396件中 71 - 80件表示
  • イズムルート (国境警備艦)

    イズムルート (国境警備艦)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    イズムルートは200海里排他的経済水域の警備任務に就き、コーラ半島周辺のバレンツ海で行動している。ソ連崩壊後は所属がロシア国境軍に変更されている。イズムルート (国境警備艦) フレッシュアイペディアより)

  • チェルニーヒウ (コルベット)

    チェルニーヒウ (コルベット)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    1981年から1989年の間、イズマイールはクリミア半島沿海の黒海における200浬排他的経済水域の警備を主たる任務とした。その間、イズマイールは5459 隻の船舶の検査を行い、296 隻を勾留した。その内、外国籍の船舶は14 隻であった。1986年2月と1989年2月にアメリカ海軍のミサイル巡洋艦ヨークタウンと駆逐艦カロンがソ連の領海を侵犯する挑発行為を行った際、イズマイールはこれに対処するために出動した。なお、ヨークタウンはソ連海軍の警備艦ベズザトヴェートヌイ(のちのウクライナ海軍フリゲート・ドニプロペトロウシク)に体当たりをされ損傷している。チェルニーヒウ (コルベット) フレッシュアイペディアより)

  • ジェームチュク (国境警備艦・初代)

    ジェームチュク (国境警備艦・初代)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    ジェームチュクは200海里排他的経済水域の警備任務に就き、コーラ半島周辺のバレンツ海で行動している。ソ連崩壊後は所属がロシア国境軍に変更された。1995年10月4日には売却・解体のために除籍され、2月1日には解体作業が実施された。ジェームチュク (国境警備艦・初代) フレッシュアイペディアより)

  • ルビーン (国境警備艦・初代)

    ルビーン (国境警備艦・初代)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    ルビーンは200海里排他的経済水域の警備任務に就き、コーラ半島周辺のバレンツ海で行動している。ソ連崩壊後は所属がロシア国境軍に変更された。1992年6月15日には売却・解体のために除籍された。ルビーン (国境警備艦・初代) フレッシュアイペディアより)

  • ナジョージュヌイ (国境警備艦)

    ナジョージュヌイ (国境警備艦)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    ナジョージュヌイは200海里排他的経済水域の警備任務に就き、コーラ半島周辺のバレンツ海で行動している。ソ連崩壊後は所属がロシア国境軍に変更された。ナジョージュヌイ (国境警備艦) フレッシュアイペディアより)

  • アメチースト (国境警備艦)

    アメチースト (国境警備艦)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    アメチーストは200海里排他的経済水域の警備任務に就き、コーラ半島周辺のバレンツ海で行動している。ソ連崩壊後は所属がロシア国境軍に変更された。1997年3月31日には売却・解体のために除籍された。アメチースト (国境警備艦) フレッシュアイペディアより)

  • ブリリアーント (国境警備艦・初代)

    ブリリアーント (国境警備艦・初代)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    ブリリアーントは200海里排他的経済水域の警備任務に就き、コーラ半島周辺のバレンツ海で行動している。ソ連崩壊後は所属がロシア国境軍に変更された。1995年3月13日には売却・解体のために除籍され、4月26日には解体作業が実施された。ブリリアーント (国境警備艦・初代) フレッシュアイペディアより)

  • プスコーフ (国境警備艦)

    プスコーフ (国境警備艦)から見た排他的経済水域排他的経済水域

    11351型国境警備艦は極東方面へ集中配備することが予定されており、イーメニ70レートVChK-KGBも1988年にはセヴァストーポリを出航、アフリカ大陸沿岸を一周してソ連の極東岸を目指した。ポートサイド、アデン、カムラン湾、ヴラジヴォストークを経由し、配備先であるペトロパーヴロフスク=カムチャーツキイで実働状態に入った。国境や200海里排他的経済水域の警備をその任務とし、場合によっては国境を侵した潜水艦の撃滅や航行船舶の護衛、上陸部隊の安全の確保を行うものとされた。特に、日本海や千島列島(クリル列島)における漁船の違法操業の取締りが目下の主要任務となった。艦長はV・S・ストリジョフ1等佐官であった。プスコーフ (国境警備艦) フレッシュアイペディアより)

  • サンペドロ・サンパウロ群島

    サンペドロ・サンパウロ群島から見た排他的経済水域排他的経済水域

    ブラジル連邦共和国はこの岩礁を領土であると宣言し、そこから200マイルの排他的経済水域を主張するため、公式には「群島」と呼んでいる。しかし岩石が露出し、森林も飲料水もない。最大のベウモンチ(Belmonte)島でも長さ180m、幅50mしかない。総面積は13平方メートル、最高点はノルデスチ島(Nordeste)の21mである。そのため地元漁民は「岩礁」(rochedo ホシェード, penedo ペネード)と呼んでいる。サンペドロ・サンパウロ群島 フレッシュアイペディアより)

  • 日中中間線

    日中中間線から見た排他的経済水域排他的経済水域

    日中中間線(にっちゅうちゅうかんせん)とは、ちょうど沖縄諸島と中国大陸との中間に位置し、日本が排他的経済水域の境界線を定める基準として主張している線。日中中間線 フレッシュアイペディアより)

396件中 71 - 80件表示

「排他的経済水域」のニューストピックワード