前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見た南シナ海

    中国は南シナ海上の島を起点とした他国とのEEZの重複水域の再線引きの根拠として「等距離中間線論」を主張しベトナム、フィリピンの主張と対立している。中国が「等距離中間線論」を主張しているのは争点の海域の海底地形に明瞭に判別できる大陸棚の限界線が存在しないためである。しかし、そもそもEEZの境界設定以前に、起点となる島々の力による一方的な占取に始まり、一方的な領有権の主張を根拠としているため、条約上有効なのか大いに疑問の余地がある。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見たハリー・S・トルーマン

    歴史上最初の領海外の公海上の漁業管理の試みは、アメリカ合衆国トルーマン大統領により1945年に宣言された『公海の一定水域における沿岸漁業に関するアメリカ合衆国の政策』を端緒とする。この宣言には漁業水域の具体的水域範囲は設定されてはいないが、当時は領海幅についても国際的に合意されているとは言えない状態であった。当時、漁業技術の革新により母船式各種漁業が盛んとなりつつあり、自国領海近傍で行われる外国遠洋漁業者に対する牽制を含めての宣言布告であった。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見た鉱物

    設定水域の海上、海中、海底及び海底下に存在する水産・鉱物資源並びに海水、海流、海風から得られる自然エネルギーに対して、探査、開発、保全及び管理を行う排他的な権利(他国から侵害されない独占的に行使できる権利)を有することが明記されている。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見た東シナ海

    例えば東シナ海においては、中華人民共和国は「大陸棚自然延長論」に基づいて自国の沿岸からに伸びる大陸棚の突端は沖縄トラフの西斜面の最下部でありEEZの境界も大陸棚境界と同じ位置にあるとする「東シナ海大陸棚沖縄トラフ限界説」を主張している。一方、日本は沖縄トラフ(海底の溝)のような海底地形に法的な意味はなく東シナ海大陸棚の東端は南西諸島東側の琉球海溝に向けて落ち込む斜面上にあるとする「東シナ海大陸棚琉球海溝限界説」を主張している。さらにこの「東シナ海大陸棚琉球海溝限界説」をとるならば日本と中国は大陸棚を分有していることとなり、この場合「衡平な解決」の原則に基づけば、それぞれの国の領海基線から等距離中間線を大陸棚・EEZの境界とするのが妥当であると日本は主張をしている。中国の主張する「東シナ海大陸棚沖縄トラフ限界説」をとると、等距離中間線などの両国の海底資源の平衡性がとれた状態から中国の方に大きく傾くこととなり、海底資源の「衡平な解決」の原則を大きく逸脱するものである。日本の主張する「等距離中間線論」は「衡平な解決」の原則からみても順当な考え方である。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見た東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題 - 中国は「東シナ海大陸棚沖縄トラフ限界説」を主張している。これに対して日本は「東シナ海大陸棚琉球海溝限界説」をとり東シナ海大陸棚を中国と分有していると主張している。そして大陸棚上の境界は「衡平な解決」の原則を採り日中等距離中間線を大陸棚・EEZの境界とするのが妥当であると主張している。国連海洋法条約にはEEZ・大陸棚の重複水域の境界画定の手法について定めはない。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見たコンクリート

    沖ノ鳥島 - 排他的経済水域を維持するために日本政府が島の周囲をコンクリートやブロックで固め浸食を防いでいる。中韓両国は沖ノ鳥島を国連海洋法条約第121条3項に規定される「人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできない岩」であり大陸棚・EEZの起点には成り得ないと主張している。しかし、2012年4月に国連の大陸棚限界委員会が沖ノ鳥島を起点とする沖ノ鳥島北方海域の大陸棚を認定したため、沖ノ鳥島が条約上の「島」であることが事実上認定され、沖ノ鳥島が「島」か「人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできない岩」のどちらであるかの論争は決着がついた。九州-パラオ海嶺南部海域(沖ノ鳥島南方海域)が勧告されなかったのは相対国(ミクロネシア連邦、パラオ共和国など)の大陸棚と重複する可能性があるためである。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見た黄海

    また韓国と中国の間のEEZの重複海域の境界の再線引きについては、黄海中の重複水域下の大陸棚に地形上の明瞭に判る大陸棚の終端部が存在しない。そのため中国は中韓両国が大陸棚を分有していると考え「衡平な解決」を前提とした「等距離中間線論」を主張している。しかし現在EEZ重複水域上の排他的な境界線の画定にはいたらず、中韓は暫定措置としてEEZ重複水域に共同漁業管理水域を設定し生物資源の共同管理を実施している。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見た南極大陸

    表は有人又は無人を問わず各主権国家の属領を含むが、南極大陸の領有権主張は含んでいない。EEZ+TIAは、排他的経済水域 (EEZ) に総内面積 (TIA) を加えたものである。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見た南沙諸島

    2016年7月12日にオランダ・ハーグの常設仲裁裁判所が南シナ海を巡る中国の主張や活動についてフィリピンが行った15の申し立てに関して下した判断の中では、南シナ海の南沙諸島に存在するリーフ(礁)を例に取り上げ、それらすべての高潮時地物(high-tide features)は、法的には排他的経済水域または大陸棚を発生させない「岩」であるとした。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見た自然エネルギー

    排他的経済水域(はいたてきけいざいすいいき; 略称EEZ、, )とは、国連海洋法条約に基づいて設定される、天然資源及び自然エネルギーに関する「主権的権利」、並びに人工島・施設の設置、環境保護・保全、海洋科学調査に関する「管轄権」がおよぶ水域のことを指す。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示

「排他的経済水域」のニューストピックワード