1 2 3 4 5 次へ
50件中 41 - 50件表示
  • 大平正芳

    大平正芳から見た捕鯨問題捕鯨問題

    訪米の折、当時日米間の懸案となっていた捕鯨問題に関して記者から質問された際、「鯨は大きすぎて、私の手には負えません」と答えて記者たちを大笑いさせ、その質問は立ち消えとなり、また国会での野党の質問に答える際、「私はあーうーですから」といってその場を和ませてから答弁をするなど、ユーモアを交えながら場の雰囲気を掴んで和らげる手腕に長けていた。大平正芳 フレッシュアイペディアより)

  • 筑紫哲也 NEWS23

    筑紫哲也 NEWS23から見た捕鯨問題捕鯨問題

    番組の内容については筑紫の「君臨すれど統治せず」の姿勢により、筑紫や編集担当者が関心のあるテーマを重視する傾向にあるとされ、その事が番組で取り上げる内容の傾向に偏りがある、と批判の対象となった。北朝鮮関連、拉致問題関連の報道や捕鯨問題については慎重に、他方、憲法改正(主に護憲の立場から)、自衛隊問題、基地問題など沖縄に関するニュース、靖国神社問題については時間を多く割いて報道する傾向にあると指摘され続けた。筑紫哲也 NEWS23 フレッシュアイペディアより)

  • 世界自然保護基金

    世界自然保護基金から見た捕鯨問題捕鯨問題

    WWFはグリーンピースと並ぶ反捕鯨運動の代表的団体であり、捕鯨問題に関しては扇情的なアピール活動を行い、豊富に生息しているクロミンククジラであっても絶滅危惧種と一緒くたに捕鯨を認めない立場をとり、一種の象徴としてクジラを扱うようになったのではないかとの見方がある。ただし、WWF日本支部の会報においては個体数が多い種類を徹底した管理の上で捕る事は可能であるという旨の見解を載せており、2002年には、下関におけるIWC総会の直前に、WWFジャパンはある程度の捕鯨を認めた上での対話宣言を出している。世界自然保護基金 フレッシュアイペディアより)

  • 右翼団体

    右翼団体から見た捕鯨問題捕鯨問題

    更に日本や東洋の文化伝統や歴史を重視する保守主義や民族主義の立場からは、欧米型の個人主義・民主主義・自由主義などを批判し、近代化や、男女平等や死刑問題などの人権問題、捕鯨問題や環境保護運動、これらを含む教育問題などで、アメリカ合衆国・欧州連合・オーストラリア・ニュージーランドなどの欧米諸国や、その立場を反映しているとして国際連合や各種の非政府組織などを批判する立場もある。また宗教面ではキリスト教やイスラム教などの唯一神教に対し、多神教の神道や、あるいは仏教・儒教などの優位点を主張する立場もある。右翼団体 フレッシュアイペディアより)

  • ケアンズ

    ケアンズから見た捕鯨問題捕鯨問題

    一方で、オーストラリアにおける反捕鯨運動の盛り上がりとともに反日感情の増大が一部で見られ、レンタカー会社が、キャンピング・カーに反捕鯨スローガンを掲げるということが起きた。ケアンズ フレッシュアイペディアより)

  • いじめ

    いじめから見た捕鯨問題捕鯨問題

    2009年、日系ニュージーランド人の14歳の少年が「クジラ喰い」と因縁をつけられ、集団で抱え上げて地面に落とすなどの暴行を加えられ、脳障害を伴う重傷を負った事件が発生した。いじめ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ハワード

    ジョン・ハワードから見た捕鯨問題捕鯨問題

    二期目においてはGSTと呼ばれる新税の導入を行い、東ティモール問題に積極的に関与した。2001年8月に発生したアフガニスタン難民問題では、背景の複雑な事情もあり、受入れに反対している。その後、移民政策を厳格にしている。2001年に政権の座についた、米国のジョージ・ウォーカー・ブッシュ大統領とはもっとも近しい間柄で、京都議定書脱退に踏み切った際には、いち早くそれを支持した。自ら「米国の副保安官」と称するほどである。また、同じ年に就任し、親米・新自由主義政策を共有する日本の小泉純一郎前首相とも関係を深め、日本の国連・常任理事国入りに賛意を示し、靖国神社参拝にも一定の理解を示している。小泉の後を継いだ安倍晋三政権とも関係を深め、2007年3月の日豪首脳会談では安全保障協力に関する日豪共同宣言に署名している。同年6月には日豪外務・防衛トップによる2プラス2が東京で開かれている。その際、訪日したブレンダン・ネルソン国防相は日米が共同開発を進めるミサイル防衛への参画意思を示している。また、捕鯨問題においても、日本との友好関係重視の観点から政治問題化を回避させる政策をとっていた。ジョン・ハワード フレッシュアイペディアより)

  • アナキズム

    アナキズムから見た捕鯨問題捕鯨問題

    1999年のシアトルでの国際サミット以降の反グローバリゼーション・反グローバル資本主義運動にはアナキズムとの思想的類似性が見られる。また、メキシコのNAFTA体制により悲惨な生活状況を送っていた先住民が多く住むチアパスにて、アナキズム的傾向を帯びたサパティスタ民族解放軍がメキシコ政府に叛乱を起こし話題になった。この様な例に見られるように、地域主義・地域共同体を支える立場としてのパトリオティズム(愛郷主義)とアナキストの考える中間集団主義はともに同じローカルな自律的相互扶助に基づく分権的再配分を行う共同体という意味で同じであるが、アナキストは国家や国境の廃絶を願う者として基本的に反パトリオットである。歴史的にもアナキストはパトリオットと常に闘っていた。またオーストラリアの反捕鯨運動もアナキズムの流れを汲む。アナキズム フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た捕鯨問題捕鯨問題

    シーシェパードによる日本の捕鯨活動に対する抗議など捕鯨問題で日本が欧米から非難される。平成 フレッシュアイペディアより)

  • スタートレックIV 故郷への長い道

    スタートレックIV 故郷への長い道から見た捕鯨問題捕鯨問題

    捕鯨反対のプロパガンダ映画とも取れる内容であるが、劇中、カーク一行が捕鯨を妨害する漁船は日本の船ではなく、ノルウェーなどの日本以外では当時数少ない商業捕鯨推進国の船を想定した沿岸捕鯨船である。ヒロイン役のキャサリン・ヒックスは「劇中の船がもし日本の捕鯨船だったなら、日本人のインタビューには答えない」と劇場パンフレットの中で語っている。なお、実際にはザトウクジラは1960年代に商業捕鯨が禁止されている。スタートレックIV 故郷への長い道 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
50件中 41 - 50件表示

「捕鯨問題」のニューストピックワード