94件中 11 - 20件表示
  • 茨木台

    茨木台から見た北摂北摂

    なお、茨木台が茨木市ではないのと同様に北摂ローズタウンや北摂バードタウンも北摂(旧摂津国北部)ではなく旧丹波国である。茨木台 フレッシュアイペディアより)

  • 金比羅製麺

    金比羅製麺から見た北摂北摂

    讃岐うどん専門店の「金比羅製面」は、めん処「太鼓亭」などの運営会社である株式会社太鼓亭の2007年以降における主力業態で、2000年4月にごはん処「だいこんや」業態からセルフうどん業態に転換した1号店「太鼓亭高槻城東店」を大阪府高槻市に開店したことをはじめに、大阪府北東部や兵庫県南東部の北摂地域に、ロードサイド店舗を中心に出店展開している。金比羅製麺 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府立生野聴覚支援学校

    大阪府立生野聴覚支援学校から見た北摂北摂

    北摂地域、北河内地域(守口市を除く)、中河内地域大阪府立生野聴覚支援学校 フレッシュアイペディアより)

  • 西大阪

    西大阪から見た北摂北摂

    西大阪(にしおおさか)は、大阪市西部を指す呼称である。ただし、範囲は明確でない。大阪府南部や北摂には大阪市西部より経度上で西に位置する地域もあるが、通常は「西大阪」「大阪(府)西部」などの呼称は用いられない。西大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 北大阪

    北大阪から見た北摂北摂

    北大阪(きたおおさか)は、大阪府北部あるいは大阪市北部を指す呼称。大阪府北部は、主に北摂地域を指す場合が多いが、これに北摂地域の南東に隣接する北河内地域、南西に隣接する大阪市北部のいずれか、または両方を加えることもある。大阪市北部の範囲はおおよそ中央大通以北だが、明確でない。北大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 服部 (豊中市)

    服部 (豊中市)から見た北摂北摂

    服部の街並の特徴は城下町のように細く曲がりくねった道、行き止まりの多さ、そしてそれら東西と南北の道路が四辻を殆ど形成せず、まるで梯子状のあみだくじの様になっていることである。特に南北の裏道は、数百mも行かない内に東西の道に突き当たって終わってしまうものが多い。これは服部が、大阪市北郊(北摂)の近郊住宅地として急速なスプロール現象に晒されたことによる。この事を象徴するように、服部には築後数十年の古い木造アパートが多い。あみだくじ状の道は、かつての畦道の名残である。服部 (豊中市) フレッシュアイペディアより)

  • 大阪北生活協同組合

    大阪北生活協同組合から見た北摂北摂

    店舗は大阪北摂地区を中心に、淀川から北の地域で展開していた。大阪北生活協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市立十三小学校

    大阪市立十三小学校から見た北摂北摂

    太平洋戦争の戦局悪化により、大阪市の国民学校では1944年以降学童疎開が実施されることになった。学童集団疎開は各行政区ごとに疎開先の府県が指定された。東淀川区(現淀川区の区域含む)の小学校では大阪府北摂方面が疎開先として割り当てられ、十三国民学校では大阪府豊能郡南豊島村・中豊島村(いずれも現在の豊中市曽根・服部付近)に集団疎開を実施した。学童疎開は終戦後の1945年10月まで続いた。大阪市立十三小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市立神津小学校

    大阪市立神津小学校から見た北摂北摂

    国民学校令により、1941年に大阪市神津国民学校となった。太平洋戦争の戦局悪化を背景に、1944年以降初等科児童は学童疎開を実施することになった。集団疎開は各行政区ごとに疎開先の府県が指定され、当時の東淀川区(現淀川区の区域含む)では大阪府北摂地域への疎開が割り当てられた。神津国民学校では池田市への疎開を実施した。大阪市立神津小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神急行電鉄

    阪神急行電鉄から見た北摂北摂

    北摂(阪神平野、阪急平野)阪神急行電鉄 フレッシュアイペディアより)

94件中 11 - 20件表示

「摂津のできごと」のニューストピックワード