前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
178件中 1 - 10件表示
  • 世田谷一家殺害事件

    世田谷一家殺害事件から見た指紋指紋

    この事件は、20世紀最後の日に発覚した、大晦日に差し掛かろうとする年の瀬の犯行だったことや、犯人の指紋や血痕など個人を特定可能なもの、靴の跡(足跡)の他、数多くの遺留品を残している点、子どももめった刺しにする残忍な犯行、殺害後に翌朝まで10時間以上に渡って現場に留まり、パソコンを触ったりアイスクリームを食べたりするなどの犯人の異常な行動、これらの多くの事柄が明らかになっていながら、犯人の特定に至っていないことでも注目される未解決事件である。また、年の瀬に発生した殺人事件という時期柄もあって、一年を振り返る区切りとなる年末近くになると、警視庁による情報公開が行われ、マスコミが話題に取り上げることが多い事件である。世田谷一家殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • 虹彩認識

    虹彩認識から見た指紋指紋

    体内の組織であって、まぶたや角膜などで何重にも保護されている。この点が指を酷使する仕事を長年していると同一性が確認困難となる指紋と異なる。虹彩認識 フレッシュアイペディアより)

  • 井の頭公園バラバラ殺人事件

    井の頭公園バラバラ殺人事件から見た指紋指紋

    手足の指紋はほぼ全て削り取られていたが、わずかに残っていた指紋とDNAから、被害者は公園の近くに住む一級建築士の男性(当時35歳)と判明した。死因は不明。肋骨の筋肉繊維にわずかな生前出血の跡あり。井の頭公園バラバラ殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 生体認証

    生体認証から見た指紋指紋

    現在、利用件数が多いものには指紋、瞳の中の虹彩が挙げられる。金融機関がATMに採用したことで、手のひらや指の血管の形を読み取る静脈認証も利用件数が増えつつある。他にも、声紋、顔形、筆跡などによる認証が実用化されている。生体認証 フレッシュアイペディアより)

  • 痴漢冤罪

    痴漢冤罪から見た指紋指紋

    また逆に、物的証拠が残らないという痴漢犯罪の性質上、加害者ではないと主張する男性が本当に加害者ではないのかについても、慎重な精査が求められる。しかし近年、痴漢被害を主張する者の衣服の指紋の採取、容疑者の指に付着した衣服の繊維や被害者の体液や皮膚の組織などのDNA鑑定などの、より先進的かつ客観的な物的証拠が求められるようになり、これらの物的証拠は、起訴段階もしくは審理において重要視されるようになりつつある。痴漢冤罪 フレッシュアイペディアより)

  • 誤認逮捕

    誤認逮捕から見た指紋指紋

    2010年5月1日に宮城県警仙台南署が、当時30歳のトルコ国籍の男性を、仙台市内のインターネットカフェ内で、一緒にいた当時20歳の女性に抱きついたとして、強制猥褻容疑で逮捕した。しかし、女性の衣服からは、該当のトルコ人男性の指紋は検出されず別のトルコ人男性の指紋が検出されたため、誤認逮捕が判明。最初に逮捕された男性は釈放され別の男性を逮捕した。誤認逮捕 フレッシュアイペディアより)

  • 指

    から見た指紋指紋

    人を含め左右の手あるいは腕や足にそれぞれ生物固有の本数と形状で備わり、付属器官として爪、指紋、外分泌器などがあり、外部への攻撃やモノの把持、触覚、歩行における体重移動の補助機関などとして働く。 フレッシュアイペディアより)

  • 赤報隊事件

    赤報隊事件から見た指紋指紋

    指紋、掌紋の照合。赤報隊事件 フレッシュアイペディアより)

  • ジャカルタ事件

    ジャカルタ事件から見た指紋指紋

    その後の現場検証で発射元のホテルの部屋から日本赤軍メンバーの城崎勉の指紋を採取された。日米治安機関は日本赤軍の犯行と断定した。ジャカルタ事件 フレッシュアイペディアより)

  • 県民指紋制度

    県民指紋制度から見た指紋指紋

    県民指紋制度(けんみんしもんせいど)は、かつて愛知県警が行なっていた指紋の登録制度である。制度廃止までは、被疑者や事件関係者ではない国民の指紋を警察が採取できる全国で唯一のシステムだった。県民指紋制度 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
178件中 1 - 10件表示