前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示
  • 指紋

    指紋から見た江戸川乱歩

    三重渦状紋(さんじゅうかじょうもん):一つの指紋の中に三つの渦が巻かれているという想像上の指紋。江戸川乱歩が推理小説『悪魔の紋章』において創作した。北園龍子という女性の指だけに存在する事になっている。乱歩の影響を受けた次の作品にも登場する。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見たアルミニウム

    アルミニウムの粉末などを用いる。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見たテレビ朝日

    テレビ朝日系『土曜ワイド劇場』江戸川乱歩の美女シリーズ第3作「死刑台の美女」指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見た道満晴明

    道満晴明作『魔術師と呼ばれた男』指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見たオースティン・フリーマン

    推理小説においても指紋は探偵が犯人を突き止める有力な手がかりとして登場することが多い。最初に指紋を利用した推理小説はマーク・トウェインの『まぬけのウィルソン』といわれる。1907年にはオースティン・フリーマンが指紋偽造を扱った作品『赤い拇指紋』を発表し警察関係者からも注目された。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見たマーク・トウェイン

    推理小説においても指紋は探偵が犯人を突き止める有力な手がかりとして登場することが多い。最初に指紋を利用した推理小説はマーク・トウェインの『まぬけのウィルソン』といわれる。1907年にはオースティン・フリーマンが指紋偽造を扱った作品『赤い拇指紋』を発表し警察関係者からも注目された。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見た深堀骨

    深堀骨作『アマチャ・ズルチャ 柴刈天神前風土記』指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見たヤン・エヴァンゲリスタ・プルキニェ

    イギリスの医者、植物学者、顕微鏡学者ネヘミヤ・グルーは1684年に指と手のひらの溝構造に関する最初の論文を発表した。1685年にはオランダの解剖学者ゴバルト・ビドローとイタリアの医者マルチェロ・マルピーギは溝構造の解剖学的特徴に関する本を出版した。1788年にドイツの解剖学者ヨハン・マイヤーは指紋が個人の識別に有用だと指摘した。1823年にプリスロー大学の解剖学者ヤン・プルキニェは9種の指紋のパターンについて議論したが、個人の識別には言及しなかった。1853年にドイツのゲオルグ・フォン・マイスナーは指紋と摩擦の関係について研究した。1880年に天文学者ジョン・ハーシェルの息子ウィリアム・ジェームス・ハーシェルはインド総督府に在籍中に世界で初めて指紋の採取を行った。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見たエドワード・シルベスター・モース

    彼は日本人が拇印を利用して個人の同一性確認を行っている事に興味を持った。また1877年にモース博士により発見された大森貝塚から出土した数千年前の土器に付着した古代人の指紋が現代人のものと変わらない事に感銘を受け、指紋の研究を始めたといわれている。フォールズの研究は日本滞在中に行われ、発表も日本からイギリスへ論文を発送して行われている。このためフォールズの居住地跡には彼の業績を記念して「指紋研究発祥之地」の記念碑が建てられている。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見たジョン・ハーシェル

    イギリスの医者、植物学者、顕微鏡学者ネヘミヤ・グルーは1684年に指と手のひらの溝構造に関する最初の論文を発表した。1685年にはオランダの解剖学者ゴバルト・ビドローとイタリアの医者マルチェロ・マルピーギは溝構造の解剖学的特徴に関する本を出版した。1788年にドイツの解剖学者ヨハン・マイヤーは指紋が個人の識別に有用だと指摘した。1823年にプリスロー大学の解剖学者ヤン・プルキニェは9種の指紋のパターンについて議論したが、個人の識別には言及しなかった。1853年にドイツのゲオルグ・フォン・マイスナーは指紋と摩擦の関係について研究した。1880年に天文学者ジョン・ハーシェルの息子ウィリアム・ジェームス・ハーシェルはインド総督府に在籍中に世界で初めて指紋の採取を行った。指紋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示