2866件中 71 - 80件表示
  • グンドゥラ・ヤノヴィッツ

    グンドゥラ・ヤノヴィッツから見た指揮者指揮者

    グンドゥラ・ヤノヴィッツはオーストリアのグラーツ音楽院で学び、すでに1950年代末には最高水準レベルで歌い始めていた(1960年ヘルベルト・フォン・カラヤンと『天地創造』で共演)。1959年、カラヤンはウィーン国立歌劇場でモーツァルト『フィガロの結婚』のバルバリーナ役に彼女を起用し、1962年には同歌劇場と契約した。1960年代1970年代には、この分野の国際的な人気歌手の一人となり、最も著名な指揮者(当時の師カラヤンを始め、オットー・クレンペラー、オイゲン・ヨッフム、レナード・バーンスタイン、ラファエル・クーベリック、カール・ベーム、ゲオルク・ショルティ、カルロス・クライバーなど)と共演、バッハからリヒャルト・シュトラウスに至る作品の包括的、広範囲のディスコグラフィを製作した。特にエリーザベト・シュヴァルツコップら戦後第1世代が引退後、アニヤ・シリア、エッダ・モーザーらの次世代が伸び悩み、期待のエディト・マティスもリートや宗教曲に力を入れ始めてソプラノ不足に悩んでいた70年代のドイツオペラ界は彼女の孤軍奮闘(あと強いて挙げるなら、外国生まれながらほぼネイティブのドイツ人に等しい活動をしたルチア・ポップ)が支えたといってよい。グンドゥラ・ヤノヴィッツ フレッシュアイペディアより)

  • ユーディ・メニューイン

    ユーディ・メニューインから見た指揮者指揮者

    ユーディ・メニューイン(Yehudi Menuhin, 1916年4月22日ニューヨーク - 1999年3月12日ベルリン)はアメリカ合衆国出身のユダヤ系ヴァイオリン・ヴィオラ奏者、指揮者、音楽教師。年少の頃は演奏界における神童の象徴的な存在でもあった。ユーディ・メニューイン フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤花子

    佐藤花子から見た指揮者指揮者

    佐藤 花子(さとう はなこ、1940年4月3日- 2012年4月6日)は日本のファッションデザイナー、プロダクトデザイナー、実業家、発明家、モデル、歌手、女優、映画監督、指揮者、小説家、タレント、宗教家である。東京都港区出身。佐藤花子 フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ザンデルリング

    トーマス・ザンデルリングから見た指揮者指揮者

    トーマス・ザンデルリング(、1942年10月2日ノヴォシビルスク - )はドイツの指揮者。父のクルト、及び異母弟のシュテファンも指揮者、異母弟のミヒャエルは指揮者、チェリストである。トーマス・ザンデルリング フレッシュアイペディアより)

  • 9月14日

    9月14日から見た指揮者指揮者

    1904年 - 橋本國彦、作曲家、指揮者、ヴァイオリニスト(+ 1949年)9月14日 フレッシュアイペディアより)

  • ペーター=ルーカス・グラーフ

    ペーター=ルーカス・グラーフから見た指揮者指揮者

    ペーター=ルーカス・グラーフ(Peter-Lukas Graf, 1929年1月5日 - )は、スイス出身のフルート奏者、指揮者。チューリッヒ生まれ。ペーター=ルーカス・グラーフ フレッシュアイペディアより)

  • 国技館5000人の第九コンサート

    国技館5000人の第九コンサートから見た指揮者指揮者

    このことにあわせて、隅田川の東側地域の活性化に繋げていきたいという思いもあり、墨田区文化観光協会の職員で後に「すみだ第九を歌う会」の事務局長を務めることになった石井貞光と、地方の音楽文化の向上等に取り組んでいた指揮者の石丸寛が中心になって、この「第九」イベントの企画が進行していった。こうした背景から、第1回の公演では「おかえりなさい国技館」のサブタイトル(テーマ)が付いた。国技館5000人の第九コンサート フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の音楽

    2011年の音楽から見た指揮者指揮者

    27日 - 世界的指揮者の小澤征爾が、3月に指揮する予定だった「小澤征爾音楽塾」の日本国内5公演が中止に。所属事務所が発表。小澤は1月中旬に腰痛治療の出術を受けたばかりで、リハビリに専念するため。2011年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • モーリッツ・モシュコフスキ

    モーリッツ・モシュコフスキから見た指揮者指揮者

    モーリツ・モシュコフスキ(Moritz Moszkowski, 1854年8月23日 ヴロツワフ - 1925年3月4日 パリ)はポーランド出身のユダヤ系ピアニスト、作曲家、指揮者モーリッツ・モシュコフスキ フレッシュアイペディアより)

  • リヒャルト・ヴェッツ

    リヒャルト・ヴェッツから見た指揮者指揮者

    1897年に最終試験に合格し、ヴェッツはライプツィヒの音楽院に赴きカール・ライネッケ及びザーロモン・ヤーダスゾーンに師事した。しかし、わずか6週間後には講義が過度に伝統にとらわれていると感じ、幻滅した末に音楽院を後にしてしまった。代わりに、当時ライプツィヒ音楽アカデミーの学長を務めていたリヒャルト・ホフマンの個人指導を半年間受けている。同時期にライプツィヒ大学に籍を置いたヴェッツは哲学、心理学、文学などを学び始めた。フリードリヒ・ヘルダーリン、ハインリヒ・フォン・クライスト、そして特にヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテといった詩人を研究したヴェッツは、その後の作曲家としての作品に彼らから大きな影響を受けている。同様に、アルトゥル・ショーペンハウアーの哲学思想も信奉していた。1899年秋、ライプツィヒを離れてミュンヘンに移ったヴェッツは、そこでルートヴィヒ・トゥイレに音楽を師事するようになった。1900年には再び勉学を中断してシュトラールズントに赴いたヴェッツは、フェリックス・ワインガルトナーに見出されて劇場楽団の指揮者として雇われることになる。数か月後にはバルメン(現在のヴッパータールの一部)で同様の職についていた彼であったが、さらにしばらく経つと雇用を失ってライプツィヒに戻って来ていた。ライプツィヒではさらに独学で音楽史を学び、また過去から現在までの作曲家たちの楽譜を研究した。アントン・ブルックナーとフランツ・リストが彼にとって目指すべき最も重要な人物となった。リヒャルト・ヴェッツ フレッシュアイペディアより)

2866件中 71 - 80件表示

「指揮者」のニューストピックワード