396件中 31 - 40件表示
  • 海上保安庁の歴史

    海上保安庁の歴史から見た排他的経済水域排他的経済水域

    5月31日:対馬沖の日本の排他的経済水域 (EEZ) を韓国の漁船「502シンプン」が侵犯。第七管区海上保安本部所属の巡視艇2隻が、臨検のため「502シンプン」を停船させたが、当該船は、臨検のために乗り移った保安官2名を乗せたまま韓国側EEZへ逃走。追跡した巡視艇7隻が、韓国蔚山沖で漁船員の引渡しを求めて韓国海洋警察庁の巡視艇6隻と39時間に渉って海上で対峙。結局、漁船のEEZ侵犯を認める代わりに身柄を韓国側に引き渡されるという灰色決着になった。海上保安庁の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • スカボロー礁

    スカボロー礁から見た排他的経済水域排他的経済水域

    スカボロー礁は、フィリピンのルソン島の西約230キロメートルにあり、フィリピンの排他的経済水域 (EEZ) 内に位置する。水深3,500メートルの海盆上にあり、海底の山が水面に露出した部分にある環礁である。周囲55キロメートルの三角形の環礁で、最高点は標高約3メートルの岩礁である。地質構造上でみると大陸棚の自然延長にある。礁湖の面積が130 km2。礁湖には南東部に外海と繋がる水路があり、小型中型の船が礁湖で漁業活動を行なったり、風を避けることができる。スカボロー礁 フレッシュアイペディアより)

  • マルハ

    マルハから見た排他的経済水域排他的経済水域

    戦後は大洋漁業株式会社と改称し、1946年(昭和21年)には捕鯨を再開。1951年(昭和26年)には母船式北洋サケ・マス漁業を再開、1958年(昭和33年)には西アフリカ海域でのトロール漁業開始など、まさに世界中の海で遠洋漁業事業を展開し、漁業以外でも食品加工、冷蔵、運送、貿易商社などに進出した。遠洋漁業は戦後の食糧難の時期から高度成長期にかけて日本の貴重なタンパク源であったが、1973年(昭和48年)のオイルショック、さらに1977年(昭和52年)に排他的経済水域が設定されたことにより、その規模は縮小せざるを得なくなった。大洋漁業も、日本国内からの遠洋漁業事業は縮小しつつ、海外における漁業事業、水産物の輸入、食品加工等を行う総合食品会社に事業を変化させることとなった。マルハ フレッシュアイペディアより)

  • 日台漁業取り決め

    日台漁業取り決めから見た排他的経済水域排他的経済水域

    日本は1996年6月の国連海洋法条約の批准に伴い、周辺国と排他的経済水域における境界線策定など、漁業における協議を行い運営上の協定を結ぶ必要が生まれた。日台漁業取り決め フレッシュアイペディアより)

  • 中沙諸島

    中沙諸島から見た排他的経済水域排他的経済水域

    スカボロー礁は、この地域で唯一、満潮時にも海面上にあるため、領土および領海の起算点となる。「海洋法に関する国際連合条約(国連海洋法条約)」第121条第1項では、「島とは、自然に形成された陸地であって、水に囲まれ、満潮時においても水面上にあるものをいう」とされており、スカボロー礁はこの定義上の「島」に該当する。一方、排他的経済水域(EEZ)の起算点となる得るかについては疑義が呈されている。同条約第121条第3項では、「人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできない岩は、排他的経済水域又は大陸棚を有しない」とされており、スカボロー礁がこの条件を満たすか否かついては両論がある。なお、この地域のスカボロー礁以外の島礁は、国際法上は領土にも、領海や排他的経済水域の起算点にもなり得ない。中沙諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 南シナ海

    南シナ海から見た排他的経済水域排他的経済水域

    インドネシア - 南シナ海の南部、ナトゥナ諸島の北200カイリまでの排他的経済水域(EEZ)内を2017年7月14日に「北ナトゥナ海」(North Natuna Sea)と改称。南シナ海 フレッシュアイペディアより)

  • ロシアの経済

    ロシアの経済から見た排他的経済水域排他的経済水域

    ロシアは大西洋、北極海、太平洋の3つの大洋に面し、カスピ海、バイカル湖、ラドガ湖の他大小2万を超える河川をもち、排他的経済水域(EEZ)は約760万kmに及ぶ。2005年の国際連合食糧農業機関(FAO)統計によると、ロシアの漁業の漁獲量は3,190,946トン、養殖業では114,752トンであった。これは世界第9位の漁獲量であり、世界全体の2.3%を占めている。2009年のGDP産業別構成では漁業額は772億ルーブルであり、GDP全体の0.2%である。ロシアの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 九州南西海域工作船事件

    九州南西海域工作船事件から見た排他的経済水域排他的経済水域

    この事件における最初の不審船の情報は、2001年(平成13年)12月18日にアメリカ軍から情報を受け取った防衛庁により海上保安庁へと伝達された。海保は、この情報を元に東シナ海の公海上で「長漁3705」と記された漁船のような外観の国籍不明船を発見し、日本の「排他的経済水域(EEZ)内において、漁船型船舶『長漁3705』の乗組員が『排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律 第5条第1項』の規定に違反する無許可漁業等を行っている疑いがあった」として、漁業法に基づいて停船を命令、巡視船による立ち入り検査を試みたが、当該不審船はこれを無視して逃走した。九州南西海域工作船事件 フレッシュアイペディアより)

  • 沖ノ鳥島

    沖ノ鳥島から見た排他的経済水域排他的経済水域

    沖ノ鳥島が日本国の領土であり、その周囲に日本国の領海を持つことはどこの国からも異論がでていない。ただし、下記のように、沖ノ鳥島周辺の排他的経済水域(Exclusive Economic Zone、略称:EEZ)の存在について、日本国と中華人民共和国(中国)及び大韓民国(韓国)の間で主張が異なっている。また中華民国(民主進歩党など台湾独立派含む)からも岩だとする意見がある。沖ノ鳥島 フレッシュアイペディアより)

  • チャクリ・ナルエベト (空母)

    チャクリ・ナルエベト (空母)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    しかし1980年代後半に入ると、タイ国共産党の弱体化やベトナム軍のラオス・カンボジアからの撤退によって陸上からの脅威が減少する一方、国連海洋法条約採択によって200海里の排他的経済水域(EEZ)が制定されたのを受けて、南シナ海でも海洋権益を巡る紛争が顕在化した。この情勢を受けて、地域において主要な役割を担いうる海軍部隊の整備が国家の関心事となり、そのための予算が配分されるようになった。チャクリ・ナルエベト (空母) フレッシュアイペディアより)

396件中 31 - 40件表示

「排他的経済水域」のニューストピックワード