50件中 31 - 40件表示
  • 雲の上の虚構船

    雲の上の虚構船から見た捕鯨問題捕鯨問題

    フジテレビのバラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』のコーナー「新?食わず嫌い王決定戦」のパロディ。捕鯨問題を扱う。雲の上の虚構船 フレッシュアイペディアより)

  • 富田の鯨船行事

    富田の鯨船行事から見た捕鯨問題捕鯨問題

    鯨船行事の実施と鯨船に乗るのは男性のみの女人禁制の伝統がある。女人禁制に反対するフェミニズム団体による抗議や、捕鯨問題で捕鯨に反対する外国のシーシェパードなどの反捕鯨団体が特にこの富田の鯨船行事の実施に対して抗議した事はない。富田の鯨船行事 フレッシュアイペディアより)

  • ジャップ

    ジャップから見た捕鯨問題捕鯨問題

    Jap という語はアメリカのみにおいて蔑称として使われていると思われがちであるが、同じ英語圏のオーストラリアにおいても蔑称として使われる事例がある。近年、オーストラリアは捕鯨問題をめぐって日本を特に強く非難している国のひとつであり、オーストラリアにおける反捕鯨運動の盛り上がりに便乗する形で挑発的なスローガンで知られるケアンズのレンタカー会社「Wicked Campers」がキャンピング・カーに「SAVE A WHALE, HARPOON A JAP」(クジラを救え、ジャップ(一匹)に銛を打ち込め)という反捕鯨スローガンを掲げるということが起きた。ジャップ フレッシュアイペディアより)

  • エコテロリズム

    エコテロリズムから見た捕鯨問題捕鯨問題

    「エコテロリスト」という言葉の定義についてはしばしば論争の的となっているが、欧米の団体において顕著な市民的不服従の延長線上の活動として自組織の目的達成の為の暴力的な行為や破壊行為を実行する環境保護団体に対する蔑称として用いられる事が多い。もっとも、この問題に関わる環境保護と動物愛護、動物福祉、動物の権利(アニマルライツ)の区別は特に日本においては成されておらず、その主張や団体の意義も混同され、根本的に理解されているとはいえない。事例としては2006年1月8日、南極海において捕鯨問題をめぐって対立している日本鯨類研究所とグリーンピースとの間での応酬があげられる。鯨類研究所の調査捕鯨の実施と、それに対するグリーンピースの抗議行動のさなかに発生した、調査捕鯨母船「日新丸」とグリーンピースのキャンペーン船「アークティック・サンライズ」の接触事故に関して、日本鯨類研究所側がグリーンピースを非難するプレスリリースの中でこの言葉を使っている。なお、この接触事故に関しては、双方共にビデオ・写真を公開して事件の説明をしているが、双方が「相手にぶつけられた」と主張しており、見解は対立している(日本鯨類研究所は、日新丸は他船に貨物を移し替える為停船していたと主張している)。2005年、アメリカ自由人権協会(ACLU)が情報公開法に基づいて入手した米国連邦捜査局(FBI)の資料から、FBIがACLUと並んでグリーンピースや動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)を監視対象にしていたことが分かり、ACLUは、通常の政治活動に携わっている人々にまで国内テロリズムの定義を拡大していると抗議した。2010年、アメリカ合衆国司法省は、2001年から2006年まで続いたFBIによるグリーンピースやPETAなどの環境保護団体メンバーの監視は正当ではなかったとする文書を公表し、FBIを批判した。また、日本政府調査捕鯨対策として武装した特殊警備隊が乗船している事を非公式に表明した。エコテロリズム フレッシュアイペディアより)

  • シーシェパード

    シーシェパードから見た捕鯨問題捕鯨問題

    オーストラリア国内にも捕鯨問題とシーシェパードは切り離して考えるべきだという意見があり、豪紙オーストラリアンは2010年1月の記事でシーシェパードの活動を傲慢であり理不尽だと非難し、マスコミにシーシェパードを奨励してはならないと呼びかけた。また、2011年1月、オーストラリア首相のジュリア・ギラードは日本の調査捕鯨の妨害行為を行う同団体に対して警告を発した。シーシェパード フレッシュアイペディアより)

  • 小松錬平

    小松錬平から見た捕鯨問題捕鯨問題

    1989年の退社後は、神奈川新聞の客員論説委員を歴任。並行して、早くから関心を持っていた捕鯨問題に本格的に取り組み、日本鯨類研究所評議員を務めながら、活発な執筆・講演などの活動を続けている。また、随筆の通信講座の講師業も引き受けている。小松錬平 フレッシュアイペディアより)

  • 太地町

    太地町から見た捕鯨問題捕鯨問題

    太地が再び捕鯨の町となるのは25年ほど経った日露戦争後のことである。近代的な大資本による捕鯨基地として多くの船で賑わい、鯨体の処理場や鯨を缶詰にする工場もできたため太地は再び捕鯨に依存するようになった。遠洋捕鯨船の乗組員としても、多くの太地町の出身者が活躍した。ゴンドウクジラなどを対象とし、捕鯨銃を使う沿岸捕鯨も明治時代の末には非常に盛んになった。北日本沖でミンククジラを対象として操業する沿岸捕鯨の拠点でもあった。しかし、遠洋捕鯨は、資源の枯渇などから国際捕鯨委員会(IWC)を中心とした規制が進み、最終的には商業捕鯨モラトリアムにより、資源状態に関わらず全面停止となった。これにより1988年(昭和63年)には太地でも、沿岸のミンククジラ漁を含むヒゲクジラ商業捕鯨が中断されるに至った。以後は、ゴンドウクジラなどを捕獲する小型捕鯨業と、イルカ追い込み漁などのイルカ漁業だけが行われており、イルカ追い込み漁に関しては他地域での衰退もあり、日本国内で大規模な追い込み漁が実施されている唯一の町でもある。しかし、残された日本の捕鯨に対する風当たりも強い(捕鯨問題)。太地町 フレッシュアイペディアより)

  • 6月25日

    6月25日から見た捕鯨問題捕鯨問題

    1976年 - 捕鯨問題: 国際捕鯨委員会がシロナガスクジラ捕獲禁止を含む捕鯨枠の大幅減少を決定。6月25日 フレッシュアイペディアより)

  • 油

    から見た捕鯨問題捕鯨問題

    鯨油(詳しくは「捕鯨問題」「蝋」「クジラ」参照のこと) フレッシュアイペディアより)

  • スナッチャー

    スナッチャーから見た捕鯨問題捕鯨問題

    捕鯨問題に配慮してギブスンがアウターヘブンで食べた物が鯨肉から水牛に変更。スナッチャー フレッシュアイペディアより)

50件中 31 - 40件表示

「捕鯨問題」のニューストピックワード