175件中 61 - 70件表示
  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たノルウェー

    国際捕鯨委員会(加盟国82カ国)の内、捕鯨推進国は34カ国あり、現在では主に食糧として捕鯨をしている国々には、ロシア、日本、ノルウェー、アイスランド、フェロー諸島(デンマーク自治領)、カナダなどが挙げられる。未決定(中立)国は中華人民共和国など3カ国存在する。アメリカ合衆国は、国内少数民族の先住民生存捕鯨は是認しているが商業捕鯨には反対しており、そのように国内に捕鯨推進派・捕鯨反対派の両者を抱える国も珍しくない。一方で捕鯨国のカナダは、国際捕鯨委員会を脱退している。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たアザラシ

    捕鯨は文化的な価値基準に左右され、推進・反対が明確になりやすい。このため、韓国における犬食や、アメリカの北方先住民(いわゆるエスキモー)による捕鯨・アザラシ狩猟といった文化間対立と同様、捕鯨問題も他文化への攻撃を伴ったナショナリズムや愛国心の喚起に利用されることがある。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たデンマーク

    国際捕鯨委員会(加盟国82カ国)の内、捕鯨推進国は34カ国あり、現在では主に食糧として捕鯨をしている国々には、ロシア、日本、ノルウェー、アイスランド、フェロー諸島(デンマーク自治領)、カナダなどが挙げられる。未決定(中立)国は中華人民共和国など3カ国存在する。アメリカ合衆国は、国内少数民族の先住民生存捕鯨は是認しているが商業捕鯨には反対しており、そのように国内に捕鯨推進派・捕鯨反対派の両者を抱える国も珍しくない。一方で捕鯨国のカナダは、国際捕鯨委員会を脱退している。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た捕鯨文化

    食用利用以外の歴史的経過については捕鯨文化・鯨骨・鯨ひげ・鯨油も参照捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たアイスランド

    国際捕鯨委員会(加盟国82カ国)の内、捕鯨推進国は34カ国あり、現在では主に食糧として捕鯨をしている国々には、ロシア、日本、ノルウェー、アイスランド、フェロー諸島(デンマーク自治領)、カナダなどが挙げられる。未決定(中立)国は中華人民共和国など3カ国存在する。アメリカ合衆国は、国内少数民族の先住民生存捕鯨は是認しているが商業捕鯨には反対しており、そのように国内に捕鯨推進派・捕鯨反対派の両者を抱える国も珍しくない。一方で捕鯨国のカナダは、国際捕鯨委員会を脱退している。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たミンククジラ

    IWC科学委員会が北大西洋に限定して実施した調査では、ミンククジラ等の種では管理された捕鯨による絶滅の可能性は限定的であるとされている。しかしRMSと呼ばれる監視・監督制度を巡って、捕鯨反対国が厳密な監視・監督制度を要求したことで、この調査結果に基づく捕鯨再開の目処は立っていない。捕鯨賛成派は下記の鯨食害論や「増えてきたクジラを間引くならば問題はない」と主張する。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た白鯨

    江戸時代末期になり、アメリカ・イギリスなどの諸国からの多数の捕鯨船が日本近海で活動した(この頃の遠洋捕鯨は「アメリカ式捕鯨」と呼ばれる帆船捕鯨。「白鯨」などで描写された)。その結果、日本近海でも鯨の個体数は激減し、日本の古式捕鯨は壊滅的打撃を受けた(なおペリーからの開国要求及び日米和親条約は当時日本沿岸で活動していた捕鯨船への補給も一因であり、小笠原諸島に居住している欧米系島民は、定着したアメリカ捕鯨船員の子孫)。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見たイギリス

    19世紀末にはノルウェー式捕鯨が開発され、ナガスクジラ科の捕獲も進んだ。南極海でも20世紀初頭に本格的な捕鯨が始まり、1931年にシロナガスクジラ捕獲はピークとなる。以後もナガスクジラなどのより小型の鯨種に移行して捕獲が続いたが、最終的には、鯨類資源の減少と鯨油需要の低下から不採算となる。1960年代にイギリス・オランダ・オーストラリアなどが捕鯨から撤退した。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た国際捕鯨委員会

    捕鯨問題を扱う国際機関である国際捕鯨委員会(IWC)は鯨資源の維持を目的とした組織である。つまり捕鯨を持続的に行うための組織であることはIWC設立の根拠となる国際捕鯨取締条約にも明確に記載されている。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た食物網

    鯨は、人類が誕生する以前から海洋生態系に組み込まれる形で、海洋生物を消費し、鯨もその中で死後、糧になることを繰り返してきたにもかかわらず、今頃何故それが主張されるのか、また捕鯨対象種以外の種をわざわざ含む説自体を疑問視する意見もある。この背景には群集生態学の進展により、旧来のピラミッド状の食物連鎖という単純な描像が実際の生態系には当てはまらず、むしろ網の目のような複雑な関係にあるとする食物網(Food web)の概念が普及したことが一つの要因として考えられる。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

175件中 61 - 70件表示

「捕鯨問題」のニューストピックワード