前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
175件中 1 - 10件表示
  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た川端裕人

    川端裕人 - 元NTVディレクター。南極海調査捕鯨に1シーズン同乗取材を行い、『クジラを捕って考えた』を上梓。イルカ漁に関する書籍『イルカとぼくらの微妙な関係』(のち『イルカと泳ぎ、イルカを食べる』に改題)も執筆している。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た丹野大

    丹野大 - 青森公立大学経営経済学部教授捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た小松正之

    小松正之 - 元国際捕鯨委員会日本代表代理、政策研究大学院大学教授捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た捕鯨

    基本的には、今後捕鯨を行うことに賛成か、反対かの対立構造がある。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た水銀

    人間・自然由来の海洋の化学物質が生態系ピラミッドの上位者であるクジラ類・イルカ類の体内に濃縮されること、特に、年齢を重ねるごとに脂溶性の物質が脂肪細胞に蓄積されることが、研究によって明らかになっている。その主たるものは、水銀および有機塩素系化合物(PCB等)である。生態系ピラミッドの上位である他のマグロやカジキなどの大型魚類についても同様の指摘があるが、哺乳類のクジラ類の寿命は長く、前述の通り年齢を重ねるごとに蓄積される汚染物質が多くなる為、その値はクジラ類ほど高くはない。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たグリーンピース (NGO)

    また、この問題は、日本の経済が好調であった時期に欧米諸国の自然保護団体を始め、彼らに同調した自動車産業団体や、農産物生産者等によって利用され、ジャパンバッシングに起因する反日運動の一つとして、過激な運動やパフォーマンスも行われた。また、反捕鯨の運動にも参入しているグリーンピースやシーシェパードといったNGOの活動船と日本やノルウェーなどの捕鯨船とのトラブル、特にシーシェパードの暴力的な示威活動はカナダ、デンマーク、日本、ワシントン州のインディアン部族であるマカー族に対して起こされ、近年は特に南極海での日本の調査捕鯨が問題視され、日本の捕鯨船との衝突は地理的に南極に近いオーストラリアと日本との国際関係をも左右したこともある。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たイルカ

    捕鯨問題(ほげいもんだい)とは、クジラおよびイルカの捕獲の是非に関する国際的な論争、摩擦問題である。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たジョン・C・リリー

    ジョン・カニンガム・リリー - アメリカ合衆国の脳科学者。幻覚剤を服用し、イルカの知性とコミュニケーションを研究した。また後世のイルカの研究家及び、鯨類の保護運動の人々にも深く影響を与えた。映画「ザ・コーヴ」のスタッフにも関連人物が多い。著書『人間とイルカ』『イルカと話す日』捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たハーマン・メルヴィル

    白鯨 - ハーマン・メルヴィルの小説。グレゴリー・ペックが主演で映画化もされている。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たグレゴリー・ペック

    白鯨 - ハーマン・メルヴィルの小説。グレゴリー・ペックが主演で映画化もされている。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
175件中 1 - 10件表示

「捕鯨問題」のニューストピックワード