50件中 11 - 20件表示
  • 園田学園女子大学

    園田学園女子大学から見た捕鯨問題捕鯨問題

    浜口尚 - 短期大学部生活文化学科准教授、捕鯨問題研究園田学園女子大学 フレッシュアイペディアより)

  • 浜口尚

    浜口尚から見た捕鯨問題捕鯨問題

    浜口 尚(はまぐち ひさし、1955年 - )は、文化人類学者、園田学園女子大学短期大学部生活文化学科教授、関西学院大学などの非常勤講師。小松正之や丹野大と並ぶ、日本の捕鯨問題における論壇の第一人者であり、捕鯨再開推進の立場を取る。「そのだインターネットキャンパス」では公開講座「捕鯨文化論入門」を、関西学院大学では「地域・生活・環境特論B 「捕鯨文化の比較考察」」(2005年度)を担当している。浜口尚 フレッシュアイペディアより)

  • 小松正之

    小松正之から見た捕鯨問題捕鯨問題

    尚、小松が主に著書で指摘する「鯨食害論」については、科学的に必ずしも正しいとはいえないという指摘がされている。小松正之 フレッシュアイペディアより)

  • 熊野灘

    熊野灘から見た捕鯨問題捕鯨問題

    太地町は捕鯨の町として知られる。捕鯨問題によって大規模な捕鯨が禁じられている現在も調査捕鯨の船舶が寄航する。また町内にはくじらの博物館があるほか、鯨料理を出す飲食店が多い。熊野灘 フレッシュアイペディアより)

  • 北大西洋海産哺乳動物委員会

    北大西洋海産哺乳動物委員会から見た捕鯨問題捕鯨問題

    1970年代より高まった反捕鯨運動は1982年、国際捕鯨委員会(IWC)による商業捕鯨一時停止の決定(商業捕鯨モラトリアム)を勝ち取る事によってその成果を挙げた。しかしそれ以降も捕鯨国家に対する批判は消えること無く続き、IWCメンバーは捕鯨支持勢力と反捕鯨支持勢力に二極化し、本来の目的である資源管理機関としての機能が麻痺する事態に陥った。このため、北大西洋諸国は1986年ごろより日本やソビエト連邦などとともにIWCの正常化運用に向けた努力を続ける一方で、新しい管理委員会設立を模索しはじめ、1992年、それまで唯一のクジラ資源管理機関であったIWCに続く、第二のクジラ資源管理機関であるNAMMCOが発足した。北大西洋海産哺乳動物委員会 フレッシュアイペディアより)

  • トニー・アボット

    トニー・アボットから見た捕鯨問題捕鯨問題

    保守的なカトリック教徒としても知られ、胚性幹細胞の研究や人工妊娠中絶に反対し、君主制存続を主張している。外交政策ではラッド政権下で険悪化した日本との関係強化を打ち出している一方、捕鯨問題では強硬姿勢を掲げており、政治問題化を回避させていたハワード政権とは一線を画す姿勢を見せている。トニー・アボット フレッシュアイペディアより)

  • ライオンネイサン

    ライオンネイサンから見た捕鯨問題捕鯨問題

    なお2008年以降、捕鯨問題をめぐる日豪間の衝突により、日本企業(キリンホールディングス)傘下にある当社製品のボイコットが発生している。また同社のライバルビール会社もテレビCMを通じてボイコットを促すメッセージを流しており、キリングループのオセアニア戦略に悪影響を与える可能性がある。ライオンネイサン フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木庸一 (外交官)

    鈴木庸一 (外交官)から見た捕鯨問題捕鯨問題

    その後2008年に外務省経済局長に就任し、G8サミット(主要国首脳会議)、WTO(世界貿易機関)、OECD(経済協力開発機構)、IMF(国際通貨基金)、世界銀行、UNCTAD(国連貿易開発会議)等への積極的な参画や、FTA(自由貿易協定)、EPA(経済連携協定)、APEC(アジア太平洋経済協力)、ASEM(アジア欧州会合)、ASEAN+3(東南アジア諸国連合+日本、中国、韓国)による経済関係の拡充、エネルギー、食料、海洋、漁業等の総合安全保障や捕鯨問題等、日本における対外経済関係に関する外交政策を広く担当。鈴木庸一 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 日下公人

    日下公人から見た捕鯨問題捕鯨問題

    日本はオーストラリアに行って鉱山の権利を買っているが、権利だけ買って軍隊のにらみがきいていないと没収されかねない。海外の資産を没収されないためには、核を持つことが一番安上がりで効果は絶大だ、と私は言っている。「持つぞ」と言うだけでも相手国を揺さぶれる。シーシェパードを追い払うために日本は至急軍事力を見せねばならない。さもないと、捕鯨問題は牛肉にも鉄鉱石にも波及する。日下公人 フレッシュアイペディアより)

  • 乱獲

    乱獲から見た捕鯨問題捕鯨問題

    ほか、食料資源や燃料(照明用や機械油)・工業原料としてクジラは積極的に捕獲され、消費されていった。しかし連綿と続いた捕鯨の歴史は、産業化されて以降に急速にその技術が発達、需要の増大にも絡んで過剰に捕獲してしまうようになり、数世紀にも及ぶ捕鯨産業は20世紀に入って資源保護の観点もあって国際的にほぼ全面禁止され、調査捕鯨や少数民族の伝統捕鯨以外は行えないようになった(→捕鯨問題)。乱獲 フレッシュアイペディアより)

50件中 11 - 20件表示

「捕鯨問題」のニューストピックワード