前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見たASEAN

    排他的経済水域は自国の沿岸から200海里まで設定でき、自国の沿岸からの大陸棚が200海里を超えて伸びている場合はそこまで設定できるとされているが、その水域が隣接国の排他的経済水域と重複する場合は、最終的に沿岸国同士の交渉によって決定しなければならず、隣接する沿岸国同士がそれぞれの水域を巡って対立することがある。例えば東シナ海においては、自国の沿岸から伸びる大陸棚の突端までのすべての海域が自国の大陸棚でEEZであるとする「大陸棚自然延長論」をとる中華人民共和国と、仮に一方の国の大陸棚が地形的に2延伸していても、もう一方の国の200海里水域と重複する場合は両国のEEZの基点からの中間線がEEZの際目であるとする「中間線論」を主張する日本が対立している。なお、ミャンマーとバングラデシュ間の対立においては、国際海洋法裁判所は「大陸棚の(帰属の)境界は、中間線を基本とする」という判決を下している。なお、中国は南シナ海のASEAN諸国との対立においては逆に自国に有利な「中間線論」を主張しており二重規範をとっている。さらに韓国も黄海における中国との対立では「中間線論」を主張しているが、東シナ海の九州西方海域における日本との対立では「大陸棚自然延長論」を主張しており、こちらも二重規範をとっている。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見た海洋

    海洋は自由航行の認められた公海と、沿岸国の主権がおよぶ領海(外国船舶は無害通航権を行使すれば領海内でも航行できるが、沿岸国が設定する無害通航に関する法令の遵守を求められる)とに分けられる。領海について国によって様々な距離が主張された。多くは3海里ないし12海里であったが、中には200海里まで自国の領海であると主張する国が現れてきた。沿岸国に領海を認めることは慣習的に国際法として定着していたが、その距離については長年決着を見なかった。そこで国連が中心になり、沿岸国の権利と自由通航の確保を両立させるための条約制定会議が行われ、その結果定められたのが国連海洋法条約である。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見た東シナ海ガス田問題

    東シナ海ガス田問題 - 中国は大陸から伸びる大陸棚の突端までの全てが中国がEEZを設定できる中国独自の大陸棚であると主張している。これに対して日本は、中国から伸びる大陸棚が日本の200海里と重複するため、両国のEEZの基点の陸地からの中間線がEEZの境目であると主張している。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見た鉱物

    排他的経済水域(はいたてきけいざいすいいき、exclusive economic zone; EEZ)とは、国連海洋法条約に基づいて設定される経済的な主権がおよぶ水域のことを指す。沿岸国は国連海洋法条約に基づいた国内法を制定することで自国の沿岸から200海里(約370km)の範囲内の水産資源および鉱物資源などの非生物資源の探査と開発に関する権利を得られる。その代わりに、資源の管理や海洋汚染防止の義務を負う。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見たコンクリート

    沖ノ鳥島 - 排他的経済水域を維持するために日本政府が島の周囲をコンクリートやブロックで固め浸食を防いでいるが、中韓両国が沖ノ鳥島はEEZを設定できない「岩」であると主張している。2012年4月に国連の大陸棚限界委員会が沖ノ鳥島北方海域をEEZが設定できる日本の大陸棚と勧告したことから日本政府はこれをもって沖ノ鳥島が事実上島と認定されたと発表しているが、中韓両国政府は、沖ノ鳥島南方海域が勧告されなかったことをあげて日本政府の発表は曲解であると反発している。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見た黄海

    排他的経済水域は自国の沿岸から200海里まで設定でき、自国の沿岸からの大陸棚が200海里を超えて伸びている場合はそこまで設定できるとされているが、その水域が隣接国の排他的経済水域と重複する場合は、最終的に沿岸国同士の交渉によって決定しなければならず、隣接する沿岸国同士がそれぞれの水域を巡って対立することがある。例えば東シナ海においては、自国の沿岸から伸びる大陸棚の突端までのすべての海域が自国の大陸棚でEEZであるとする「大陸棚自然延長論」をとる中華人民共和国と、仮に一方の国の大陸棚が地形的に2延伸していても、もう一方の国の200海里水域と重複する場合は両国のEEZの基点からの中間線がEEZの際目であるとする「中間線論」を主張する日本が対立している。なお、ミャンマーとバングラデシュ間の対立においては、国際海洋法裁判所は「大陸棚の(帰属の)境界は、中間線を基本とする」という判決を下している。なお、中国は南シナ海のASEAN諸国との対立においては逆に自国に有利な「中間線論」を主張しており二重規範をとっている。さらに韓国も黄海における中国との対立では「中間線論」を主張しているが、東シナ海の九州西方海域における日本との対立では「大陸棚自然延長論」を主張しており、こちらも二重規範をとっている。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見た海洋汚染

    排他的経済水域(はいたてきけいざいすいいき、exclusive economic zone; EEZ)とは、国連海洋法条約に基づいて設定される経済的な主権がおよぶ水域のことを指す。沿岸国は国連海洋法条約に基づいた国内法を制定することで自国の沿岸から200海里(約370km)の範囲内の水産資源および鉱物資源などの非生物資源の探査と開発に関する権利を得られる。その代わりに、資源の管理や海洋汚染防止の義務を負う。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見た南シナ海

    排他的経済水域は自国の沿岸から200海里まで設定でき、自国の沿岸からの大陸棚が200海里を超えて伸びている場合はそこまで設定できるとされているが、その水域が隣接国の排他的経済水域と重複する場合は、最終的に沿岸国同士の交渉によって決定しなければならず、隣接する沿岸国同士がそれぞれの水域を巡って対立することがある。例えば東シナ海においては、自国の沿岸から伸びる大陸棚の突端までのすべての海域が自国の大陸棚でEEZであるとする「大陸棚自然延長論」をとる中華人民共和国と、仮に一方の国の大陸棚が地形的に2延伸していても、もう一方の国の200海里水域と重複する場合は両国のEEZの基点からの中間線がEEZの際目であるとする「中間線論」を主張する日本が対立している。なお、ミャンマーとバングラデシュ間の対立においては、国際海洋法裁判所は「大陸棚の(帰属の)境界は、中間線を基本とする」という判決を下している。なお、中国は南シナ海のASEAN諸国との対立においては逆に自国に有利な「中間線論」を主張しており二重規範をとっている。さらに韓国も黄海における中国との対立では「中間線論」を主張しているが、東シナ海の九州西方海域における日本との対立では「大陸棚自然延長論」を主張しており、こちらも二重規範をとっている。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見た国連海洋法条約

    排他的経済水域(はいたてきけいざいすいいき、exclusive economic zone; EEZ)とは、国連海洋法条約に基づいて設定される経済的な主権がおよぶ水域のことを指す。沿岸国は国連海洋法条約に基づいた国内法を制定することで自国の沿岸から200海里(約370km)の範囲内の水産資源および鉱物資源などの非生物資源の探査と開発に関する権利を得られる。その代わりに、資源の管理や海洋汚染防止の義務を負う。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

  • 排他的経済水域

    排他的経済水域から見た日本

    日本では1977年に改正された領海法と漁業水域に関する暫定措置法が施行されたことにより設定された。排他的経済水域 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「排他的経済水域」のニューストピックワード