175件中 21 - 30件表示
  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た厚生労働省

    2003年までに日本の厚生労働省が行った水銀およびPCB類に関する研究では、マッコウクジラやゴンドウクジラ、ハンドウイルカなどのハクジラ類全般について、高い濃度のメチル水銀やPCB類が検出された。これらは、1970年代に定められた遠洋沖合魚介類に関する暫定的規制値を大きく上回っていた。他方でヒゲクジラ類については、北西太平洋産のミンククジラやニタリクジラに関しては、ミンククジラの脂皮からは暫定規制値を超えるPCB類が認められたものの、メチル水銀は暫定規制値を超えるサンプルは無かった。流通量の過半数を占めていた南極海産のミンククジラ肉については、水銀・PCBともに汚染はほとんどないことが確認された。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たシー・シェパード

    Whale Whores - アメリカのアニメ、サウスパーク第13シーズン第11話。シー・シェパードによる過激な運動とリアリティショーの演出手法を批判的に描いている。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た環境省

    環境省の国立水俣病総合研究センターは、2009年6-8月と2010年2月の2回にわたって、和歌山県太地町の全住民の3割にあたる計1137人を調査し、全国の他地域と比べて平均で4倍超の水銀濃度を毛髪から検出したと発表した。うち43人(調査人員の3.8%)の対象者は、神経症状の出現する可能性のある下限値とされる毛髪水銀濃度を上回っていた。毛髪水銀濃度と鯨肉摂取の関連性が推測されるとしている。ただし、同時に行われた毛髪水銀濃度が比較的高い182人への健康影響調査では、メチル水銀中毒と思われるような健康への影響は認められなかった 。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た日本大学

    喜多義人 「国際捕鯨委員会と商業捕鯨の禁止」『日本法学』第71巻4号(日本大学法学会)所収捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たアカデミー賞

    ザ・コーヴ - 太地のイルカ漁を批判した映画。アカデミー賞受賞作。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た塩素

    人間・自然由来の海洋の化学物質が生態系ピラミッドの上位者であるクジラ類・イルカ類の体内に濃縮されること、特に、年齢を重ねるごとに脂溶性の物質が脂肪細胞に蓄積されることが、研究によって明らかになっている。その主たるものは、水銀および有機塩素系化合物(PCB等)である。生態系ピラミッドの上位である他のマグロやカジキなどの大型魚類についても同様の指摘があるが、哺乳類のクジラ類の寿命は長く、前述の通り年齢を重ねるごとに蓄積される汚染物質が多くなる為、その値はクジラ類ほど高くはない。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たマッコウクジラ

    その総消費量の内訳は、魚が年間5736万?7804万トン、頭足類が7713万?1億2246万トン、甲殻類が1億734万トン?2億3322万トンである。これらのうち、甲殻類はオキアミやコペポーダのようなプランクトンであり、頭足類は深海凄のイカ類が殆どである。つまり、南極で餌をとる鯨などはオキアミを主として食すこと、マッコウクジラなどのように深海の軟体動物を食べることなど、人間の漁業と競合していない部分の方が遥かに大きいとされる。また計算の対象となった世界中の鯨類にはイルカなど捕鯨対象種以外の種を含んでいると指摘されている。この数字を算定した上記大隅/田村論文では、捕鯨対象種のIWC所管のヒゲ鯨に限っては、直接人間の漁業と競合する魚の消費量を1200万?2400万トンと推定しており、これは漁獲量の15?30%にしか相当せず、2.8?5億トンと言う数字を漁獲量と比較して競合を論ずるのは不適当であり重大な誤解を招くという指摘もある。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た横浜市

    横浜市長・中田宏のページ)捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たセミクジラ

    日本の鯨肉食文化は縄文・弥生時代から存在し、弥生時代にはより大型の鯨の捕鯨も行われていたとみられる。北海道でも古代に捕鯨が始まっていた。江戸時代には鯨組の成立など大規模化が進み、セミクジラなどを組織的に捕獲して、鯨油や鯨肉などとして商品化していた。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た

    捕鯨反対派のなかには、クジラの巨大な容積や、音波によって同族間の緊密なコミュニケーションをとっているらしいこと、ヒトと同様の哺乳類である事を挙げて、「知能が高い動物を食べるのは残酷である」と食のタブーとする意見がある。そもそもなぜ知能が低いと食べて良いのか、知能が高いと食べてはいけないかについては、おおむね宗教的論争となり収束しない。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

175件中 21 - 30件表示