287件中 71 - 80件表示
  • アコニト (フリゲート)

    アコニト (フリゲート)から見た経済水域排他的経済水域

    建造前の1992年7月18日にシャロン=スュル=ソーヌと命名都市の関係を結んでいる。「アコニト」はトゥーロンに配備され海外領土や経済水域の警備の他に空母戦闘群の支援や特殊作戦および人道援助任務を担当し海洋における諸任務に当たる。アコニト (フリゲート) フレッシュアイペディアより)

  • タクティカルロア

    タクティカルロアから見た排他的経済水域排他的経済水域

    東ルース共和国沖の海上に浮かぶ、海上プラント国家。グランドロア発生後に大量発生した難民や経済的に弱い国家から排出された貧困層が難民救済用のメガフロートに居住したことが始まりで、「シーレルム運動」と称する独自の建国理論を持つが、海上の人工島のみを領土とするため主権国家として認めるかには意見が分かれる。大国によるアジア統一に繋がる「環太平洋連合」に反対している。隣国の東ルース共和国との間に領海・排他的経済水域における問題を抱えている。東ルースが東アジア防衛機構への参加を表明すると反発はより激しいものとなり、そこをリディルに利用されてしまった。タクティカルロア フレッシュアイペディアより)

  • 東京都島嶼部

    東京都島嶼部から見た排他的経済水域排他的経済水域

    南方500kmには北マリアナ諸島があり、排他的経済水域が接している。南方諸島(狭義)とマリアナ諸島により、太平洋とフィリピン海が分けられている。東京都島嶼部 フレッシュアイペディアより)

  • トルコ沿岸警備隊

    トルコ沿岸警備隊から見た排他的経済水域排他的経済水域

    人員は約1,100名で構成され、本部はアンカラにある。トルコ沿岸を黒海、エーゲ海、地中海、海峡部(マルマラ海・ボスポラス海峡など)に4区分し、それぞれに部隊を配置している。特にエーゲ海地区はギリシャとの緊張関係にあるため、その排他的経済水域の確保には、注意が払われている。トルコ沿岸警備隊 フレッシュアイペディアより)

  • チェルニーヒウ (コルベット)

    チェルニーヒウ (コルベット)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    1981年から1989年の間、イズマイールはクリミア半島沿海の黒海における200浬排他的経済水域の警備を主たる任務とした。その間、イズマイールは5459 隻の船舶の検査を行い、296 隻を勾留した。その内、外国籍の船舶は14 隻であった。1986年2月と1989年2月にアメリカ海軍のミサイル巡洋艦ヨークタウンと駆逐艦カロンがソ連の領海を侵犯する挑発行為を行った際、イズマイールはこれに対処するために出動した。なお、ヨークタウンはソ連海軍の警備艦ベズザトヴェートヌイ(のちのウクライナ海軍フリゲート・ドニプロペトロウシク)に体当たりをされ損傷している。チェルニーヒウ (コルベット) フレッシュアイペディアより)

  • ゴーストフィッシング

    ゴーストフィッシングから見たEEZ排他的経済水域

    1999年に新日韓漁業協定が発効して以降、日韓暫定水域や日本のEEZにおける韓国漁船のゴーストフィッシングが問題となっている。ゴーストフィッシング フレッシュアイペディアより)

  • パシフィック級哨戒艇

    パシフィック級哨戒艇から見た排他的経済水域排他的経済水域

    1982年に国連で国連海洋法条約が採択された結果、各国は沿岸200浬に及ぶ排他的経済水域を持つこととなった。しかし、南西大西洋の島嶼国のほとんどは、この広大な海域の監視・取締りを行う機材や人材、ノウハウそして資金を持っていなかった。パシフィック級哨戒艇 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域及び大陸棚に関する法律

    排他的経済水域及び大陸棚に関する法律から見た排他的経済水域排他的経済水域

    国連海洋法条約が規定するところにより排他的経済水域と大陸棚を定義し、天然資源の探査、開発、保存及び管理などの経済的な目的で行われる探査及び開発のための活動などについて規定している。排他的経済水域及び大陸棚に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律

    排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律から見た排他的経済水域排他的経済水域

    海洋法に関する国際連合条約に定める権利を的確に行使することにより海洋生物資源の適切な保存及び管理を図るため、排他的経済水域(EEZ)における漁業等に関する主権的権利の行使等について必要な措置を規定している。排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年北海道知事選挙

    1987年北海道知事選挙から見た排他的経済水域排他的経済水域

    この時の知事選挙は、前回(1983年)の知事選挙で当選した横路孝弘の革新道政を継続させるか否かが争点となった。また選挙戦に入ると「売上税」問題も争点に浮上して有権者の関心も高まり、激しい選挙戦が展開された。当時の北海道は減反や二百海里減船対策、国の第8次石炭政策による相次ぐ炭鉱閉山など、北海道の基幹産業である農漁業や炭鉱業が産業構造転換を前にして問題に直面している中で行われた選挙となった。横路候補はこれら一連の産業構造転換を「国による地方いじめの時代」とし、「地方の復権」「地方の自立」を訴え、対する松浦候補は元食糧庁長官という経歴から「中央との太いパイプ」を前面に打ち出し、公共事業など国の予算の重点配分による危機打開を提示し、真っ向から対立した。選挙の結果、現職の横路候補が新人の松浦候補と山辺候補を大差で破って再選を果たした。1987年北海道知事選挙 フレッシュアイペディアより)

287件中 71 - 80件表示

「排他的経済水域」のニューストピックワード