396件中 11 - 20件表示
  • 国際水域

    国際水域から見た排他的経済水域排他的経済水域

    海洋法に関する国際連合条約(国連海洋法条約)の第86条では、公海について「いずれの国の排他的経済水域、領海若しくは内水又はいずれの群島国の群島水域にも含まれない海洋のすべての部分」としている。公海では国家の主権が及ばないとされている。なお、外国語で公海を「高い海」(英語で high sea、ドイツ語で Hohe See など)と表現するが、これは海岸から日出を見ると海がせり上がっていくように錯覚することにちなんでいる。国際水域 フレッシュアイペディアより)

  • ピラン湾

    ピラン湾から見た排他的経済水域排他的経済水域

    湾の2分割よりも多くの領域主張をするのとは別に、スロベニアの領海は国際水域(公海)へも接続されるべきであり、スロベニアは国際水域上に排他的経済水域(EEZ)も設定するとしている。スロベニアが1996年6月16日に批准した海洋法に関する国際連合条約によると、排他的経済水域は領海に接していなければならず、その領海は12海里まで拡張できるとされている。スロベニアの領海は国際水域まで15海里ほど離れている。従って、スロベニアが国際水域に排他的経済水域を設定できるとの主張は海洋法に関する国際連合条約に反する。もしスロベニアの排他的経済水域(Slovenian EEZ)が認められれば、その範囲内の全ての地点は距離的にスロベニアよりもクロアチアに近く、そしてイタリアに近いことになる。これもまた、海洋法に関する国際連合条約に反するものである。ピラン湾 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合海洋法会議

    国際連合海洋法会議から見た排他的経済水域排他的経済水域

    1960年代後半には、多くの旧植民地が独立を達成したことや海洋技術の急激な発達により、海洋資源の利用・配分をめぐる国家間の対立はいっそう深まっていった。特にジュネーヴ海洋法四条約の制度に新興諸国の多くは反発し、従前の海洋法秩序の根本的見直しを求める主張が強くなった。これらの諸国は既存の海洋法形成に参加しておらず、そのような過程で形成された秩序に拘束される理由はないとして、既存の海洋法の基盤そのものの合理性・適法性に異論を唱えたのである。従来の公海自由の原則は、強大な資本力・軍事力・海洋技術を持つ海洋先進国に対してのみ自由競争と機会均等、利用・開発の独占を保障した一方で、そうした力を持たない新興・弱小国の参入と利益を犠牲にしてきたというのもその理由のひとつである。これらの国々の主張は、代表的なものとしては以下の2点が挙げられる。第一は、領海の範囲を拡大することはもとより、排他的経済水域や大陸棚などといった沿岸国による資源開発の独占権、ないし優先権が認められる海域をできるだけ沿岸から沖合に拡大するよう、海洋の再区分を求めた。また第二には、特に深海底など強大な力を有する海洋先進国に独占される可能性のある海域の開発は、国際機関による直接管理と開発途上国の特恵的待遇を要求した。1960年代半ばに深海底にはニッケル、コバルト、マンガンなどのレアメタルが埋蔵していることが明らかになるなど、国際社会の関心はより高まっていった。1967年には国連総会会議においてマルタ政府代表のパルドが、大陸棚以遠の深海底を「」とし、平和目的のため、および人類全体の利益のために開発することを提案した。これは「パルド提案」、または「マルタ提案」と呼ばれる。開発途上国はこの提案に基づく国際管理方式を強固に主張し、こうした諸国が主張するを海洋法制度にも反映させようと試みた。国際連合海洋法会議 フレッシュアイペディアより)

  • キャッスル型哨戒艦

    キャッスル型哨戒艦から見た排他的経済水域排他的経済水域

    1970年代、イギリス海軍は北海油田周辺海域をはじめとする排他的経済水域の警備を主目的としてアイランド型哨戒艦7隻を整備した。これらは凌波性には優れていたものの、北大西洋で活動するには動揺性能に難があった。このことから、より長い船体によってこの問題を解決するとともに、多用途性を向上させた艦として計画されたのが本型である。キャッスル型哨戒艦 フレッシュアイペディアより)

  • オタゴ級哨戒艦

    オタゴ級哨戒艦から見た排他的経済水域排他的経済水域

    ニュージーランドは日本に次ぐ面積の排他的経済水域(EEZ)を有しているにも関わらず、その警備を担任する艦船の戦力が限られていることが問題となっていた。それに対処するために計画されたのが本級である。オタゴ級哨戒艦 フレッシュアイペディアより)

  • モルディブ国防軍

    モルディブ国防軍から見た排他的経済水域排他的経済水域

    モルディブ国防軍は、モルディブ共和国の領土、およびその広大な排他的経済水域の防衛を主任務として、主に下記の5部門から編成されている。モルディブ国防軍 フレッシュアイペディアより)

  • 国家海洋局

    国家海洋局から見た排他的経済水域排他的経済水域

    1996年に中国は「国連海洋法条約」を批准した。これに伴い中国は自国の排他的経済水域を設定し、その海域の水産物や鉱物資源の主権的権利を主張し始めた。国家海洋局 フレッシュアイペディアより)

  • サウス・ストリーム

    サウス・ストリームから見た排他的経済水域排他的経済水域

    サウスストリーム・パイプラインのロシア側陸上部分は、ロシア・ニジニ・ノヴゴロド州ポチンキ村()にあるガス・ステーションから黒海東岸・ロシア・クラスノダール地方の町ジュブガ()にあるベレゴヴァヤ・ガスステーションまでである。このベレゴヴァヤから、全長900kmの黒海海底パイプラインを通して黒海西岸ブルガリアの都市ヴァルナへと通ずる。ロシア・ウクライナ間のガス争議のため、パイプラインはウクライナの排他的経済水域を迂回しトルコ領海内を通る。国連海洋法条約によると、こうしたパイプラインを大陸棚へ敷設する際のコース抽出は、沿岸各国の承認を得られるかどうか次第である。サウス・ストリーム フレッシュアイペディアより)

  • ニヨリツギノウミタケガイモドキ

    ニヨリツギノウミタケガイモドキから見た排他的経済水域排他的経済水域

    属名の Parilimya はラテン語の (等しい、同形の)+(ある種の海産二枚貝を指す語)の意、種小名 '' は「中国の…」の意の形容詞。和名はツギノウミタケモドキに似通った種の意。中国名は「」(中華笋螂=中国のウミタケモドキ)で、種小名 sinica'' とともに”大陸棚自然延長論”に基づく中国の排他的経済水域が沖縄トラフにまで及ぶとする中国の主張が反映されたもの。ニヨリツギノウミタケガイモドキ フレッシュアイペディアより)

  • 不審船事件

    不審船事件から見た排他的経済水域排他的経済水域

    不審船事件(ふしんせんじけん)とは、国籍不明船舶(不審船)または工作船の接近・領海及びEEZ侵入により引き起こされた事件を指す。主に、日本国内で発生した事件に対して用いられる。海上保安庁では1963年(昭和38年)に最初の不審船を公式確認して以来、2003年までに20件21隻の不審船を確認している。不審船事件 フレッシュアイペディアより)

396件中 11 - 20件表示

「排他的経済水域」のニューストピックワード