287件中 61 - 70件表示
  • アミヨ・ダンヴィユ (通報艦)

    アミヨ・ダンヴィユ (通報艦)から見た経済水域排他的経済水域

    「アミヨ・ダンヴィユ」はボーヴェと命名都市の関係を結んでいた。ボーヴェはダンヴィユの生まれた町でもある。「アミヨ・ダンヴィユ」は当初ブレストに、次にシェルブールに配備され海外領土や経済水域の警備の他に、潜水艦部隊の支援や法執行活動および救難を担当し海洋における諸任務に当たる。アミヨ・ダンヴィユ (通報艦) フレッシュアイペディアより)

  • ドログー (通報艦)

    ドログー (通報艦)から見た経済水域排他的経済水域

    1981年10月17日にカンヌと命名都市の関係を結んだ。「ドログー」は当初トゥーロンに、その後ブレストに配備され海外領土や経済水域の警備の他に、潜水艦部隊の支援や法執行活動および救難を担当し海洋における諸任務に当たる。ドログー (通報艦) フレッシュアイペディアより)

  • デトロヤ (通報艦)

    デトロヤ (通報艦)から見た経済水域排他的経済水域

    バイヨンヌと命名都市の関係を結ぶ。「デトロヤ」は海外領土や経済水域の警備の他に、潜水艦部隊の支援や法執行活動および救難を担当し海洋における諸任務に当たる。デトロヤ (通報艦) フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・ムーラン (通報艦)

    ジャン・ムーラン (通報艦)から見た経済水域排他的経済水域

    「ジャン・ムーラン」は当初ブレスト、一時はヌメアに配備されるもブレストに再配備され海外領土や経済水域の警備の他に、潜水艦部隊の支援や法執行活動および救難を担当し海洋における諸任務に当たる。ジャン・ムーラン (通報艦) フレッシュアイペディアより)

  • カルティエ=メートル・アンクティル (通報艦)

    カルティエ=メートル・アンクティル (通報艦)から見た経済水域排他的経済水域

    1978年4月29日にディナンと命名都市の関係を結び、陸軍の第3竜騎兵連隊と提携関係を結ぶ(連隊が解隊される1997年6月まで)。「カルティエ=メートル・アンクティル」は海外領土や経済水域の警備の他に、潜水艦部隊の支援や法執行活動および救難を担当し海洋における諸任務に当たる。カルティエ=メートル・アンクティル (通報艦) フレッシュアイペディアより)

  • ハーリド・ビン・ワリード (フリゲート)

    ハーリド・ビン・ワリード (フリゲート)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    バングラデシュ海軍は1990年代中盤より、排他的経済水域の警備のため、新しいフリゲートの取得を希望しており、2回にわたって入札を行なっていた。初回では中国企業が最安値を提示したものの決定には至らず、1996年にかけて行なわれた2回目の入札で大宇造船海洋社の案が採用されることとなった。アジア通貨危機に伴って大宇造船海洋社の経営が悪化していたことから、実際に建造が可能かが問題視されたが、要員の訓練などについて韓国海軍が全面的な支援を提供することで解決された。艦は、1999年5月12日に起工され、2000年8月29日に進水し、2001年6月20日、「バンガバンドゥ」(Bangabandhu; F-25)として就役した。ハーリド・ビン・ワリード (フリゲート) フレッシュアイペディアより)

  • ラファイエット (フリゲート)

    ラファイエット (フリゲート)から見た経済水域排他的経済水域

    1995年10月21日にサン=ディエ=デ=ヴォージュと命名都市の関係を結ぶ。「ラ・ファイエット」はトゥーロンに配備され海外領土や経済水域の警備の他に、空母戦闘群の支援や特殊作戦および人道援助任務を担当し海洋における諸任務に当たる。ラファイエット (フリゲート) フレッシュアイペディアより)

  • 三陸

    三陸から見た排他的経済水域排他的経済水域

    青森県北東端にあたる下北半島・尻屋崎から東南東へ引いた線を北限とし、福島県と茨城県の県境の正東線(概ね北緯36度51分)を南限とする海域。西端は東北地方の太平洋側の海岸線、東端は350海里線とみられる。東経145度を境に西側を「三陸沖西部」、東側を「三陸沖東部」とする。三陸沖を東西の海域に分ける東経145度線は概ね海岸線から200海里にあるため、「三陸沖西部」は日本の排他的経済水域である。三陸 フレッシュアイペディアより)

  • 竹崎町

    竹崎町から見た排他的経済水域排他的経済水域

    下関駅の西側は下関漁港が大洋漁業を中心とした捕鯨・遠洋漁業の母港として栄えると大いに賑わいを見せるが、オイルショックや排他的経済水域の設定、さらには商業捕鯨モラトリアムにより捕鯨・遠洋漁業の環境に厳しさが増すにつれ、かつての賑わいは失われつつある。竹崎町 フレッシュアイペディアより)

  • 海洋安全保障

    海洋安全保障から見た排他的経済水域排他的経済水域

    海洋は有史以来、地球の7割を覆い、人類に世界との交流・交易の通路として、また豊かな漁業資源や観光資源を与えてきた。一方で、人間に対して事故や気象を要因とする海難による恐怖をもたらし、また、その豊かさ故に国家間の紛争の要因ともなってきた。世界の海洋は主に各国の主権の及ばない公海と沿岸国の領海及び排他的経済水域があるが、海洋の40%は国家の支配権またはその争いの対象となっている。その意味で国際社会における海洋問題は、各国間の「紛争の海」「主張する海」としての性格が強い。海洋安全保障 フレッシュアイペディアより)

287件中 61 - 70件表示

「排他的経済水域」のニューストピックワード