101件中 11 - 20件表示
  • 指紋

    指紋から見たマルチェロ・マルピーギ

    イギリスの医者、植物学者、顕微鏡学者ネヘミヤ・グルー(:en:Nehemiah Grew)は1684年に指と手のひらの溝構造に関する最初の論文を発表した。1685年にはオランダの解剖学者ゴバルト・ビドロー(:en:Govert Bidloo)とイタリアの医者マルチェロ・マルピーギは溝構造の解剖学的特徴に関する本を出版した。1788年にドイツの解剖学者ヨハン・マイヤーは指紋が個人の識別に有用だと指摘した。1823年にプリスロー大学の解剖学者ヤン・プルキニェは9種の指紋のパターンについて議論したが、個人の識別には言及しなかった。1853年にドイツのゲオルク・フォン・マイスナー(:de:Georg Meissner)は指紋と摩擦の関係について研究した。1880年に天文学者ジョン・ハーシェルの息子ウィリアム・ジェームス・ハーシェル(William James Herschel)はインド総督府に在籍中に世界で初めて指紋の採取を行った。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見たオースティン・フリーマン

    推理小説においても指紋は探偵が犯人を突き止める有力な手がかりとして登場することが多い。最初に指紋を利用した推理小説はマーク・トウェインの『まぬけのウィルソン』といわれる。1907年にはオースティン・フリーマンが指紋偽造を扱った作品『赤い拇指紋』を発表し警察関係者からも注目された。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見たヤン・エヴァンゲリスタ・プルキニェ

    イギリスの医者、植物学者、顕微鏡学者ネヘミヤ・グルー(:en:Nehemiah Grew)は1684年に指と手のひらの溝構造に関する最初の論文を発表した。1685年にはオランダの解剖学者ゴバルト・ビドロー(:en:Govert Bidloo)とイタリアの医者マルチェロ・マルピーギは溝構造の解剖学的特徴に関する本を出版した。1788年にドイツの解剖学者ヨハン・マイヤーは指紋が個人の識別に有用だと指摘した。1823年にプリスロー大学の解剖学者ヤン・プルキニェは9種の指紋のパターンについて議論したが、個人の識別には言及しなかった。1853年にドイツのゲオルク・フォン・マイスナー(:de:Georg Meissner)は指紋と摩擦の関係について研究した。1880年に天文学者ジョン・ハーシェルの息子ウィリアム・ジェームス・ハーシェル(William James Herschel)はインド総督府に在籍中に世界で初めて指紋の採取を行った。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見たエドワード・シルベスター・モース

    彼は日本人が拇印を利用して個人の同一性確認を行っている事に興味を持った。また1877年にモース博士により発見された大森貝塚から出土した数千年前の土器に付着した古代人の指紋が現代人のものと変わらない事に感銘を受け、指紋の研究を始めたといわれている。フォールズの研究は日本滞在中に行われ、発表も日本からイギリスへ論文を発送して行われている。このためフォールズの居住地跡には彼の業績を記念して「指紋研究発祥之地」の記念碑が建てられている。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見たジョン・ハーシェル

    イギリスの医者、植物学者、顕微鏡学者ネヘミヤ・グルー(:en:Nehemiah Grew)は1684年に指と手のひらの溝構造に関する最初の論文を発表した。1685年にはオランダの解剖学者ゴバルト・ビドロー(:en:Govert Bidloo)とイタリアの医者マルチェロ・マルピーギは溝構造の解剖学的特徴に関する本を出版した。1788年にドイツの解剖学者ヨハン・マイヤーは指紋が個人の識別に有用だと指摘した。1823年にプリスロー大学の解剖学者ヤン・プルキニェは9種の指紋のパターンについて議論したが、個人の識別には言及しなかった。1853年にドイツのゲオルク・フォン・マイスナー(:de:Georg Meissner)は指紋と摩擦の関係について研究した。1880年に天文学者ジョン・ハーシェルの息子ウィリアム・ジェームス・ハーシェル(William James Herschel)はインド総督府に在籍中に世界で初めて指紋の採取を行った。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見た平沼騏一郎

    個々人で紋様が異なるという特徴から指紋は犯罪捜査や個人認証として利用されている。日本では1908年(明治41年)の司法官僚である平沼騏一郎の報告書に基づいて、1911年(明治44年)に警視庁が指紋制度を採用した。日本においては、江戸時代より「証文における署名・捺印」と同じ意味を持つ物として拇印が採用されていた。すなわち、日本は昔から「指紋による個人特定」を認識していたと言える。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見たコアラ

    ゴリラやチンパンジーを含め多くの霊長類に見られるように湿潤な状態で物を掴んだり登ったりするような生活様式を営む動物種は独自に指紋を発達させてきた。オーストラリアに生息するコアラや北米に生息する水棲哺乳動物でありイタチ科イタチ属の一種であるフィッシャーでも指紋が認められる。ある研究によると、ヒトとコアラの指紋は電子顕微鏡を用いても判別が困難であるという。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見た日本人

    遺伝子が同じ一卵性双生児同士であっても指紋は異なるが指紋の特徴は遺伝するものであり、人種や地域毎に紋様の出現比率が異なる。日本人の中で最も多く見られる紋様は渦状紋である。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見たアメリカ同時多発テロ事件

    アメリカ合衆国はアメリカ同時多発テロ事件以降に安全保障の強化を目的として、入国時における顔写真撮影と指紋採取を義務付けるUS-VISITを導入した。ブラジル政府はこの方針への対抗処置としてアメリカ人観光客に対して指紋採取を求めるなど外交問題に発展した。日本でも2007年11月20日から入国審査で指紋採取・顔写真撮影を義務化するJ-BISが導入された。初日には過去に不法滞在などで強制送還となった人物など5名が入国を認められなかった。指紋 フレッシュアイペディアより)

  • 指紋

    指紋から見た警察官

    1892年にフランシス・ゴルトンは指紋の分析と識別に関する詳細な統計モデルを公表し、著書『フィンガープリント』で法科学に使用するよう提唱した。ゴルトンの指紋研究を学んだアルゼンチンの警察官ファン・ブセティッチ(:en:Juan Vucetich)は初めて犯罪捜査に指紋を利用した。彼はフランシス・ロハス(:en:Francisca Rojas)が犯行現場の血痕の中に残した指紋が彼女の物以外ではあり得ないと示し、ロハスは殺人で有罪となった。1897年にインドで初めて指紋を扱う部局が設置され、指紋が犯罪記録の管理に用いられた。1901年にはこの制度がスコットランドヤードにも持ち込まれ、イングランドとウェールズで指紋を用いた犯罪捜査が始まった。指紋 フレッシュアイペディアより)

101件中 11 - 20件表示