175件中 51 - 60件表示
  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たアメリカ合衆国

    国際捕鯨委員会(加盟国82カ国)の内、捕鯨推進国は34カ国あり、現在では主に食糧として捕鯨をしている国々には、ロシア、日本、ノルウェー、アイスランド、フェロー諸島(デンマーク自治領)、カナダなどが挙げられる。未決定(中立)国は中華人民共和国など3カ国存在する。アメリカ合衆国は、国内少数民族の先住民生存捕鯨は是認しているが商業捕鯨には反対しており、そのように国内に捕鯨推進派・捕鯨反対派の両者を抱える国も珍しくない。一方で捕鯨国のカナダは、国際捕鯨委員会を脱退している。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た日本鯨類研究所

    日本鯨類研究所は世界中の鯨類が食す餌(魚、オキアミ、端脚類、カイアシ類といった甲殻類、イカなどの軟体動物を包括する)の消費量は2.8?5億トンと推定。これは大隅清治と田村力が37種の鯨の基礎資源量に基づいて算出したものである。計算根拠等はIWCに報告され、また「Competition for food in the ocean: Man and other apical predators」」と題する論文としてFAOを通じてWEBでも公表されている。この量は世界中の人間による漁獲量9千万トンの3倍?6倍であるとした上で、鯨のみを保護する事によって海洋生態系に悪影響を与えると主張している。これがいわゆる「鯨食害論」である。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たカナダ

    国際捕鯨委員会(加盟国82カ国)の内、捕鯨推進国は34カ国あり、現在では主に食糧として捕鯨をしている国々には、ロシア、日本、ノルウェー、アイスランド、フェロー諸島(デンマーク自治領)、カナダなどが挙げられる。未決定(中立)国は中華人民共和国など3カ国存在する。アメリカ合衆国は、国内少数民族の先住民生存捕鯨は是認しているが商業捕鯨には反対しており、そのように国内に捕鯨推進派・捕鯨反対派の両者を抱える国も珍しくない。一方で捕鯨国のカナダは、国際捕鯨委員会を脱退している。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た鯨油

    捕鯨反対国には、鯨油目的の捕鯨を行っていた元捕鯨国のオーストラリアをはじめ、同じくフランスやスペインも元は捕鯨国であったが現在は捕鯨を行っていないEU加盟諸国、ラテンアメリカ諸国(反捕鯨の立場を鮮明にしているアルゼンチンやブラジルなどが主導するかたちで、他のラテンアメリカ諸国も反捕鯨の立場で足並みをそろえている)、ほかニュージーランド、インド等が中心となっており、これに与するNGOも多い。各国で反対理由は異なる。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た太地町

    世界的にはまれな事例ではあるが、特にホエールウォッチングと捕鯨が近隣で行われている場合、船に寄ってくる鯨が捕獲されてしまい、鯨が人間を避けるようになる。日本でも太地町で捕鯨を行っている漁師と、那智勝浦町のホエールウォッチング業者との間での争いが起きた。室蘭沖で操業中の捕鯨が、ホエールウォッチングの客によってビデオ撮影され、その画像がテレビ放映された結果、捕鯨を批判する声の高まりを生じたこともある。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たブラジル

    捕鯨反対国には、鯨油目的の捕鯨を行っていた元捕鯨国のオーストラリアをはじめ、同じくフランスやスペインも元は捕鯨国であったが現在は捕鯨を行っていないEU加盟諸国、ラテンアメリカ諸国(反捕鯨の立場を鮮明にしているアルゼンチンやブラジルなどが主導するかたちで、他のラテンアメリカ諸国も反捕鯨の立場で足並みをそろえている)、ほかニュージーランド、インド等が中心となっており、これに与するNGOも多い。各国で反対理由は異なる。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た先住民

    反捕鯨の意見を表明する個人や団体にも、捕鯨全体を否定する立場のものだけでなく、少数民族、先住民の伝統捕鯨は可とするもの、大資本の企業による遠洋の商業主義的な捕鯨には反対だが小規模資本の沿岸捕鯨なら可とするもの、生態系の保護を議論の中心に掲げるものから動物愛護運動として活動するものなど、相互に異質なさまざまな立ち位置が存在する。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た鯨骨

    鯨は、人類が誕生する以前から海洋生態系に組み込まれる形で、海洋生物を消費し、鯨もその中で死後、糧になることを繰り返してきたにもかかわらず、今頃何故それが主張されるのか、また捕鯨対象種以外の種をわざわざ含む説自体を疑問視する意見もある。この背景には群集生態学の進展により、旧来のピラミッド状の食物連鎖という単純な描像が実際の生態系には当てはまらず、むしろ網の目のような複雑な関係にあるとする食物網(Food web)の概念が普及したことが一つの要因として考えられる。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たクジラ目

    捕鯨問題(ほげいもんだい)とは、クジラおよびイルカの捕獲の是非に関する国際的な論争、摩擦問題である。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た日本

    国際捕鯨委員会(加盟国82カ国)の内、捕鯨推進国は34カ国あり、現在では主に食糧として捕鯨をしている国々には、ロシア、日本、ノルウェー、アイスランド、フェロー諸島(デンマーク自治領)、カナダなどが挙げられる。未決定(中立)国は中華人民共和国など3カ国存在する。アメリカ合衆国は、国内少数民族の先住民生存捕鯨は是認しているが商業捕鯨には反対しており、そのように国内に捕鯨推進派・捕鯨反対派の両者を抱える国も珍しくない。一方で捕鯨国のカナダは、国際捕鯨委員会を脱退している。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

175件中 51 - 60件表示

「捕鯨問題」のニューストピックワード