396件中 111 - 120件表示
  • ベルジア・コエルレスケンス

    ベルジア・コエルレスケンスから見た排他的経済水域排他的経済水域

    Berghia coerulescensはヨーロッパの海、カリブ海、ジャマイカ、ポルトガルの排他的経済水域、スペインの排他的経済水域に存在している。生息している水深は約1メートルである。ベルジア・コエルレスケンス フレッシュアイペディアより)

  • ウルグアイ海軍

    ウルグアイ海軍から見た排他的経済水域排他的経済水域

    1998年に水路測量船「オジャルビデ(Oyarvide)」をドイツから購入し、ウルグアイの排他的経済水域の2倍に相当する200,000平方キロメートルの水域の再検討を始める。ウルグアイ海軍 フレッシュアイペディアより)

  • アイランド型哨戒艦

    アイランド型哨戒艦から見た排他的経済水域排他的経済水域

    1973年に開幕した第三次国連海洋法会議で、距岸200海里の排他的経済水域(EEZ)に関するコンセンサスが形成され、新海洋秩序時代への道が開かれた。またイギリスでは1960年代より北海油田の開発が進められており、その警備の必要性も増大し続けていた。これに応じて整備されたのが本型であり、ネームシップを含む5隻が1975年2月11日に発注され、1977年10月21日には更に2隻が追加された。アイランド型哨戒艦 フレッシュアイペディアより)

  • 200海里水域

    200海里水域から見た排他的経済水域排他的経済水域

    200海里水域 フレッシュアイペディアより)

  • ノールカップ級哨戒艦

    ノールカップ級哨戒艦から見た排他的経済水域排他的経済水域

    船体は砕氷構造を採用しており、また着氷を防ぐため、ヘリコプター甲板、砲甲板、上甲板は加熱されている。ノルウェー沿岸警備隊において、領海・排他的経済水域における警備・救難、海洋調査を主任務として、副次的に戦時における船団護衛任務への投入も想定されている。このことから、他の沿岸警備隊艦艇よりも強力な電装・兵装を備えているほか、必要に応じて主砲をオート・メラーラ 76 mm 砲に換装し、ペンギンやNSMなど艦対艦ミサイルやCIWSを追加搭載して、フリゲートとして改装することができる。ノールカップ級哨戒艦 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年フィリピン公船による台湾漁民銃撃事件

    2013年フィリピン公船による台湾漁民銃撃事件から見た排他的経済水域排他的経済水域

    2013年フィリピン公船による台湾漁民銃撃事件、廣大興28號事件は、2013年5月9日、台湾とフィリピン双方が排他的経済水域(EEZ)を主張する海域で、台湾漁船がフィリピン沿岸警備隊による銃撃で船員1人が死亡した事件。2013年フィリピン公船による台湾漁民銃撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • コマンダンテ級哨戒艦

    コマンダンテ級哨戒艦から見た排他的経済水域排他的経済水域

    いずれも第1哨戒戦隊司令部(COMSQUAPAT1)に配備されており、領海・排他的経済水域の警備を主任務としている。コマンダンテ級哨戒艦 フレッシュアイペディアより)

  • クールベ (フリゲート)

    クールベ (フリゲート)から見た経済水域排他的経済水域

    「クルーベ」はアンジェと命名都市の関係を結んでいる。「クルーベ」はトゥーロンに配備され海外領土や経済水域の警備の他に空母戦闘群の支援や特殊作戦および人道援助任務を担当し海洋における諸任務に当たる。クールベ (フリゲート) フレッシュアイペディアより)

  • ブルネイの地理

    ブルネイの地理から見た排他的経済水域排他的経済水域

    排他的経済水域(EEZ)は沿岸から200海里(370.4km)または中間線までブルネイの地理 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の海上保安機関

    中華人民共和国の海上保安機関から見た排他的経済水域排他的経済水域

    国家海洋局(SOA)海監総隊(海監)は、排他的経済水域における権益保護・法執行とともに、環境保護・科学調査を担っていた。国土資源部(MOLR)の管理下におかれているが、実際に運用・管理しているのは海軍とされていた。中華人民共和国の海上保安機関 フレッシュアイペディアより)

396件中 111 - 120件表示

「排他的経済水域」のニューストピックワード