178件中 51 - 60件表示
  • 携帯電話

    携帯電話から見た端末

    携帯電話(けいたいでんわ)は、有線電話系通信事業者による電話機を携帯する形の移動体通信システム、電気通信役務。端末を携帯あるいはケータイと略称することがある。携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話

    携帯電話から見た移動体通信

    携帯電話(けいたいでんわ)は、有線電話系通信事業者による電話機を携帯する形の移動体通信システム、電気通信役務。端末を携帯あるいはケータイと略称することがある。携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話

    携帯電話から見た固定電話

    このように1980年前後頃から事業として成立するようになり、一部の先進国で車載電話機(自動車電話)として携帯電話機の販売、およびサービスが開始された。この頃は固定電話機と比較すると導入価格、通信費用は共に数十倍であり、また通信エリアも都市部に限られていたため、極限られたユーザーしか導入できなかった。携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話

    携帯電話から見た第三者無線

    世界的に狭義の「携帯電話」の範疇に入るものとしては、iDENなどの第二世代携帯電話以降の規格を使っているデジタルMCA無線などの移動体通信携帯端末や、携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話

    携帯電話から見た一次電池

    また電源も初期には一次電池が使われていたが、二次電池の発達により1990年代にはニカド電池およびニッケル・水素蓄電池が、2000年代はリチウムイオン電池が主流である。携帯電話端末本体が充電器の役割も兼ねており、二次電池の充電回路を搭載している。そのため外部電源を接続することで本体から電池を取り出さなくとも充電が可能である。機種によっては専用の充電用簡易スタンドが付属する場合があり、外部電源との接続が容易である。携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話

    携帯電話から見たモールス符号

    携帯電話の構想は、電話機が考案されて間もない頃からあった。電波を使用して無線で通信でき、かつ人間同士が音声にて会話することが夢として描かれていた。モールス符号を用いる無線電信機は携帯電話の元になる技術だが、実用化されても爆発的に普及するようになるものだとはこの時点では考えられていなかった。携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話

    携帯電話から見た暗号

    携帯電話での音声伝送方式は、当初はアナログ方式を採用しており途中からデジタル方式へと切り替えられた。当初サービスが開始された時点でのアナログ方式での通信は、暗号化されずにそのまま送信されていたため、ノイズが乗りやすいだけでなく、傍受が容易に行えるという欠点があった。そのため、強固な暗号化が可能なデジタル化が行われた。携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話

    携帯電話から見たリチウムイオン電池

    また電源も初期には一次電池が使われていたが、二次電池の発達により1990年代にはニカド電池およびニッケル・水素蓄電池が、2000年代はリチウムイオン電池が主流である。携帯電話端末本体が充電器の役割も兼ねており、二次電池の充電回路を搭載している。そのため外部電源を接続することで本体から電池を取り出さなくとも充電が可能である。機種によっては専用の充電用簡易スタンドが付属する場合があり、外部電源との接続が容易である。携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話

    携帯電話から見たiOS (アップル)

    携帯電話に搭載される主要OS(基本ソフト)は、Symbian OS(シンビアン)、REX OS (Qualcomm) 、ITRON/T-Engine(TRONプロジェクト)がある。その他の携帯OSには、OS-9、Nucleus RTOS、China MobileSoft、MIZI、SavaJeがある。LinuxカーネルをベースとしたOS (MontaVista Linux、T-Linux) も普及している。その他にスマートフォン用OSとして、Android、BlackBerry、iOS、Windows Mobileなどがある。携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話

    携帯電話から見たRTOS

    各メーカーがOS-9やNucleus RTOS、iTRONなどのRTOSから、Symbian OSやLinuxなど携帯電話向け汎用OSの採用に動いているのは、3Gの到来とともに、その開発コストが高騰しているからである。端末の高機能化が進み、ソフトウェア規模が巨大化してきているため、限られたハードウェアで動作させる組み込み用途を想定したRTOSでは、開発環境、ミドルウェア調達など、コスト面で不利な点が多くなってきている。「RTOSは通信制御を受け持ち、ユーザインターフェースやアプリケーションの動作は汎用OSが担当する」というハイブリッドOS実装もあるが、2つのOSを協調動作させることには難しい点も多く、リアルタイム性能を高めた汎用OSへ集約される傾向にある。携帯電話 フレッシュアイペディアより)

178件中 51 - 60件表示

「携帯電話の料金」のニューストピックワード