396件中 21 - 30件表示
  • 遠洋漁業

    遠洋漁業から見た排他的経済水域排他的経済水域

    遠洋漁業(えんようぎょぎょう、Pelagic fisheries)の現代的な定義は、自国の排他的経済水域(200海里水域 - 370.4km)の内外における大型漁船による漁業のことである。公海や外国の200海里水域内を漁場とすることも多く、世界の海を駆け回る漁業である。単船で行われる場合もあるが、船団を組んで相互に連絡を取り合う場合が多い。遠洋漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 九段線

    九段線から見た排他的経済水域排他的経済水域

    歴史的な権利の範囲:線内の島、礁、浅瀬、砂洲は中国領土であり、内水以外の海域は排他的経済水域と大陸棚となる。九段線 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た排他的経済水域排他的経済水域

    蒸気船による漁が始まったのは1860年代以降であり、最初はトロール船を牽引するために使われた。蒸気トロール船は急速に発達し、1941年には欧米の漁船団の標準船となっていた。技術が発達しトロール船とともに工船も巨大化し、漁獲量は劇的に上昇したが、操業権と漁業資源の確保は漁業国にとっての死活問題となり、タラ戦争のような深刻な事態へと発展した。1982年になって排他的経済水域を明確にする国連海洋法条約が定められた。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題から見た排他的経済水域排他的経済水域

    問題となっているガス田は、両国の排他的経済水域内にあり、日本はその権益の範囲を現在国際的に一般的な日中中間線とするのに対し、中国は1970年代頃までの国際法上の解釈に基づく大陸棚の先端沖縄トラフまでを主張している。東シナ海ガス田問題 フレッシュアイペディアより)

  • キリバス

    キリバスから見た排他的経済水域排他的経済水域

    キリバス共和国(キリバスきょうわこく)、通称キリバスは、太平洋上に位置するギルバート諸島、フェニックス諸島、そしてライン諸島の一部等を領土とする国家で、イギリス連邦加盟国である。キリバスは33の環礁からなり、それらは赤道付近に350万km?にもわたって散らばっている。そのために世界第3位に相当する排他的経済水域を有している(ただし、陸地が少なく領海や接続水域も少ないため、これらを含めると15位にも入らない)。世界で最も早く日付が変わる国でもある。キリバス フレッシュアイペディアより)

  • 海洋法に関する国際連合条約

    海洋法に関する国際連合条約から見た排他的経済水域排他的経済水域

    領海および接続水域、国際海峡、群島水域、排他的経済水域、大陸棚、公海、島、閉鎖海および半閉鎖海、内陸国の海洋への出入りの権利、深海底、海洋環境保護・保全、海洋科学調査、海洋科学技術、国際海洋法裁判所が設置などといった国際紛争の解決、という海洋法に関する包括的な制度を規定する。1982年4月30日にジャマイカのモンテゴ・ベイにおいて第3次国際連合海洋法会議で採択された条約で、1994年11月16日に発効した。第1次国連海洋法会議で採択された領海条約、大陸棚条約、公海条約、公海生物資源保存条約の4つの条約、いわゆる「ジュネーヴ海洋法4条約」の内容を発展させたものである。条約採択当時から深海底について規定した条約第11部(第133条〜第191条)に対して先進国の不満が根強く、採択から12年後の1994年に条約第11部の内容を実質的に修正する国連海洋法条約第11部実施協定が採択されてようやく本条約は発効した。海洋法に関する国際連合条約 フレッシュアイペディアより)

  • ミスチーフ礁

    ミスチーフ礁から見た排他的経済水域排他的経済水域

    この環礁には干潮時のみ海面に姿を現す岩礁(干出岩)が存在する。国連海洋法条約において「島とは、自然に形成された陸地であって、水に囲まれ、高潮時においても水面上にあるものをいう。」と定められている。したがって満潮時に海面上に露出しない岩礁(干出岩)は「低潮高地」であり、その全部が本土または島から領海の幅を超える距離にあるときは、それ自体の領海も認められない。また「人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできない岩は、排他的経済水域又は大陸棚を有しない。」とも定められている。自国の排他的経済水域 (EEZ) 内の暗礁であるならば、その国が建造物を建設することが認められている。中国もフィリピンも国連海洋法条約を批准している。ミスチーフ礁 フレッシュアイペディアより)

  • 南シナ海判決

    南シナ海判決から見た排他的経済水域排他的経済水域

    スカボロー礁、ガベン礁(北側の礁のみ)、ケナン礁(ヒューズ礁を含む)、ジョンソン南礁、クアテロン礁及びファイアリー・クロス礁は、いずれも「岩」であり、12カイリの領海のみを有する(排他的経済水域(EEZ)及び大陸棚を生成しない)。南シナ海判決 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島中国漁船衝突事件

    尖閣諸島中国漁船衝突事件から見た排他的経済水域排他的経済水域

    日本の報道では、久場島の北北西約27キロの日本の領海から約3キロの排他的経済水域(EEZ)で、巡視船「みずき」の保安官が乗り移って停船させたとしている。尖閣諸島中国漁船衝突事件 フレッシュアイペディアより)

  • 宮古海峡

    宮古海峡から見た排他的経済水域排他的経済水域

    沖縄本島と宮古島の間は最狭区間でも約145海里(約270km)の距離があり、そのうち約48海里(約90km)が日本の領海と接続水域、残りの約97海里(約180km)が排他的経済水域である。国際航行に使用される国際海峡ではない。宮古海峡 フレッシュアイペディアより)

396件中 21 - 30件表示

「排他的経済水域」のニューストピックワード