175件中 41 - 50件表示
  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たザ・コーヴ

    ザ・コーヴ - 太地のイルカ漁を批判した映画。アカデミー賞受賞作。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た国際司法裁判所

    2010年5月、オーストラリアは、南極海での調査捕鯨の停止を求め国際司法裁判所に提訴した。実態は商業捕鯨とし国際条約に違反しているとしている。2010年12月、ニュージーランドは、オーストラリアが、国際司法裁判所へ提訴している件で両国が協力し合うことで合意したと発表した。裁判には参加せず、意見陳述などを行う予定。(詳細は南極海における捕鯨事件を参照。)捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た世界自然保護基金

    日本は生態系調査を目的とする「調査捕鯨」(鯨類捕獲調査)に切り替えているが、捕殺した鯨の肉を商業市場で販売していることから、調査捕鯨は、科学調査という大義名分を使った疑似商業捕鯨ではないかとの批判がある。2002年に世界自然保護基金(WWP)はニューヨークタイムズに、世界の科学者21名の連名で「調査捕鯨」に関する科学者からの声明書を英語と日本語で寄稿。声明書では、日本が集積された情報を独立した審査のために公開することを拒否していること、調査で集められたデータの殆どは殺さない方法で得ることが可能なことなどを理由に、日本の鯨調査計画が信頼にたる科学として最低限の基準を満たしていないと批判している。一方で日本捕鯨協会はこれらの批判の内容を否定している。2000年頃にアメリカは、日本の調査捕鯨停止を求め、形式的ながら制裁を再度発動した。日本は沿岸捕鯨の復活を訴え続けてきたが、2007年のIWC総会でも認められず、政府代表団は「日本の忍耐は限界に近い」と脱退を示唆した。1997年にアイルランドから「調査捕鯨を段階的に終了し全公海を保護区とする代わりに日本の沿岸捕鯨を認める」とする妥協案が提示され継続的に審議されたが、合意に至らなかった。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た那智勝浦町

    世界的にはまれな事例ではあるが、特にホエールウォッチングと捕鯨が近隣で行われている場合、船に寄ってくる鯨が捕獲されてしまい、鯨が人間を避けるようになる。日本でも太地町で捕鯨を行っている漁師と、那智勝浦町のホエールウォッチング業者との間での争いが起きた。室蘭沖で操業中の捕鯨が、ホエールウォッチングの客によってビデオ撮影され、その画像がテレビ放映された結果、捕鯨を批判する声の高まりを生じたこともある。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たオゾン層

    海洋の状況悪化という問題は、化学物質汚染などにより海洋生態系の状況は悪化しているうえ、オゾン層破壊による紫外線の増加(そして、紫外線の増加に伴う、海洋生態系ピラミッド最下層の植物性プランクトンへのダメージ、そこから生態系ピラミッド上層に向けての悪影響)によってこれから更に悪くなる可能性が強いという指摘である。そこから「海洋の利用は抑制に転じるべき」という結論が引き出されている。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たレッドリスト

    日本は2000年からの第II期北西太平洋鯨類捕獲調査において、IUCNのレッドリストで「絶滅危機」(EN : Endangered)に分類されているイワシクジラの調査捕鯨を開始した(『日本捕鯨協会 捕鯨問題Q&A』)。財団法人日本鯨類研究所は北西太平洋イワシクジラの生息数を2004年6月までは28,000頭、捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た安楽死

    動物福祉の観点から、捕鯨に反対する見解もある。この見解によると、最新の食肉用家畜の屠殺においては、専用の道具(主に屠殺銃)および炭酸ガス麻酔法を用いた安楽死が多いのに対し、鯨は専用施設内での殺処理が行えない。致命傷でなければ死ぬまで時間がかかる場合があり、偏見による批判が加えられる場合がある。この争点は、しばしば「牛や豚を食うのも鯨を食うのも同じだ」という主張に対しての「家畜類を殺すこととクジラを殺すこととの違い」を理由とした反論とされる。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た絶滅危惧種

    種の絶滅の速さは今日では1日に約100種で千年前の安定期において1年で約0.1?1種であったことから約3万?30万倍になっているともいわれる。毎年多くの絶滅危惧種(ヨウスコウカワイルカなど)が地球上から消え去っているが、捕鯨対象の鯨類において「緊急な保護が必要ではない」との主張もあり、その他の絶滅危惧種に対する無謬性が問われている。ただし、種としての生息数が豊富であっても、世界中に生息する種類では生息域によっては系群単位で危機にある場合もある。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たAP通信

    太地町(和歌山県) - 「イルカ漁」を巡って、自然保護団体と同伴取材したAP通信の取材を町民ぐるみで拒否している。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た生態系

    反捕鯨の意見を表明する個人や団体にも、捕鯨全体を否定する立場のものだけでなく、少数民族、先住民の伝統捕鯨は可とするもの、大資本の企業による遠洋の商業主義的な捕鯨には反対だが小規模資本の沿岸捕鯨なら可とするもの、生態系の保護を議論の中心に掲げるものから動物愛護運動として活動するものなど、相互に異質なさまざまな立ち位置が存在する。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

175件中 41 - 50件表示

「捕鯨問題」のニューストピックワード