前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
396件中 1 - 10件表示
  • 2017年の日本

    2017年の日本から見た排他的経済水域排他的経済水域

    北朝鮮がミサイル発射実験を繰り返し、以下の9発(7回)が日本の排他的経済水域内に落下。2017年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た排他的経済水域排他的経済水域

    政府レベルでは中国・台湾ともに話し合いでの問題解決を主張しているが、実際には相互に事前通報する取り決めが日中政府間で結ばれている排他的経済水域(EEZ)内はおろか、尖閣諸島周辺の日本の領海内で中国人民解放軍海軍の艦船による海洋調査が繰り返されていたり、台湾および香港の中国人活動家の領海侵犯を伴った接近が繰り返されている。このような行動に対して日本政府はことあるごとに抗議しており、台湾側は民間抗議船の出航を止めたことがある。中国側は日本政府の抗議を無視している。なお、日本は実力行使に訴えたことはないが、偶発的事故によって台湾の民間抗議船を沈没させる事故(後述。日本側が過失を認め賠償金を支払っている)が発生している。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

  • 海洋の自由

    海洋の自由から見た排他的経済水域排他的経済水域

    海洋法の分野ではこのように慣習国際法に起源をもつ法規が長きにわたり一般的で、各国は19世紀後半まで条約の作成に対して消極的であったが、20世紀になると国際連盟の主導の下で慣習国際法の法典化作業が試みられたが、領海の幅に関して各国の意見が一致せずこの時は法典化には失敗した。第二次世界大戦後には国連のもとで法典化作業が継続され、領海の幅についてはこの時も合意に至ることができなかったものの、1958年には領海条約、公海条約、大陸棚条約、公海生物資源保存条約という、いわゆるジュネーブ海洋法4条約が採択され、公海条約には公海の自由に関する規定が定められた。1982年に採択された国連海洋法条約では200海里まで排他的経済水域を設定できることとされたため、今日では海洋全体のうちで海洋の自由が妥当する公海の部分はかつてと比較すると大幅に狭められることとなった。海洋の自由 フレッシュアイペディアより)

  • リビア・マルタ大陸棚事件

    リビア・マルタ大陸棚事件から見た排他的経済水域排他的経済水域

    上記に言及される国際司法裁判所規程第38条とは、条約や慣習国際法をさす。国連海洋法条約では新たに排他的経済水域の制度が設けられ、排他的経済水域の境界画定に関しても以下のように大陸棚の境界画定に関する規定とほぼ同様の内容の規定がおかれた。リビア・マルタ大陸棚事件 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の朝鮮民主主義人民共和国

    2017年の朝鮮民主主義人民共和国から見た排他的経済水域排他的経済水域

    5月29日 - 午前5時10分頃(UTC+8:30)、北朝鮮、日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射。日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下と推定。2017年の朝鮮民主主義人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 海上保安庁

    海上保安庁から見た排他的経済水域排他的経済水域

    警備業務:領海警備、日本国の排他的経済水域及びその中にある船舶、又は排他的経済水域外にある日本国籍の船舶内で発生した犯罪の捜査や被疑者の検挙(司法警察)、重要港湾・船舶の警備など。海上保安庁 フレッシュアイペディアより)

  • 領海

    領海から見た排他的経済水域排他的経済水域

    この時代の領海の幅に関する各国の対立は、海洋国と沿岸国の対立を象徴するものであった。自国の海運、遠洋漁業の自由確保のためにかつて多数派の支持を得た3海里領海に固執する海洋国と、自国領海に隣接する公海での漁業資源を他国から守るためにそれまで公海と考えられていた海域に対する自国管轄権を要求する沿岸国との対立である。第二次国連海洋法会議ではアメリカ合衆国とカナダによる6海里の領海の外側に6海里の漁業専管水域を設定するという共同提案が否決されたが、1960年代にはこの方式を採用する国が増加した。1973年に始まった第三次国連海洋法会議では3海里の主張を維持する国は減少して12海里を主張する国が激増し、200海里領海という極端な主張をする国も増加した。このような対立の中で基線から12海里までの領海と200海里までの排他的経済水域を認めるという妥協が成立した。つまり、沿岸国に対し天然資源の開発など経済的目的に特化した権利を認めるけれども、他国に対しても公海並みの船舶航行の自由や航空機上空飛行の自由が認められる水域、として200海里までの排他的経済水域を認める代わりに、領海の許容範囲を12海里までとしたのである。こうしてようやく12海里までという領海の限界線について各国は合意に至り、国連海洋法条約第3条に明記されることとなった。ただし領海を含め国際海洋法の分野では、条約化が進んだ今日でもなお国際慣習法の意義は失われていない。例えば領海が12海里までとの原則は条約としては上記のように国連海洋法条約に初めて規定されたが、この原則は第三次国連海洋法会議の審議を通じて国際慣習法化し同条約を批准していない国をも拘束する。領海 フレッシュアイペディアより)

  • 公海

    公海から見た排他的経済水域排他的経済水域

    公海(こうかい)は、国家が領有したり排他的に支配することができない海域のことで、内水、領海、群島水域、排他的経済水域を除いた海洋のすべての部分である。公海 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た排他的経済水域排他的経済水域

    政府レベルでは中国・台湾ともに話し合いでの問題解決を主張しているが、実際には相互に事前通報する取り決めが日中政府間で結ばれている排他的経済水域(EEZ)内はおろか、尖閣諸島周辺の日本の領海内で中国人民解放軍海軍の艦船による海洋調査が繰り返されていたり、台湾および香港の中国人活動家の領海侵犯を伴った接近が繰り返されている。このような行動に対して日本政府はことあるごとに抗議しており、台湾側は民間抗議船の出航を止めたことがある。中国側は日本政府の抗議を無視している。なお、日本は実力行使に訴えたことはないが、偶発的事故によって台湾の民間抗議船を沈没させる事故(後述。日本側が過失を認め賠償金を支払っている)が発生している。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

  • 南沙諸島

    南沙諸島から見た排他的経済水域排他的経済水域

    本来、構成される海岸地形のうち最大のものでも陸上面積が約0.5 km2しかない。しかし広大な排他的経済水域 (EEZ) や大陸棚の漁業資源や石油・天然ガス資源を当て込み、また安全保障上の要地として利用する目的で、中華人民共和国、台湾(中華民国)、ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイが海岸地形全部または一部の主権(領有)を主張している。南沙諸島 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
396件中 1 - 10件表示

「排他的経済水域」のニューストピックワード