。彼はベルリンとテュービンゲンで理論をフランケンベーガー(Frankenberger)に、ピアノをバーテル(Barthel)とラッツェンベーガー(Ratzenberger)に師事、法学を学び、さらには哲学と歴史を学んだ。普仏戦争への出征後、彼は自分の人生を音楽に捧げることを決意し、そのためライプツィヒ音楽院で学んだ。その後ビーレフェルトに赴いた彼はその地で数年間教師と指揮者として働き、1878年にライプツィヒに戻ってからは大学で私講師となった。フーゴー・リーマン フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・スタンツェライト

    マーティン・スタンツェライトから見た指揮者指揮者

    マーティン・スタンツェライト(Martin Stanzeleit、1971年 - )は、ドイツ出身のチェロ奏者、指揮者。広島県在住。マーティン・スタンツェライト フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第3番 (メンデルスゾーン)

    交響曲第3番 (メンデルスゾーン)から見た指揮者指揮者

    1829年3月にメンデルスゾーンは、バッハのマタイ受難曲を蘇演し、5月に初めてイギリスに渡った。スコットランドを旅したメンデルスゾーンは7月30日、エディンバラのメアリ・ステュアートゆかりのホリールードハウス宮殿を訪れ、宮殿のそばにある修道院跡において、16小節分の楽想を書き留めた。これが「スコットランド」交響曲の序奏部分であり、この曲の最初の着想となった。しかし、翌1830年にはイタリア旅行して、第4交響曲「イタリア」の作曲にかかり、1835年にはライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の指揮者となるなど、多忙のために「スコットランド」の作曲は10年以上中断された。交響曲第3番 (メンデルスゾーン) フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ヘンシェル

    ジョージ・ヘンシェルから見た指揮者指揮者

    ジョージ・ヘンシェル(Sir George Henschel、1850年2月18日 - 1934年9月10日)は、イギリスの指揮者・歌手・作曲家・ピアニスト。ジョージ・ヘンシェル フレッシュアイペディアより)

2866件中 41 - 50件表示

「指揮者」のニューストピックワード