396件中 131 - 140件表示
  • ゲリコ (コルベット)

    ゲリコ (コルベット)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    2000年に所属部隊が大西洋海軍管区の海洋哨戒戦隊に変更され、マル・デル・プラタ海軍基地に配置換えとなった。これにより従来の水陸両用戦部隊や潜水艦部隊および海軍航空隊に対する訓練支援以外に、排他的経済水域における広域警備が大きな任務として求められ、違法漁業の摘発などに従事している。ゲリコ (コルベット) フレッシュアイペディアより)

  • ドゥルモン (コルベット)

    ドゥルモン (コルベット)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    2000年に所属部隊が大西洋海軍管区の海洋哨戒戦隊に変更され、マル・デル・プラタ海軍基地に配置換えとなった。これにより従来の水陸両用戦部隊や潜水艦部隊および海軍航空隊に対する訓練支援以外に、排他的経済水域における広域警備が大きな任務として求められ、違法漁業の摘発などに従事している。ドゥルモン (コルベット) フレッシュアイペディアより)

  • 群島国家

    群島国家から見た排他的経済水域排他的経済水域

    国連海洋法条約第48条は、群島国家の群島の最も外側の島々を結んだ直線を領海や排他的経済水域を測る起算点である基線とすることを認めた。ただしこの基線を引くにあたっては、国連海洋法条約第47条は以下のような条件を課した。これは群島国家制度成立以前に認められていた他国の権利を必要以上に侵害しないためである。群島国家 フレッシュアイペディアより)

  • 第一管区海上保安本部

    第一管区海上保安本部から見た排他的経済水域排他的経済水域

    その一方で、ロシア政府との協力関係も維持しており、サハリン油田開発における海洋汚染防除・麻薬や拳銃密輸の水際阻止等で協力している。また、北海道周辺海域は世界的な好漁場であるため、中国や韓国の漁船が進出し、排他的経済水域内の操業や日本が定めた禁漁期に操業するなどのトラブルが多発している。その監視・取り締まり業務、沿岸海域の密漁監視にも力を入れている。第一管区海上保安本部 フレッシュアイペディアより)

  • 山口哲夫

    山口哲夫から見た排他的経済水域排他的経済水域

    しかし、1977年、ソ連との間で200海里問題が発生すると、社会主義協会系だった山口は親ソ派として対立陣営から攻撃されるようになった。さらにそれまで山口を支持していた公明党が野党共闘から自公民路線へと転換したことで、山口陣営からはなれたことも響き、1977年の市長選挙では落選した。山口哲夫 フレッシュアイペディアより)

  • 沖ノ鳥島港湾工事事故

    沖ノ鳥島港湾工事事故から見た排他的経済水域排他的経済水域

    沖ノ鳥島において五洋建設が請け負った港湾整備事業で、作業中に桟橋がひっくり返り、作業員16人が投げ出された。事故当日に5人の死亡、2人の行方不明、4人の軽傷が確認された。この工事は独占的に漁業や海底資源の開発ができる排他的経済水域の維持を目指し、中華人民共和国も意識するという国策工事だった。行方不明になっていた2人も後に遺体で発見され、この事故による死者数は計7人となった。沖ノ鳥島港湾工事事故 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年の政治

    1977年の政治から見た排他的経済水域排他的経済水域

    2月10日 - 日米漁業協定調印。200海里経済水域規定に基づく初の漁業協定。1977年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • アコニト (フリゲート)

    アコニト (フリゲート)から見た経済水域排他的経済水域

    建造前の1992年7月18日にシャロン=スュル=ソーヌと命名都市の関係を結んでいる。「アコニト」はトゥーロンに配備され海外領土や経済水域の警備の他に空母戦闘群の支援や特殊作戦および人道援助任務を担当し海洋における諸任務に当たる。アコニト (フリゲート) フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域及び大陸棚の保全及び利用の促進のための低潮線の保全及び拠点施設の整備等に関する法律

    排他的経済水域及び大陸棚の保全及び利用の促進のための低潮線の保全及び拠点施設の整備等に関する法律から見た排他的経済水域排他的経済水域

    排他的経済水域及び大陸棚の保全及び利用の促進のための低潮線の保全及び拠点施設の整備等に関する法律(はいたてきけいざいすいいきおよびたいりくだなのほぜんおよびりようのそくしんのためのていちょうせんのほぜんおよびきょてんしせつのせいびとうにかんするほうりつ、平成22年6月2日法律第41号)は、排他的経済水域 (EEZ) 及び大陸棚の保全及び利用の促進を目的とした、日本の法律。略称は低潮線保全・拠点施設整備法。沖ノ鳥島保全法とも呼ばれる。排他的経済水域及び大陸棚の保全及び利用の促進のための低潮線の保全及び拠点施設の整備等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • An-30 (航空機)

    An-30 (航空機)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    シビリャーク(Сибіряк)と呼ばれる長距離型。An-30を改造して5機が製造され、排他的経済水域の監視や輸送に用いられた。An-30 (航空機) フレッシュアイペディアより)

396件中 131 - 140件表示

「排他的経済水域」のニューストピックワード