396件中 51 - 60件表示
  • 200海里漁業専管水域

    200海里漁業専管水域から見た排他的経済水域排他的経済水域

    200海里漁業専管水域 フレッシュアイペディアより)

  • 200海里排他的経済水域

    200海里排他的経済水域から見た排他的経済水域排他的経済水域

    200海里排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 海洋安全保障

    海洋安全保障から見た排他的経済水域排他的経済水域

    海洋は有史以来、地球の7割を覆い、人類に世界との交流・交易の通路として、また豊かな漁業資源や観光資源を与えてきた。一方で、人間に対して事故や気象を要因とする海難による恐怖をもたらし、また、その豊かさ故に国家間の紛争の要因ともなってきた。世界の海洋は主に各国の主権の及ばない公海と沿岸国の領海及び排他的経済水域があるが、海洋の40%は国家の支配権またはその争いの対象となっている。その意味で国際社会における海洋問題は、各国間の「紛争の海」「主張する海」としての性格が強い。海洋安全保障 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域及び大陸棚に関する法律

    排他的経済水域及び大陸棚に関する法律から見た排他的経済水域排他的経済水域

    国連海洋法条約が規定するところにより排他的経済水域と大陸棚を定義し、天然資源の探査、開発、保存及び管理などの経済的な目的で行われる探査及び開発のための活動などについて規定している。排他的経済水域及び大陸棚に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の核武装論

    日本の核武装論から見た排他的経済水域排他的経済水域

    戦略原潜は単独で活動せず、攻撃型原潜が護衛に付くのが一般的である。よって戦略原潜を配備するなら戦略原潜と同数以上の攻撃型原潜が望ましい。日本は世界6位の排他的経済水域(EFZ)を持っているが、ソビエトがかつてカムチャツカ半島沖に保持した「聖域(敵勢力の活動を排除した海域)」を持つことは困難と見られる。必要なのは航行の自由が保障されるEEZではなく、侵入そのものを違法とできる領海か、または侵入を困難たらしめる内海である。潜水艦以外の護衛戦力の展開についても、広大な海域のエアカバーは海上自衛隊、航空自衛隊の航空部隊の能力を超えるものであるし、水上艦艇の貼り付けではその行為自体が潜水艦の存在の傍証となってしまう。日本の核武装論 フレッシュアイペディアより)

  • メンジンスキー (国境警備艦)

    メンジンスキー (国境警備艦)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    1984年9月6日にはセヴァストーポリを出航、アフリカ大陸沿岸を一周してソ連の極東岸を目指した。ポートサイド、アデン、カムラン湾、ヴラジヴォストークを経由し、10月22日にはナホトカで実働状態に入った。国境や200海里排他的経済水域の警備をその任務とし、場合によっては国境を侵した潜水艦の撃滅や航行船舶の護衛、上陸部隊の安全の確保を行うものとされた。特に、日本海や千島列島(クリル列島)における漁船の違法操業の取締りが目下の主要任務となった。メンジンスキー (国境警備艦) フレッシュアイペディアより)

  • オリョール (国境警備艦)

    オリョール (国境警備艦)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    1987年2月10日にはセヴァストーポリを出航、アフリカ大陸沿岸を一周してソ連の極東岸を目指した。ポートサイド、アデン、カムラン湾、ヴラジヴォストークを経由し、3月25日にはナホトカで実働状態に入った。国境や200海里排他的経済水域の警備をその任務とし、場合によっては国境を侵した潜水艦の撃滅や航行船舶の護衛、上陸部隊の安全の確保を行うものとされた。特に、日本海や千島列島(クリル列島)における漁船の違法操業の取締りが目下の主要任務となった。オリョール (国境警備艦) フレッシュアイペディアより)

  • ケードロフ (国境警備艦)

    ケードロフ (国境警備艦)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    1990年9月27日にはセヴァストーポリを出航、アフリカ大陸沿岸を一周してソ連の極東岸を目指した。ポートサイド、アデン、カムラン湾、ヴラジヴォストークを経由し、11月20日にはペトロパヴロフスク=カムチャツキーで実働状態に入った。国境や200海里排他的経済水域の警備をその任務とし、場合によっては国境を侵した潜水艦の撃滅や航行船舶の護衛、上陸部隊の安全の確保を行うものとされた。特に、日本海や千島列島(クリル列島)における漁船の違法操業の取締りが目下の主要任務となった。ケードロフ (国境警備艦) フレッシュアイペディアより)

  • アンティル諸島駐屯フランス軍

    アンティル諸島駐屯フランス軍から見た排他的経済水域排他的経済水域

    海軍は海域司令官の下で、フォール=ド=フランスに基地を置き、約500人が配置されている。海軍部隊は特に治安維持、そのなかでも広大な海域で繰り広げられる麻薬密輸との戦いを重視しており、漁業取締や水路業務をしつつ年間8,000時間に及ぶ海上監視活動と訓練を実施している。この海域におけるフランスの排他的経済水域の範囲は150,000平方キロメートルあり、南米大陸から流入する麻薬はカリブ海諸国を中継してアメリカ合衆国やヨーロッパ諸国に流入している。アンティル諸島駐屯フランス軍 フレッシュアイペディアより)

  • ノルウェー沿岸警備隊

    ノルウェー沿岸警備隊から見た排他的経済水域排他的経済水域

    200海里の排他的経済水域の問題から、ノルウェー海の漁業権の保護・監視をおこなう必要が生じた。そのために、1977年にノルウェー海軍から分離し、沿岸警備隊が組織された。任務としては漁業権保護が中心であり、その他に環境汚染の監視や救難業務などをおこなっている。戦時には海軍と協力し軍事任務を遂行する。ノルウェー沿岸警備隊 フレッシュアイペディアより)

396件中 51 - 60件表示

「排他的経済水域」のニューストピックワード