175件中 31 - 40件表示
  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たマグロ

    なお、この問題は単に鯨類だけの問題ではなく、特定魚種の集中的漁獲などともからんでいる。日本は、たとえばマグロ(ミナミマグロやタイセイヨウマグロを含む)について現在も同様の問題を抱えていると指摘されているため、なおさら日本の捕鯨に対する風当たりは強くなっている。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たコククジラ

    国際的な捕鯨規制が始まったのは1930年代である。1931年のジュネーブ捕鯨条約、1937年の国際捕鯨取締協定などが結ばれた。セミクジラとコククジラの禁漁や、漁期制限、未成熟個体の捕獲禁止などが内容だった。鯨油の生産調整も行われた。日独ソなどはこうした条約への参加には積極的でなかった。日本は1939年に加盟するはずだったが、第二次世界大戦の勃発のため未加盟に終わった。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たイラワジイルカ

    同条約では付属書?にシロナガスクジラ、ザトウクジラ、ミンククジラなどの鯨類を掲載し、これらについては商業目的での貿易並びに海からの持込を禁じている。「海からの持込」規定は、ワシントン条約の適用範囲を、公海での漁獲・捕獲活動に広げる意義を有している。条約案が検討された当初の構想ではクジラ類に対するIWCでの規制が不十分であるとの自国の環境保護団体からの強い突き上げを受け、米国政府が「海からの持込」規定を条約草案に挿入、1973年に開催されたワシントン条約採択会議で強く同条項の盛り込みを求め、この結果挿入された経緯がある。日本は鯨類に関してミンククジラ、イワシクジラ(北太平洋のものを除く)、ニタリクジラ、ナガスクジラ、イラワジイルカ、マッコウクジラ、アカボウクジラにつき留保を付しており1、上記鯨種については同条約の適用を免れる。但し留保を付していないザトウクジラと北太平洋に生息するイワシクジラについては、公海上での標本捕獲・持込について、当該持込がされる国の科学当局(日本では鯨類の場合、水産庁)が、標本の持込が当該標本に係る種の存続を脅かすこととならないと助言していること、当該持込がされる国の管理当局(日本では鯨類の場合、水産庁)が、標本が主として商業目的のために使用されるものではないと認め、同管理当局が持ち込みに先立ち上記についての証明書の発給を行なう必要がある(第3条5項)。なお、経済的な利益獲得のための活動や、経済的利用のための活動は商業的とみなされること、非商業的側面が際立っていると明らかにはいえないあらゆる利用方法は、第3条5項の文言にある「主として商業目的」であると解釈するものとされている(ワシントン条約第5回締約国会議決議5.10)。以上から鑑み、日本によるザトウクジラと太平洋イワシクジラ捕獲はワシントン条約の諸規定を侵害する違法行為にあたるとの見解が元ワシントン条約事務局長で国際法学者のピーター・サンド教授により提起されている。。これに対して日本鯨類研究所は、商業目的であるか否かについての判断は締約国に委ねられていると主張している(日本鯨類研究所)。なおワシントン条約違反行為等に関しては、締約国会議の下に常設委員会が設けられており、同委員会は締約国会合において採択された諸決議に即し、条約違反国に対する貿易制裁を締約国へ勧告する権限を有している。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たプランクトン

    海洋の状況悪化という問題は、化学物質汚染などにより海洋生態系の状況は悪化しているうえ、オゾン層破壊による紫外線の増加(そして、紫外線の増加に伴う、海洋生態系ピラミッド最下層の植物性プランクトンへのダメージ、そこから生態系ピラミッド上層に向けての悪影響)によってこれから更に悪くなる可能性が強いという指摘である。そこから「海洋の利用は抑制に転じるべき」という結論が引き出されている。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たワシントン州

    また、この問題は、日本の経済が好調であった時期に欧米諸国の自然保護団体を始め、彼らに同調した自動車産業団体や、農産物生産者等によって利用され、ジャパンバッシングに起因する反日運動の一つとして、過激な運動やパフォーマンスも行われた。また、反捕鯨の運動にも参入しているグリーンピースやシーシェパードといったNGOの活動船と日本やノルウェーなどの捕鯨船とのトラブル、特にシーシェパードの暴力的な示威活動はカナダ、デンマーク、日本、ワシントン州のインディアン部族であるマカー族に対して起こされ、近年は特に南極海での日本の調査捕鯨が問題視され、日本の捕鯨船との衝突は地理的に南極に近いオーストラリアと日本との国際関係をも左右したこともある。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たトド

    なお、古くから漁業者はアシカやトドなどの海洋哺乳類による食害について問題視し、沿岸に生息する小型ハクジラ類(イルカ)についても、漁業に害をもたらしているとの議論がある。具体的には、延縄漁業で針にかかった魚をイルカに横取りされるとか、操業海域にイルカが進入することで魚群が散ってしまうという「被害」が主張される。実際に、害獣駆除としてイルカ追い込み漁が実施された例も日本にある。これに対しては、動物の権利の立場から、競合するのは人間の漁業が過大な規模であるからだとの批判がされている。これらは鯨食害論とは別とされるものの、その見地の前提はこういった漁業者からの主張に基づく点もある(イルカ追い込み漁も参照)。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た化学物質

    海洋の状況悪化という問題は、化学物質汚染などにより海洋生態系の状況は悪化しているうえ、オゾン層破壊による紫外線の増加(そして、紫外線の増加に伴う、海洋生態系ピラミッド最下層の植物性プランクトンへのダメージ、そこから生態系ピラミッド上層に向けての悪影響)によってこれから更に悪くなる可能性が強いという指摘である。そこから「海洋の利用は抑制に転じるべき」という結論が引き出されている。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た漁業

    大別すると「漁業による海洋の過剰搾取の問題」と「海洋の状況悪化による問題」とがある。また、派生的に「鯨食害論」という主張も捕鯨推進側から主張されている。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たIUCN

    日本は2000年からの第II期北西太平洋鯨類捕獲調査において、IUCNのレッドリストで「絶滅危機」(EN : Endangered)に分類されているイワシクジラの調査捕鯨を開始した(『日本捕鯨協会 捕鯨問題Q&A』)。財団法人日本鯨類研究所は北西太平洋イワシクジラの生息数を2004年6月までは28,000頭、捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たホエールウォッチング

    また近年、鯨類を観察する対象とするホエールウォッチングが産業として成立し成長してきたため、その対象である鯨類を殺傷する捕鯨との対立が注目されつつある。遠洋捕鯨ではあまり関係がないが、伝統との関係が密接な沿岸捕鯨では深刻な対立を引き起こす場合がある。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

175件中 31 - 40件表示

「捕鯨問題」のニューストピックワード