178件中 41 - 50件表示
  • 携帯電話

    携帯電話から見たガートナー

    国際的に端末を供給しているのは以下の企業である。国名は本社所在地であり、2012年の端末販売台数順に並べてある(米国調査会社ガートナー調べ)。2012年の世界合計販売台数は、前年比1.7%減の17億4618万台であり、上位10社で約66%のシェアを持つ。携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話

    携帯電話から見たシンビアン

    携帯電話に搭載される主要OS(基本ソフト)は、Symbian OS(シンビアン)、REX OS (Qualcomm) 、ITRON/T-Engine(TRONプロジェクト)がある。その他の携帯OSには、OS-9、Nucleus RTOS、China MobileSoft、MIZI、SavaJeがある。LinuxカーネルをベースとしたOS (MontaVista Linux、T-Linux) も普及している。その他にスマートフォン用OSとして、Android、BlackBerry、iOS、Windows Mobileなどがある。携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話

    携帯電話から見た電電ファミリー

    端末本体は、一般社会や日常生活では単に「携帯(けいたい)」と呼ばれることが多く、「携帯」の語は携帯電話の端末を総称するような言葉のように使われており、完全に定着している。また通称として「ケータイ」「ケイタイ」と表記されることも多い。NTTドコモや「電電ファミリー」の制作した技術文書では移動機(いどうき)と書かれることもしばしばある。携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話

    携帯電話から見たCDMA2000

    第三世代携帯電話(以下3G)は、2Gが各国・各地域で独自の方式、異なる周波数を採用し、全世界での同一方式の利用が出来なかった反省を踏まえ、第三世代携帯電話の規格、IMT-2000の決定においては、携帯電話を全世界で利用できるようにするための指標が立てられた。しかし、規格策定の過程で、W-CDMAとCDMA2000が並行採用という形となり、GSM陣営はW-CDMAへ、cdmaOne陣営はCDMA2000へ移行することとなった(南北アメリカ・アジア地域の一部)。中国政府は、自己技術育成の観点から独自のTD-SCDMAを導入しようとしている。また3G技術の特許代に関し、「クアルコム」のライセンス価格が高すぎるとして、Qualcommと電話機ベンダー(販売会社)、チップセットベンダー数社の間で、現在係争中である。携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話

    携帯電話から見たW-CDMA

    第三世代携帯電話(以下3G)は、2Gが各国・各地域で独自の方式、異なる周波数を採用し、全世界での同一方式の利用が出来なかった反省を踏まえ、第三世代携帯電話の規格、IMT-2000の決定においては、携帯電話を全世界で利用できるようにするための指標が立てられた。しかし、規格策定の過程で、W-CDMAとCDMA2000が並行採用という形となり、GSM陣営はW-CDMAへ、cdmaOne陣営はCDMA2000へ移行することとなった(南北アメリカ・アジア地域の一部)。中国政府は、自己技術育成の観点から独自のTD-SCDMAを導入しようとしている。また3G技術の特許代に関し、「クアルコム」のライセンス価格が高すぎるとして、Qualcommと電話機ベンダー(販売会社)、チップセットベンダー数社の間で、現在係争中である。携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話

    携帯電話から見た携帯情報端末

    2007年からはPDAが更に進化し、パソコンとの差異がほぼなくなったスマートフォンが普及している。携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話

    携帯電話から見た第二世代携帯電話

    世界的に狭義の「携帯電話」の範疇に入るものとしては、iDENなどの第二世代携帯電話以降の規格を使っているデジタルMCA無線などの移動体通信携帯端末や、携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話

    携帯電話から見たカメラ

    カメラ付き携帯電話が登場し、カメラ機能を利用した画像解析機能によりQRコードやJANコードが読み取れるようになった。特にQRコードは大容量の文字データを格納することができるため普及した(参考:携帯機器)。携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話

    携帯電話から見た自動車電話

    日本の法令上は、先行して登場した移動体通信システムである自動車電話からの流れで「携帯・自動車電話」という表現がなされていたが、現在は「携帯電話」になっている携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話

    携帯電話から見たパケット通信

    基地局の整備により、広いサービスエリアにおいて屋外で高速移動中でも安定した通話・通信が利用可能である。第三世代携帯電話は、高速パケット通信と高い周波数利用効率が特長である。なお、高速な無線アクセスとしても利用可能であるが、利用形態によっては高額な課金となり、この現象が俗にパケ死と呼ばれる。また、電話機端末単体による通話・通信の総トラフィック(データ量)に占める割合が高い傾向にある。また、デジタルツールとしての多機能化も関係している。携帯電話 フレッシュアイペディアより)

178件中 41 - 50件表示

「携帯電話の料金」のニューストピックワード