1 2 3 4 5 次へ
43件中 41 - 43件表示
  • 6月25日

    6月25日から見た捕鯨問題捕鯨問題

    1976年 - 捕鯨問題: 国際捕鯨委員会がシロナガスクジラ捕獲禁止を含む捕鯨枠の大幅減少を決定。6月25日 フレッシュアイペディアより)

  • エコテロリズム

    エコテロリズムから見た捕鯨問題捕鯨問題

    「エコテロリスト」という言葉の定義についてはしばしば論争の的となっているが、目的達成の為の暴力的な行為や破壊行為を実行する環境保護団体に対する蔑称として用いられる事が多い。もっとも、この問題に関わる環境保護と動物愛護、動物福祉、動物の権利(アニマルライツ)の区別は特に日本においては成されておらず、その主張や団体の意義も混同され、根本的に理解されているとはいえない。事例としては2006年1月8日、南極海において捕鯨問題をめぐって対立している日本鯨類研究所とグリーンピースとの間での応酬があげられる。鯨類研究所の調査捕鯨の実施と、それに対するグリーンピースの抗議行動のさなかに発生した、調査捕鯨母船「日新丸」とグリーンピースのキャンペーン船「アークティック・サンライズ」の接触事故に関して、日本鯨類研究所側がグリーンピースを非難するプレスリリースの中でこの言葉を使っている。なお、この接触事故に関しては、双方共にビデオ・写真を公開して事件の説明をしているが、双方が「相手にぶつけられた」と主張しており、見解は対立している(日本鯨類研究所は、日新丸は他船に貨物を移し替える為停船していたと主張している)。2005年、アメリカ自由人権協会 (ACLU) が情報公開法に基づいて入手した米国連邦捜査局 (FBI) の資料から、FBIがACLUと並んでグリーンピースや動物の倫理的扱いを求める人々の会 (PETA) を監視対象にしていたことが分かり、ACLUは、通常の政治活動に携わっている人々にまで国内テロリズムの定義を拡大していると抗議した。2010年、アメリカ合衆国司法省は、2001年から2006年まで続いたFBIによるグリーンピースやPETAなどの環境保護団体メンバーの監視は正当ではなかったとする文書を公表し、FBIを批判した。エコテロリズム フレッシュアイペディアより)

  • 筑紫哲也 NEWS23

    筑紫哲也 NEWS23から見た捕鯨問題捕鯨問題

    北朝鮮関連、日本人拉致事件関連の報道や捕鯨問題については慎重に、他方、日本国憲法の改正(主に護憲の立場から)、自衛隊問題、基地問題など沖縄に関するニュース、靖国神社にまつわる靖国神社問題については、時間を多く割いて報道する傾向にあると批判され続けた。筑紫哲也 NEWS23 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
43件中 41 - 43件表示