94件中 61 - 70件表示
  • 大阪市営地下鉄堺筋線

    大阪市営地下鉄堺筋線から見た北摂北摂

    一直線に伸びる商店街では日本一の長さを持つ天神橋筋商店街の一筋西を併走する天神橋筋と、沿線に金融街や薬・繊維などの問屋街および電気街が広がる堺筋の地下を走る。四つ橋線・御堂筋線・谷町線とともに大阪市中心部の南北の交通を担っており、なかでも御堂筋線と堺筋線は大阪市都心部の船場・島之内を縦断する。また、相互直通している阪急千里線・京都本線沿線の北摂(三島)地域と大阪ミナミの繁華街を結んでおり、現在のところ私鉄列車が大阪市中心部を縦断する唯一の南北路線でもある。大阪市営地下鉄堺筋線 フレッシュアイペディアより)

  • 今村博治

    今村博治から見た北摂北摂

    現在はヤンマーディーゼルサッカー部OB会会長、北摂サッカー協会、兵庫県伊丹市の「伊丹少年サッカークラブ」の指導者として活動している。今村博治 フレッシュアイペディアより)

  • 阪急バス

    阪急バスから見た北摂北摂

    登記上の本店および本社は、大阪府の北摂地区にある。戦前・戦中までには、十神乗合自動車(十三 - 加島)、阪北自動車(十三 - 池田)、桜井谷村営バス(豊中市桜井谷)を、戦後には北摂乗合自動車(池田 - 亀岡)といった、北摂地区周辺に存在したバス事業者を次々と吸収合併し、勢力を伸ばしていった。また、1970年代には大阪万博や千里ニュータウンの新規開発、北摂地区や川辺郡の新興住宅地開発によって路線網を拡大していった。阪急バス フレッシュアイペディアより)

  • 中国大返し

    中国大返しから見た北摂北摂

    対する光秀軍は、高山右近、筒井順慶のみならず姻戚関係にあった細川父子からも協力が得られなかったため、兵員は秀吉軍の半数以下であった。『太閤記』には、秀吉軍計4万人に対して、光秀軍1万6,000人と記しているが、多めに見積もっても兵員1万5,000ほどにすぎなかったという見解もある。いずれにせよ、寡兵で戦わざるをえない光秀としては、淀川と天王山にはさまれた山崎の狭隘な道を秀吉軍が縦長の陣形で進軍してくるところを順次撃破していくという作戦しかとれなかった。今日においても大阪平野の北摂地方から京都盆地に入るには、どうしても通らなければならないのが山崎の地である。光秀としては、秀吉の大軍をどうにかして山崎の隘路において防ぎとめなければならないと考えていたものと思われる。光秀はこの作戦にもとづいて勝竜寺城を前線として淀城を左翼、円明寺川に沿った線を右翼として兵を配置した。中央には子飼いの斎藤利三や阿閉貞征らの近江衆を配し、かれらを先鋒隊とした。しかし、光秀の本陣は12日時点でも下鳥羽に置かれたままであった。その面では、光秀の作戦は軍事的のみならず心理的にも守勢に立ったものといってよい。なお、この作戦を有利に展開していくためには、山崎を見下ろす戦略的な要地である天王山を確保しなければならなかったという見解があるいっぽう、天王山の重要性に否定的な見解もある。中国大返し フレッシュアイペディアより)

  • ガンバ大阪

    ガンバ大阪から見た北摂北摂

    ホームタウンは2011年までは大阪府吹田市、2012年2月より吹田市、茨木市、高槻市、豊中市の4市にホームタウンを変更・広域化した。1997年にそれまで淀川区にあったクラブ事務所と京田辺市にあった練習場をスタジアムがある万博記念公園に移転した。2004年より吹田市、茨木市および高槻市、2006年より左記3市および豊中市を重点4市と定めた。2010年、これまで各市でG大阪の支援活動を行っていた4市の後援会が一丸となり、G大阪とともに各自治体、企業などと協力し、青少年の健全育成や街の活性化をはじめとする地域貢献活動を目的とした「ガンバ大阪後援会」が発足した。なお、大阪府大阪市をホームタウンとしているセレッソ大阪(C大阪)に対し、G大阪は北摂・北河内地域14市3町を重点地域にしている。ガンバ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪高速鉄道大阪モノレール線

    大阪高速鉄道大阪モノレール線から見た北摂北摂

    大阪モノレール線は大阪市を中心に放射状に延びる私鉄を環状に接続し、周辺都市間の移動の確保を図るために建設された。大阪市内中心部を通らないため、また開業当初はドル箱である大阪国際空港までの延伸が遅れたこともあり(蛍池駅付近の用地買収が難航したため)、赤字に苦しんでいた。事実、大阪国際空港へ延伸されるまではエキスポランド利用客やガンバ大阪主催試合の観客輸送に頼っていた面があり(乗客は)天気に左右されるといわれていた。だが、国内線のみとなったものの今なお利用客の多い大阪国際空港への延伸を果たし、加えてほぼ同時期の門真市駅への延伸後は、北摂方面と京阪電鉄沿線とが結ばれることとなり、空港の利用客とパナソニックグループの各社に通勤する社員の恩恵を受けることとなった。それらのおかげで現在では少しずつ黒字基調となっている。大阪高速鉄道大阪モノレール線 フレッシュアイペディアより)

  • 阪急京都本線

    阪急京都本線から見た北摂北摂

    京都と大阪でそれぞれ一番の繁華街である、四条河原町界隈と梅田界隈を両端に持ち、大阪府の北摂(三島)地域と京都府の乙訓地域を結び淀川右岸に沿うように直線コースで結んでいるのが特徴である。また、西院駅 - 河原町駅間は地下線であり、このうち西院駅 - 大宮駅間は1931年に開業した関西初の地下線となっている。阪急京都本線 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪神

    京阪神から見た北摂北摂

    京阪神では、アメリカ合衆国の例に倣ったインターアーバン(都市間電車)路線の建設が盛んとなった。阪神電気鉄道本線(1905年開業)を嚆矢とし、続く箕面有馬電気軌道(後の阪急宝塚本線、1910年開業)、阪神急行電鉄神戸本線(1920年開業)ほかの各線の開通は、神戸・北摂の未開拓な後背地であった近郊農村地帯への着目のきっかけとなり、快適な住環境創造を目的とする郊外住宅地の開発が、鉄道沿線である風光明媚な六甲山南斜面、いわゆる阪神間において進められた(阪神間モダニズム)。また、1934年の京阪神緩行線の開業によって、郊外の宅地化がさらに進んでいった。京阪神 フレッシュアイペディアより)

  • 箕面市

    箕面市から見た北摂北摂

    箕面市(みのおし)は、大阪府北摂(豊能)地域に位置する市。箕面市 フレッシュアイペディアより)

  • 北区 (大阪市)

    北区 (大阪市)から見た北摂北摂

    区の代表駅、または大阪市の代表駅で、西日本最大の駅でもある大阪駅(梅田駅)は、古くから大阪府北摂(豊中・吹田・茨木・高槻など)、兵庫県(神戸市・阪神間・播磨など)、中国・四国・九州側、京都府(京都市・長岡京市など)、滋賀県、岐阜県、愛知県や、福井県を含む北陸地方、関東地方からの大阪の玄関口としての地位を占め続けている。JR各線や阪急線・阪神線から入ると最初のターミナルのため、兵庫県民・京都府民・滋賀県民(いわゆる兵庫府民、滋賀府民)の利用者が多い。北区 (大阪市) フレッシュアイペディアより)

94件中 61 - 70件表示

「摂津のできごと」のニューストピックワード