175件中 11 - 20件表示
  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た大隅清治

    日本鯨類研究所は世界中の鯨類が食す餌(魚、オキアミ、端脚類、カイアシ類といった甲殻類、イカなどの軟体動物を包括する)の消費量は2.8?5億トンと推定。これは大隅清治と田村力が37種の鯨の基礎資源量に基づいて算出したものである。計算根拠等はIWCに報告され、また「Competition for food in the ocean: Man and other apical predators」」と題する論文としてFAOを通じてWEBでも公表されている。この量は世界中の人間による漁獲量9千万トンの3倍?6倍であるとした上で、鯨のみを保護する事によって海洋生態系に悪影響を与えると主張している。これがいわゆる「鯨食害論」である。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たマシュー・ペリー

    江戸時代末期になり、アメリカ・イギリスなどの諸国からの多数の捕鯨船が日本近海で活動した(この頃の遠洋捕鯨は「アメリカ式捕鯨」と呼ばれる帆船捕鯨。「白鯨」などで描写された)。その結果、日本近海でも鯨の個体数は激減し、日本の古式捕鯨は壊滅的打撃を受けた(なおペリーからの開国要求及び日米和親条約は当時日本沿岸で活動していた捕鯨船への補給も一因であり、小笠原諸島に居住している欧米系島民は、定着したアメリカ捕鯨船員の子孫)。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た下関市

    だが、2002年のIWC下関会議では、原住民生存捕鯨枠には反捕鯨国が含まれる一方で、日本に対しては捕獲枠がいっさい認められず、調査捕鯨も引き続き反捕鯨国からの非難の対象だったこと、また先住民には絶滅危惧種であるホッキョククジラなどの捕獲を認める一方で、日本に対しては絶滅の危機に直面しているわけではないクロミンククジラの捕獲も許さないという対応の差から、日本はこの要求に対して「反捕鯨国による二重基準である」と反発し、生存捕鯨の採択を否決に持ち込んだ。このため、生存捕鯨枠の運用は一時停止を余儀なくされた。ただし、日本が求める沿岸捕鯨は、日本の伝統捕鯨とは捕獲方法も対象鯨種も異なり、「原住民生存捕鯨」と同じカテゴリで認められる可能性はない。日本側も生存捕鯨ないしは「第三のカテゴリの捕鯨」であると主張していた。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た海洋

    大別すると「漁業による海洋の過剰搾取の問題」と「海洋の状況悪化による問題」とがある。また、派生的に「鯨食害論」という主張も捕鯨推進側から主張されている。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たイワシ

    また、「北太平洋のミンククジラ個体群がオキアミよりも、サンマやイワシなど群居性の中小型魚を多く捕食していたことは専門家にとっては古くからの常識であり一般向けの動物学啓蒙書籍にも広く記されていた事実だったにもかかわらず、最近になって調査捕鯨の成果として人間の食料になる魚類の大量捕食が判明したかのような広報がなされた」「鯨類の総バイオマス量が激減している以上、鯨類が消費する水産資源も激減しているはず」などが指摘されている。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た美味しんぼ

    美味しんぼ・激闘鯨合戦』(抜き刷りを捕鯨協会が配布している)捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た農産物生産者

    また、この問題は、日本の経済が好調であった時期に欧米諸国の自然保護団体を始め、彼らに同調した自動車産業団体や、農産物生産者等によって利用され、ジャパンバッシングに起因する反日運動の一つとして、過激な運動やパフォーマンスも行われた。また、反捕鯨の運動にも参入しているグリーンピースやシーシェパードといったNGOの活動船と日本やノルウェーなどの捕鯨船とのトラブル、特にシーシェパードの暴力的な示威活動はカナダ、デンマーク、日本、ワシントン州のインディアン部族であるマカー族に対して起こされ、近年は特に南極海での日本の調査捕鯨が問題視され、日本の捕鯨船との衝突は地理的に南極に近いオーストラリアと日本との国際関係をも左右したこともある。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たアシカ

    なお、古くから漁業者はアシカやトドなどの海洋哺乳類による食害について問題視し、沿岸に生息する小型ハクジラ類(イルカ)についても、漁業に害をもたらしているとの議論がある。具体的には、延縄漁業で針にかかった魚をイルカに横取りされるとか、操業海域にイルカが進入することで魚群が散ってしまうという「被害」が主張される。実際に、害獣駆除としてイルカ追い込み漁が実施された例も日本にある。これに対しては、動物の権利の立場から、競合するのは人間の漁業が過大な規模であるからだとの批判がされている。これらは鯨食害論とは別とされるものの、その見地の前提はこういった漁業者からの主張に基づく点もある(イルカ追い込み漁も参照)。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たシーシェパード

    また、この問題は、日本の経済が好調であった時期に欧米諸国の自然保護団体を始め、彼らに同調した自動車産業団体や、農産物生産者等によって利用され、ジャパンバッシングに起因する反日運動の一つとして、過激な運動やパフォーマンスも行われた。また、反捕鯨の運動にも参入しているグリーンピースやシーシェパードといったNGOの活動船と日本やノルウェーなどの捕鯨船とのトラブル、特にシーシェパードの暴力的な示威活動はカナダ、デンマーク、日本、ワシントン州のインディアン部族であるマカー族に対して起こされ、近年は特に南極海での日本の調査捕鯨が問題視され、日本の捕鯨船との衝突は地理的に南極に近いオーストラリアと日本との国際関係をも左右したこともある。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た自動車産業

    また、この問題は、日本の経済が好調であった時期に欧米諸国の自然保護団体を始め、彼らに同調した自動車産業団体や、農産物生産者等によって利用され、ジャパンバッシングに起因する反日運動の一つとして、過激な運動やパフォーマンスも行われた。また、反捕鯨の運動にも参入しているグリーンピースやシーシェパードといったNGOの活動船と日本やノルウェーなどの捕鯨船とのトラブル、特にシーシェパードの暴力的な示威活動はカナダ、デンマーク、日本、ワシントン州のインディアン部族であるマカー族に対して起こされ、近年は特に南極海での日本の調査捕鯨が問題視され、日本の捕鯨船との衝突は地理的に南極に近いオーストラリアと日本との国際関係をも左右したこともある。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

175件中 11 - 20件表示

「捕鯨問題」のニューストピックワード