262件中 81 - 90件表示
  • US-VISIT

    US-VISITから見た指紋指紋

    同プログラムでは査証(ビザ)を所持して米国に入国する渡航者に対し、指紋のスキャン(機械による自動読み取り)や顔写真の撮影による個人情報を含めた出入国手続を行う。US-VISIT フレッシュアイペディアより)

  • ピースサイン

    ピースサインから見た指紋指紋

    流行の経緯からは、可愛さを表すポーズとしては、撮影時に人差し指をつかう可愛さのポーズは、が、現在では、また、しかし近年はスマートフォン搭載の物も含めたデジタルカメラの高画質・高解像度化によりそうしたピース自撮り画像から指紋を抽出して個人認証に悪用される危険性が指摘されている。ピースサイン フレッシュアイペディアより)

  • ラモン・メルカデル

    ラモン・メルカデルから見た指紋指紋

    逮捕後、メルカデルはシルヴィアとの結婚を拒否されたための私的な報復だと主張して一切の証言を拒否した。8月22日、「プラウダ」紙は、「暗殺者はジャン・モーガン・ワンデンドラインと自称し、トロツキーの信奉者かつ側近である」として関与を否定した(この時点で、事件の詳細はまだ報道されていなかった)。メルカデルは、犯行の状況を除いて自供を拒み続けた。しかし、指紋の分析から1950年の9月になってメルカデルの正体が突き止められた。ラモン・メルカデル フレッシュアイペディアより)

  • プロスペクト・アクス・ザ・タワー新宿

    プロスペクト・アクス・ザ・タワー新宿から見た指紋指紋

    建築主は菱和ライフクリエイト(現クレアスライフ)。新宿駅西口の小滝橋通り沿いにある総戸数368戸のワンルーム主体の分譲賃貸マンション。西新宿木村屋ビルに隣接する。指紋認証オートロックを採用する等セキュリティが充実しており、サウナ付き大浴場や最上階のスカイラウンジ等の共用施設も備えている。プロスペクト・アクス・ザ・タワー新宿 フレッシュアイペディアより)

  • 土台人

    土台人から見た指紋指紋

    韓国系の日本国民である大山秋吉による「久米裕拉致事件」。当時、イ・シュンギルの名義で金融業を営んでいた大山が、接触してきた北朝鮮の工作員に脅されたため、自分の顧客の中から北朝鮮当局からの「リクエスト」(50歳代で前科がなく、身寄りの無い男性)に適合する人物を探してみたら、たまたま、三鷹市で警備員をしている久米裕がいた。大山は、多額の現金の入った封筒を久米にちらつかせ、「朝鮮半島との密貿易をやろう」という甘言を用いて久米を石川県の海岸におびき出し、工作船で北朝鮮に送り出したものである。大山は、久米を工作船に乗せて送り出した直後、宿泊した宿の女将に挙動不審な態度を見抜かれ、不審者として警察に通報された際、特別永住者に携帯が義務付けられていた外国人登録証の提示をしなかったため、提示義務違反で石川県警に現行犯逮捕された。なお、この事件で石川県警察本部警備部は1979年に警察庁長官賞を受賞した。大山は、事件後に日本への帰化を許され、日本国民になった。また、事件発覚のきっかけとなった特別永住者への外国人登録証の携帯義務と指紋登録義務については、大山秋吉の逮捕後に、突如として在日韓国・朝鮮人の団体が巻き起こした大々的な人権キャンペーンにより、廃止された。土台人 フレッシュアイペディアより)

  • 明石町 (東京都中央区)

    明石町 (東京都中央区)から見た指紋指紋

    イギリスの宣教師ヘンリー・フォールズは居留地に滞在中、日本の拇印の習慣に着目して指紋の研究を行ったことから、指紋研究発祥の地とされる。明石町 (東京都中央区) フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線ひかり号爆破未遂事件

    新幹線ひかり号爆破未遂事件から見た指紋指紋

    翌16日、警視庁刑事部捜査第一課に特別捜査本部を設置し、時限爆破装置(ダイナマイト3本、電気雷管3本、乾電池1本)の解析とこれを収納した『源氏物語』の本ケースの出所、遺留指紋の検出を行い、警察庁に保管されていた約598万8千人分の指紋原紙と照合したが、該当者が存在しなかった。その後の指紋照合においても該当者が発見できなかったため、事件発生2か月後の6月27日、警視庁は検出された指紋を全国に手配し、他の事件の被疑者等の指紋採取の際に照合に当たるように依頼した。新幹線ひかり号爆破未遂事件 フレッシュアイペディアより)

  • パスワード

    パスワードから見た指紋指紋

    生体認証(パスワードの入力に加え、指紋や虹彩などの生体による認証を組み合わせるケースも多くなっている。)パスワード フレッシュアイペディアより)

  • 密航

    密航から見た指紋指紋

    20世紀後半になると、各国の入国管理や身分証明制度が強化され、空港や港湾の警備体制が近代化されるとともに、輸送も輸送される物資の量的な増大に伴い隠れる手段が少ないコンテナ船へと変化している。このため船舶では船員など関係者と内通していない限り密航は不可能となっている。このため、船を密航者で占拠して密航を行うボートピープルやパスポートの偽造などによる偽装出国が増加している。ただし、アメリカや日本、韓国のように入国審査で指紋採取を実施している国家ではパスポート偽造という手法での密入国は困難になっている。密航 フレッシュアイペディアより)

  • 長岡京殺人事件

    長岡京殺人事件から見た指紋指紋

    主婦Aは全身30箇所以上も殴打され、肋骨が折れて、肝臓が破裂しており、体内からは犯人のものと思われる体液が検出された。主婦Bは全身50箇所以上も殴打され、包丁が体に突き刺さったままだった。なお警視庁の鑑定結果によると、犯人の血液型はO型と判明している。犯行現場は、殺された主婦たちのように、ピクニックがてら山菜採りに地元の人が訪れているようなところだったが、犯行発生前から木や竹が生い茂り、昼間でも薄暗いところが多く、レイプ事件も発生していた。遺留品は主婦Bの遺体に突き刺さっていた包丁1本のみで指紋は検出されず、販売ルートも解明されずじまいだった。そして、有力な手がかりも得られないまま、1994年5月24日に公訴時効が成立した。長岡京殺人事件 フレッシュアイペディアより)

262件中 81 - 90件表示