43件中 31 - 40件表示
  • シーシェパード

    シーシェパードから見た捕鯨問題捕鯨問題

    オーストラリア国内にも捕鯨問題とシーシェパードは切り離して考えるべきだという意見があり、豪紙オーストラリアンは2010年1月の記事でシーシェパードの活動を傲慢であり理不尽だと非難し、マスコミにシーシェパードを奨励してはならないと呼びかけた。また、2011年1月、オーストラリアのジュリア・ギラード首相は日本の調査捕鯨の妨害行為を行う同団体に対して警告を発した。シーシェパード フレッシュアイペディアより)

  • 園田学園女子大学

    園田学園女子大学から見た捕鯨問題捕鯨問題

    浜口尚 - 短期大学部生活文化学科准教授、捕鯨問題研究園田学園女子大学 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ハワード

    ジョン・ハワードから見た捕鯨問題捕鯨問題

    二期目においてはGSTと呼ばれる新税の導入を行い、東ティモール問題に積極的に関与した。2001年8月に発生したアフガニスタン難民問題では、背景の複雑な事情もあり、受入れに反対している。その後、移民政策を厳格にしている。2001年に政権の座についた、米国のジョージ・ウォーカー・ブッシュ大統領とはもっとも近しい間柄で、京都議定書脱退に踏み切った際には、いち早くそれを支持した。自ら「米国の副保安官」と称するほどである。また、同じ年に就任し、親米・新自由主義政策を共有する日本の小泉純一郎前首相とも関係を深め、日本の国連・常任理事国入りに賛意を示し、靖国神社参拝にも一定の理解を示している。小泉の後を継いだ安倍晋三政権とも関係を深め、2007年3月の日豪首脳会談では安全保障協力に関する日豪共同宣言に署名している。同年6月には日豪外務・防衛トップによる2プラス2が東京で開かれている。その際、訪日したブレンダン・ネルソン国防相は日米が共同開発を進めるミサイル防衛への参画意思を示している。また、捕鯨問題においても、日本との友好関係重視の観点から政治問題化を回避させる政策をとっていた。ジョン・ハワード フレッシュアイペディアより)

  • クジラ

    クジラから見た捕鯨問題捕鯨問題

    捕鯨問題の鯨食害論も参照。クジラ フレッシュアイペディアより)

  • 大平正芳

    大平正芳から見た捕鯨問題捕鯨問題

    訪米の折、当時日米間の懸案となっていた捕鯨問題に関して記者から質問された際、「鯨は大きすぎて、私の手には負えません」と答えて記者たちを大笑いさせ、その質問は立ち消えとなり、また国会での野党の質問に答える際、「私はあーうーですから」といってその場を和ませてから答弁をすることもあり、ユーモアを交えながら場の雰囲気を掴んで和らげる手腕に長けていた。大平正芳 フレッシュアイペディアより)

  • ミニ国家

    ミニ国家から見た捕鯨問題捕鯨問題

    また、ミニ国家であっても国際機関においては一国家(表決において1票)として扱われることから表決を左右することがあり、意見が対立している局面においてその票の行方を読むことは外交戦略において重要な要素である。例えば捕鯨問題における国際捕鯨委員会の表決の例がある。1965年にウ・タント国連事務総長はミニ国家が国連に加盟を希望するにあたり、与えられる1票に比して、その果たしうる役割(たとえば国連予算の分担金)が小さいことについて検討を要すると表明した。国連総会において同じ1票を有する中華人民共和国とセーシェルの人口の差は1976年時点で16,000倍だった。ミニ国家 フレッシュアイペディアより)

  • いじめ

    いじめから見た捕鯨問題捕鯨問題

    ニュージーランドでは、アジア系移民を標的にした人種差別によるいじめも多発している。2009年、日系ニュージーランド人の14歳の少年が「クジラ喰い」と因縁をつけられ、集団で抱え上げて地面に落とすなどの暴行を加えられ、脳障害を伴う重傷を負った事件が発生した。いじめ フレッシュアイペディアより)

  • ジャップ

    ジャップから見た捕鯨問題捕鯨問題

    という語は、アメリカ合衆国のみにおいて蔑称として使われていると思われがちであるが、同じ英語圏のオーストラリアにおいても、蔑称として使われる事例がある。近年、オーストラリアは捕鯨問題をめぐって日本を特に強く非難している国のひとつであり、オーストラリアにおける反捕鯨運動の盛り上がりに便乗する形で挑発的なスローガンで知られるケアンズのレンタカー会社「」がキャンピング・カーに「」(クジラを救え、ジャップ(一匹)に銛を打ち込め)という反捕鯨スローガンを掲げるということが起きた。ジャップ フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ラッド

    ケビン・ラッドから見た捕鯨問題捕鯨問題

    就任1年目で最多の20ヶ国を歴訪。しかし、2008年4月の外遊時には日本が訪問先に含まれていなかったために日本軽視との批判を受けた。直後の同年6月に初めて日本を公式訪問する。日本では最初に広島を訪れている。また、この日本訪問時に「アジア太平洋共同体」構想を提唱している。日豪関係については、捕鯨問題の外交問題化や、中国が反発する日米豪印対話や日豪共同宣言条約化の先送りといった問題が発生した。ケビン・ラッド フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た捕鯨問題捕鯨問題

    シーシェパードによる日本の捕鯨活動に対する抗議など捕鯨問題で日本が欧米から非難される。平成 フレッシュアイペディアより)

43件中 31 - 40件表示