396件中 121 - 130件表示
  • ピエトロ・ディ・クリストファロ級コルベット

    ピエトロ・ディ・クリストファロ級コルベットから見た排他的経済水域排他的経済水域

    1962年より建造が開始され、1965年から翌年にかけて4隻が就役した。有事においてはシチリア海峡など要衝の警備を行なうように計画されており、平時には排他的経済水域の警備任務に充てられた。1973年9月21日、本級の1番艦である「ピエトロ・デ・クリストファロ」は、リビア沖33マイルにおいて洋上警備任務中、リビア空軍のミラージュF1による攻撃を受けた。2回に渡ってDEFA 550 30mm機関砲による機銃掃射が行なわれ、同艦は艦首側に数発の30mm砲弾を被弾したが、損害は比較的軽微であった。同艦は76mm砲によって応射したものの、命中弾は認められなかった。リビア側はこの事件に対して遺憾の意を表明した。ピエトロ・ディ・クリストファロ級コルベット フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の沖縄近海における台湾漁船の抗議行動

    2005年の沖縄近海における台湾漁船の抗議行動から見た排他的経済水域排他的経済水域

    この抗議行動は日本と台湾が設定した排他的経済水域が重複していることから台湾漁船の拿捕が相継いだことに対する不満への抗議活動である。これは尖閣諸島の領有権問題の他に、日本統治下で台湾漁民が漁業を行なっていた海域であることからの漁業権主張が複合された問題となっている。また日本側により拿捕された漁船を台湾側に返却する場合の課徴金が30万新台湾ドルから130万新台湾ドルへ引き上げられ、宜蘭県延縄釣漁船協会理事長である林光輝は課徴金が漁船操業に深刻な影響を与えているとの不満を表明している。このような漁業従事者の意見に対し当時野党であった中国国民党が日本政府に対する批判を行っていた。2005年の沖縄近海における台湾漁船の抗議行動 フレッシュアイペディアより)

  • 第163回国会

    第163回国会から見た排他的経済水域排他的経済水域

    排他的経済水域等における天然資源の探査及び海洋の科学的調査に関する主権的権利その他の権利の行使に関する法律案第163回国会 フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ湾

    メキシコ湾から見た排他的経済水域排他的経済水域

    広大なメキシコ湾の大陸棚では1950年代から海底油田の開発が本格化、メキシコ湾岸油田として石油の一大産出地となった。現在、アメリカの排他的経済水域内では碁盤の目のように数千もの鉱区が設定されており、深海底での探査、掘削も行われている。メキシコのカンペチェ湾も主要産油地で、メキシコ国営石油ペメックスは生産にかげりが出てきた浅海から未開発の深海へ注力し始めている。メキシコ湾 フレッシュアイペディアより)

  • 共通漁業政策

    共通漁業政策から見た排他的経済水域排他的経済水域

    1976年になると世界では漁業水域(のちの排他的経済水域)を海岸から200海里までとするという主張が広がり、そのためEUの域外における漁業権が縮小した。EUでは自らとの貿易圏を見返りとして漁業水域を取り戻そうと交渉を重ねていく。現在では対外貿易について、世界貿易機関 (WTO) の規定の1つである関税および貿易に関する一般協定 (GATT) の枠組みの中で協議が行われている。共通漁業政策 フレッシュアイペディアより)

  • ハーリド・ビン・ワリード (フリゲート)

    ハーリド・ビン・ワリード (フリゲート)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    バングラデシュ海軍は1990年代中盤より、排他的経済水域の警備のため、新しいフリゲートの取得を希望しており、2回にわたって入札を行なっていた。初回では中国企業が最安値を提示したものの決定には至らず、1996年にかけて行なわれた2回目の入札で大宇造船海洋社の案が採用されることとなった。アジア通貨危機に伴って大宇造船海洋社の経営が悪化していたことから、実際に建造が可能かが問題視されたが、要員の訓練などについて韓国海軍が全面的な支援を提供することで解決された。艦は、1999年5月12日に起工され、2000年8月29日に進水し、2001年6月20日、「バンガバンドゥ」(Bangabandhu; F-25)として就役した。ハーリド・ビン・ワリード (フリゲート) フレッシュアイペディアより)

  • マレーシアの地理

    マレーシアの地理から見た排他的経済水域排他的経済水域

    マレーシア政府は周辺の22海里を領海として主張しており、そこにはボルネオ島のほかフィリピン、インドネシア、パプアニューギニアなどによって囲まれるサンゴ礁の海域、コーラル・トライアングルの一部も含まれる。また周辺200海里の水域を排他的経済水域としている。マレー半島とスマトラ島に挟まれるマラッカ海峡に関しては、マレーシア・インドネシア二国間におけるマラッカ海峡の国境線に関する条約(Treaty Between the Republic of Indonesia and Malaysia on Determination of boundary Lines of Territorial Waters of the two Nations at the Strait of Malacca)で領海を策定している。マレーシアの地理 フレッシュアイペディアより)

  • 暗礁

    暗礁から見た排他的経済水域排他的経済水域

    海洋法に関する国際連合条約(国連海洋法条約)第121条では、自然に形成された陸地で、水に囲まれ、高潮時にも水面上にあるものを島と定義し、島に領海、接続水域、排他的経済水域、大陸棚を認めている。ただし、上記の条件を満たしても、人間の居住又は独自の経済的生活を維持することができないものは岩とされ、排他的経済水域、大陸棚を有さない(領海、接続水域は有する)とされる。この定義によれば、干出岩、洗岩、暗岩は、国連海洋法条約上は島でも岩でもないため、領海、接続水域、排他的経済水域、大陸棚を有さない。暗礁 フレッシュアイペディアより)

  • 日本海中部海域不審船事件

    日本海中部海域不審船事件から見た排他的経済水域排他的経済水域

    現場海域は、日本の排他的経済水域ではなく公海上であったことから、停船命令を発することなく監視追尾をすることとし、つるぎ型巡視船が能登半島沖の北西約450kmで不審船「ズ・ダン1211」を視認、そのまま監視を続けた。翌9月5日0時37分、不審船が日本の防空識別圏を通過したため、追尾を終了した。日本海中部海域不審船事件 フレッシュアイペディアより)

  • ハーシュタ (哨戒艦)

    ハーシュタ (哨戒艦)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    ロールスロイス・マリーン社設計の「ハーシュタ」は、哨戒任務だけでなく緊急時には大型(20万トンまで)の石油タンカーを牽引したり、海上流出した石油を除去したり、消防活動にも使用される多目的船舶として、UT 512級からの拡大版として建造された。最も一般的な用途は漁業の監視とノルウェーの排他的経済水域の調査と海難救助である。大型の石油タンカーが航行するノルウェーの沿岸域ではこの種の艦艇が必要とされる。ハーシュタ (哨戒艦) フレッシュアイペディアより)

396件中 121 - 130件表示

「排他的経済水域」のニューストピックワード