前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
101件中 1 - 10件表示
  • 指紋

    指紋から見た江戸川乱歩

    三重渦状紋(さんじゅうかじょうもん):一つの指紋の中に三つの渦が巻かれているという想像上の指紋。江戸川乱歩が推理小説『悪魔の紋章』において創作した。北園龍子という女性の指だけに存在する事になっている。乱歩の影響を受けた次の作品にも登場する。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見たアルミニウム

    アルミニウムの粉末などを用いる。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見たテレビ朝日

    テレビ朝日系『土曜ワイド劇場』江戸川乱歩の美女シリーズ第3作「死刑台の美女」指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見た生体認証

    近年のバイオメトリクスの発達により、指紋についてより多くのことが知られるようになったが、別人の指紋なのに同一指紋と認識してしまう率(誤受入率)は実測で10万分の1程度ある。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見た捜査

    個々人で紋様が異なるという特徴から指紋は犯罪捜査や個人認証として利用されている。日本では1908年(明治41年)の司法官僚である平沼騏一郎の報告書に基づいて、1911年(明治44年)に警視庁が指紋制度を採用した。日本においては、江戸時代より「証文における署名・捺印」と同じ意味を持つ物として拇印が採用されていた。すなわち、日本は昔から「指紋による個人特定」を認識していたと言える。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見た道満晴明

    道満晴明作『魔術師と呼ばれた男』指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見たマーク・トウェイン

    推理小説においても指紋は探偵が犯人を突き止める有力な手がかりとして登場することが多い。最初に指紋を利用した推理小説はマーク・トウェインの『まぬけのウィルソン』といわれる。1907年にはオースティン・フリーマンが指紋偽造を扱った作品『赤い拇指紋』を発表し警察関係者からも注目された。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見た深堀骨

    深堀骨作『アマチャ・ズルチャ 柴刈天神前風土記』指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見たヨハン・マイヤー

    イギリスの医者、植物学者、顕微鏡学者ネヘミヤ・グルー(:en:Nehemiah Grew)は1684年に指と手のひらの溝構造に関する最初の論文を発表した。1685年にはオランダの解剖学者ゴバルト・ビドロー(:en:Govert Bidloo)とイタリアの医者マルチェロ・マルピーギは溝構造の解剖学的特徴に関する本を出版した。1788年にドイツの解剖学者ヨハン・マイヤーは指紋が個人の識別に有用だと指摘した。1823年にプリスロー大学の解剖学者ヤン・プルキニェは9種の指紋のパターンについて議論したが、個人の識別には言及しなかった。1853年にドイツのゲオルク・フォン・マイスナー(:de:Georg Meissner)は指紋と摩擦の関係について研究した。1880年に天文学者ジョン・ハーシェルの息子ウィリアム・ジェームス・ハーシェル(William James Herschel)はインド総督府に在籍中に世界で初めて指紋の採取を行った。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見たフランシス・ゴルトン

    1892年にフランシス・ゴルトンは指紋の分析と識別に関する詳細な統計モデルを公表し、著書『フィンガープリント』で法科学に使用するよう提唱した。ゴルトンの指紋研究を学んだアルゼンチンの警察官ファン・ブセティッチ(:en:Juan Vucetich)は初めて犯罪捜査に指紋を利用した。彼はフランシス・ロハス(:en:Francisca Rojas)が犯行現場の血痕の中に残した指紋が彼女の物以外ではあり得ないと示し、ロハスは殺人で有罪となった。1897年にインドで初めて指紋を扱う部局が設置され、指紋が犯罪記録の管理に用いられた。1901年にはこの制度がスコットランドヤードにも持ち込まれ、イングランドとウェールズで指紋を用いた犯罪捜査が始まった。指紋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
101件中 1 - 10件表示