256件中 41 - 50件表示
  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た国連食糧農業機関

    国連食糧農業機関の2008年報告によれば、海洋水産資源の利用は19%が過剰漁獲、8%が枯渇、1%が枯渇から回復しつつあるとされ、52%が満限利用の状態にあり、20%が適度な利用又は低・未利用の状態とされている。FAO水産委員会の「漁獲能力に関する国際行動計画」に即し水産資源を持続的に利用していくためには、各国による水産資源管理の一層の強化が求められている。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たアカデミー賞

    ザ・コーヴ - 太地のイルカ漁を批判した映画。アカデミー賞受賞作。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た塩素

    食の安全の観点から、鯨肉が有害物質によって汚染されており、捕獲自体も止めるべきで、沿岸域の鯨肉、特に栄養段階が高次であるハクジラ類の鯨肉については安全性に問題がある。人間・自然由来の海洋の化学物質が生態系ピラミッドの上位者であるクジラ類・イルカ類の体内に濃縮されること、特に、年齢を重ねるごとに脂溶性の物質が脂肪細胞に蓄積される。その主たるものは水銀および有機塩素系化合物(PCB等)である。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た

    また、岸上伸啓は鯨を神格化し特別視することは種の違いに基づく恣意的な種差別である。また、岸上は反捕鯨思想にはクジラは「理想的人間」あるいは神である。クジラは「地上最大の動物」で巨大な脳をもち、何百万年にわたり海洋に適応し、食物連鎖の最上位に位置して、美と優雅さを備え、神秘的で平和的で寛容な神々しい存在である。クジラは、巨大な容積や、音波によって同族間の緊密なコミュニケーションをとっているおり、知能が高く、ヒトと同様の哺乳類であり、捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た排他的経済水域

    日本・ノルウェー・ペルー・ソ連の4カ国が異議申し立てをしたが、その後日本とペルーは撤回した。日本が1985年に異議申し立てを撤回したのは米国のPM法に基づいて同国の排他的経済水域内における日本漁船の漁獲割り当て量が大幅に削減される可能性があったためであった。アメリカは日本に異議申し立てを撤回しなければ、アメリカの排他的経済水域から日本漁船を締め出すとの意向が伝えられたため、日本はやむなくモラトリアムを受け入れるかわりに、科学的調査として「調査捕鯨」を開始した。1988年に日本は商業捕鯨から撤退した。異議撤回の背景には、米国による水産物輸入停止などの制裁措置があった。同様の制裁措置は、1990年代にはアイスランドに対しても行われた。アイスランドは1992年以降一時IWCを脱退していたが、2003年にモラトリアム条項に異議ないし留保を付して再加入している。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たプランクトン

    また、化学物質汚染などにより海洋生態系の状況は悪化しているうえ、オゾン層破壊による紫外線の増加(それに伴う海洋生態系ピラミッド最下層の植物性プランクトンへのダメージ、そこから生態系ピラミッド上層に向けての悪影響)によってこれから更に悪くなる可能性が強く、海洋の利用は抑制に転じるべきである。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た化学物質

    また、化学物質汚染などにより海洋生態系の状況は悪化しているうえ、オゾン層破壊による紫外線の増加(それに伴う海洋生態系ピラミッド最下層の植物性プランクトンへのダメージ、そこから生態系ピラミッド上層に向けての悪影響)によってこれから更に悪くなる可能性が強く、海洋の利用は抑制に転じるべきである。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た函館市

    日本でも、北海道の網走と函館、宮城県の鮎川、千葉県の和田浦、和歌山県の太地で、ツチクジラやマゴンドウ、タッパナガ、ハナゴンドウを捕獲している。そのほか、日本各地において追込漁や突棒漁、石弓漁によってイシイルカやリンゼイイルカ、スジイルカ、ハナゴンドウ、オキゴンドウ、バンドウイルカなどのイルカ漁が実施されている。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た生活習慣病

    日本においては鯨食はただ単に食料としてではなく、骨や皮まで全て廃棄することなく利用してきた。平安時代からは公家が滋養強壮の薬として、戦国時代には武士が戦いに勝つための縁起担ぎや贈答の最高級品として珍重した、江戸時代からは組織捕鯨の隆盛と共に庶民にも親しまれ、時節やハレの日に縁起物として広く食されるようになり、多種多様な鯨料理が生まれ現在も伝承されている。食文化以外では「花おさ」に代表される縁起物としての工芸品でもある鯨細工は、クジラの歯・骨や鬚を原材料としており、その他にも人形浄瑠璃のエンバ板や、歌舞伎の肩持ちやカラクリ人形のゼンマイに使われ、捕鯨禁止による資源の枯渇が、伝統文化を阻害する。捕鯨問題に係わりその伝統文化の消失が危惧される。ノルウェー、アイスランドなどにも鯨食文化が残っている。また、鯨肉は美味であるだけでなく、高タンパク、低脂肪、低カロリー、でコレステロール含有量も少なく、脂肪酸には血栓を予防するエイコサペンタエン酸(EPA)や頭の働きをよくするドコサヘキサエン酸(DHA)、抗疲労効果のあるバレニン成分が豊富に含まれ、生活習慣病、アトピー等のアレルギー症状を軽減する。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た牛肉

    中田宏(当時横浜市長)によると、牛肉の輸出市場を保護するため、政治的・経済的な観点から捕鯨反対運動が繰り広げられているのではないかという見方がある。また、流し網漁業攻撃にもこうした背景があるのではないか、という向きもあるが、これは、飽くまで疑ってかかるような見方をすればというものであり、根拠がある発言ではない。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

256件中 41 - 50件表示

「捕鯨問題」のニューストピックワード