前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
287件中 1 - 10件表示
  • 九州南西海域工作船事件

    九州南西海域工作船事件から見た排他的経済水域排他的経済水域

    この事件における最初の不審船の情報は、2001年(平成13年)12月18日に在日アメリカ軍から情報を受け取った防衛庁(当時)により海上保安庁へと伝達された。海上保安庁はこの情報を元に東シナ海の公海上で「長漁3705」と記された漁船のような外観の国籍不明船を発見し、「排他的経済水域(以下EEZと略)内において、漁船型船舶『長漁3705』の乗組員が『排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律 第5条第1項』の規定に違反する無許可漁業等を行っている疑いがあった」として、漁業法に基づいて停船を命令、巡視船による立ち入り検査を試みたが、当該不審船はこれを無視して逃走した。九州南西海域工作船事件 フレッシュアイペディアより)

  • サウス・ストリーム

    サウス・ストリームから見た排他的経済水域排他的経済水域

    サウスストリーム・パイプラインのロシア側陸上部分は、ロシア・ニジニ・ノヴゴロド州ポチンキ村()にあるガス・ステーションから黒海東岸・ロシア・クラスノダール地方の町ジュブガ()にあるベレゴヴァヤ・ガスステーションまでである。このベレゴヴァヤから、全長900kmの黒海海底パイプラインを通して黒海西岸ブルガリアの都市ヴァルナへと通ずる。ロシア・ウクライナ間のガス争議のため、パイプラインはウクライナの排他的経済水域を迂回しトルコ領海内を通る。国連海洋法条約によると、こうしたパイプラインを大陸棚へ敷設する際のコース抽出は、沿岸各国の承認を得られるかどうか次第である。サウス・ストリーム フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た排他的経済水域排他的経済水域

    問題となっているガス田は両国の排他的経済水域内にあり、日本はその権益の範囲を、現在国際的に一般的な日中中間線とするのに対し、中国は1970年代頃までの国際法上の解釈に基づく大陸棚の先端沖縄トラフまでを主張している。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • オタゴ級哨戒艦

    オタゴ級哨戒艦から見た排他的経済水域排他的経済水域

    ニュージーランドは日本に次ぐ面積の排他的経済水域(EEZ)を有しているにも関わらず、その警備を担任する艦船の戦力が限られていることが問題となっていた。それに対処するために計画されたのが本級である。オタゴ級哨戒艦 フレッシュアイペディアより)

  • モルディブ国防軍

    モルディブ国防軍から見た排他的経済水域排他的経済水域

    モルディブ国防軍は、モルディブ共和国の領土、およびその広大な排他的経済水域の防衛を主任務として、主に下記の5部門から編成されている。モルディブ国防軍 フレッシュアイペディアより)

  • マルハ

    マルハから見た排他的経済水域排他的経済水域

    遠洋漁業は戦後の食糧難の時期から高度成長期にかけて日本の貴重なタンパク源であったが、1973年(昭和48年)のオイルショック、さらに1977年(昭和52年)に排他的経済水域が設定されたことにより、その規模は縮小せざるを得なくなった。大洋漁業も、日本国内からの遠洋漁業事業は縮小しつつ、海外における漁業事業、水産物の輸入、食品加工等を行う総合食品会社に事業を変化させることとなった。マルハ フレッシュアイペディアより)

  • 遠洋漁業

    遠洋漁業から見た排他的経済水域排他的経済水域

    遠洋漁業(えんようぎょぎょう、Pelagic fisheries)の現代的な定義は、自国の排他的経済水域(200海里水域 - 370.4km)の内外における大型漁船による漁業のことである。公海や外国の200海里水域内を漁場とすることも多く、世界の海を駆け回る漁業である。単船で行われる場合もあるが、船団を組んで相互に連絡を取り合う場合が多い。遠洋漁業 フレッシュアイペディアより)

  • ピラン湾

    ピラン湾から見た排他的経済水域排他的経済水域

    湾の2分割よりも多くの領域主張をするのとは別に、スロベニアの領海は国際水域(公海)へも接続されるべきであり、スロベニアは国際水域上に排他的経済水域(EEZ)も設定するとしている。スロベニアが1996年6月16日に批准した海洋法に関する国際連合条約によると、排他的経済水域は領海に接していなければならず、その領海は12海里まで拡張できるとされている。スロベニアの領海は国際水域まで15海里ほど離れている。従って、スロベニアが国際水域に排他的経済水域を設定できるとの主張は海洋法に関する国際連合条約に反する。もしスロベニアの排他的経済水域(Slovenian EEZ)が認められれば、その範囲内の全ての地点は距離的にスロベニアよりもクロアチアに近く、そしてイタリアに近いことになる。これもまた、海洋法に関する国際連合条約に反するものである。ピラン湾 フレッシュアイペディアより)

  • ロシアの経済

    ロシアの経済から見た排他的経済水域排他的経済水域

    ロシアは大西洋、北極海、太平洋の3つの大洋に面し、カスピ海、バイカル湖、ラドガ湖の他大小2万を超える河川をもち、排他的経済水域(EEZ)は約760万kmに及ぶ。2005年の国際連合食糧農業機関(FAO)統計によると、ロシアの漁業の漁獲量は3,190,946トン、養殖業では114,752トンであった。これは世界第9位の漁獲量であり、世界全体の2.3%を占めている。2009年のGDP産業別構成では漁業額は772億ルーブルであり、GDP全体の0.2%である。ロシアの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 中国脅威論

    中国脅威論から見た排他的経済水域排他的経済水域

    21年連続2桁増で急増する軍事費、軍事費の内訳の不透明性、兵器や人員の実態の不透明性、核戦力の充実、日本の沖ノ鳥島における排他的経済水域の否定、数々の示威行為(人工衛星破壊・アメリカ海軍原子力空母至近での潜水艦浮上・日本の領海侵犯・排他的経済水域での無断調査・台湾近海でのミサイル演習)により、中国脅威論が展開されている。2006年のアメリカ国防総省の年次報告書では、軍事費の増大などを背景に「周辺諸国への潜在的な脅威になっている」と述べている。中国脅威論 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
287件中 1 - 10件表示

「排他的経済水域」のニューストピックワード