287件中 91 - 100件表示
  • 赤瓜礁

    赤瓜礁から見た排他的経済水域排他的経済水域

    中国は、沖ノ鳥島は「岩」であり日本のEEZは認められないと主張しているが、赤瓜礁の状況は(中国側の主張における)沖ノ鳥島のそれと類似しているのではないかとの批判もある。中国は赤瓜礁周辺に人工建造物を造成し、さらにそのうちの一つを人工島に改造して排他的経済水域(EEZ)の存在を主張している。ベトナム側の報道によると本来、赤瓜礁は満潮時には海中に沈んでしまうとされているが、これが事実なら赤瓜礁は領土として認められないことになる。ちなみに、沖ノ鳥島は満潮時でも水没することはなく、日本の領土たる法的根拠を満たしている。赤瓜礁 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィーンヌィツャ (コルベット)

    ヴィーンヌィツャ (コルベット)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    ドニエプルは、1977年4月7日から実質的な稼動体制に入った。その任務において、ドニエプルはクリミア半島沿海の黒海における200浬排他的経済水域の警備に当たった。ヴィーンヌィツャ (コルベット) フレッシュアイペディアより)

  • ピエトロ・ディ・クリストファロ級コルベット

    ピエトロ・ディ・クリストファロ級コルベットから見た排他的経済水域排他的経済水域

    本級は、有事においてはシチリア海峡など要衝の警備を行なうように計画されており、平時には排他的経済水域の警備任務に充てられた。1973年9月21日、本級の1番艦である「ピエトロ・デ・クリストファロ」は、リビア沖33マイルにおいて洋上警備任務中、リビア空軍のミラージュF1による攻撃を受けた。2回に渡ってDEFA 550 30mm機関砲による機銃掃射が行なわれ、同艦は艦首側に数発の30mm砲弾を被弾したが、損害は比較的軽微であった。同艦は76mm砲によって応射したものの、命中弾は認められなかった。リビア側はこの事件に対して遺憾の意を表明した。ピエトロ・ディ・クリストファロ級コルベット フレッシュアイペディアより)

  • 中沙諸島

    中沙諸島から見た経済水域排他的経済水域

    中華人民共和国、中華民国(台湾)、フィリピン、ベトナムが主権を主張している。人が居住できるほどの面積を有する陸地が無いため、物理的に軍隊が占拠するといった事ができない。フィリピンは一時的にスカボロー礁に座礁した艦船を利用し実行支配しようとしたが、中国政府のクレームにより座礁した艦船をすぐに撤去した。島の周囲の領海、経済水域はフィリピンが監視、取締を行っている。2012年4月、スカボロー礁周囲の領海に中華人民共和国の漁船が侵犯し停泊、密漁が露見し漁船はフィリピン艦船によりだ捕された。中華人民共和国側は、自国漁民の保護を理由に漁業監視船をスカボロー礁領海に侵出させ、フィリピンの巡視船と対峙した。中沙諸島 フレッシュアイペディアより)

  • ブルネイの地理

    ブルネイの地理から見た排他的経済水域排他的経済水域

    排他的経済水域(EEZ)は沿岸から200海里(370.4km)または中間線までブルネイの地理 フレッシュアイペディアより)

  • のじま (巡視船)

    のじま (巡視船)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    海上保安庁は、200海里排他的経済水域制定にともなう新海洋秩序時代の遠距離救難の主力として、70年代末から80年代初頭にかけてしれとこ型巡視船28隻を整備した。これはワークホースとして、警備・救難業務のいずれをも実施できるように設計されていたが、そのために、特に救難業務について、専門的な機材の運用などに難があった。また、救難ヘリコプターが存在感を増すのに伴って、洋上でこれらと連携できる能力も求められた。のじま (巡視船) フレッシュアイペディアより)

  • トロメリン島

    トロメリン島から見た排他的経済水域排他的経済水域

    1814年、レユニオンの一部として編入されたが、現在はレユニオンの一部ではない。トロメリン島は、280,000km?の排他的経済水域を有している。この島については、モーリシャスも領有権を主張している。この島には、サイクロンを警戒するための気象観測所が設けられており、レユニオンから気象観測士が派遣される。トロメリン島 フレッシュアイペディアより)

  • チャクリ・ナルエベト (空母)

    チャクリ・ナルエベト (空母)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    公式艦種の「外洋哨戒ヘリコプター母艦」の通り、本艦のそもそもの建造目的は「大規模災害における沿岸海域での捜索救難及びEEZ内の監視任務の中核艦の取得」であり、海洋作戦における戦術航空兵力の洋上拠点としての任務は二次的なものとされている。チャクリ・ナルエベト (空母) フレッシュアイペディアより)

  • ゲリコ (コルベット)

    ゲリコ (コルベット)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    2000年に所属部隊が大西洋海軍管区の海洋哨戒戦隊に変更され、マル・デル・プラタ海軍基地に配置換えとなった。これにより従来の水陸両用戦部隊や潜水艦部隊および海軍航空隊に対する訓練支援以外に、排他的経済水域における広域警備が大きな任務として求められ、違法漁業の摘発などに従事している。ゲリコ (コルベット) フレッシュアイペディアより)

  • ドゥルモン (コルベット)

    ドゥルモン (コルベット)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    2000年に所属部隊が大西洋海軍管区の海洋哨戒戦隊に変更され、マル・デル・プラタ海軍基地に配置換えとなった。これにより従来の水陸両用戦部隊や潜水艦部隊および海軍航空隊に対する訓練支援以外に、排他的経済水域における広域警備が大きな任務として求められ、違法漁業の摘発などに従事している。ドゥルモン (コルベット) フレッシュアイペディアより)

287件中 91 - 100件表示

「排他的経済水域」のニューストピックワード