110件中 81 - 90件表示
  • 大阪府豊能府民センター

    大阪府豊能府民センターから見た北摂北摂

    大阪府豊能地域にあたる下記の3市2町。大阪府豊能府民センター フレッシュアイペディアより)

  • 毎日放送千里丘放送センター

    毎日放送千里丘放送センターから見た北摂北摂

    茶屋町への本社移転後もテレビ・ラジオの中継車の車庫が千里丘放送センターにあったため、ナンバープレートの地名表示は北摂・東大阪地域で登録される大阪ナンバーとなっていた。毎日放送千里丘放送センター フレッシュアイペディアより)

  • 北区 (大阪市)

    北区 (大阪市)から見た北摂北摂

    区の代表駅、または大阪市の代表駅で、西日本最大の駅でもあるJR大阪駅及び隣接する各社の梅田駅は、古くから大阪府北摂(豊中・吹田・茨木・高槻など)、兵庫県(神戸市・阪神間・播磨など)、京都府(京都市・長岡京市など)、滋賀県、福井県、石川県、富山県などからの大阪の玄関口としての地位を占め続けている。JR各線や阪急線・阪神線から入ると最初のターミナルのため、兵庫県民・京都府民・滋賀県民(いわゆる兵庫府民、滋賀府民)の利用者が多い。北区 (大阪市) フレッシュアイペディアより)

  • 教祖祭PL花火芸術

    教祖祭PL花火芸術から見た北摂北摂

    富田林市内をはじめ、近隣の羽曳野市、河南町、太子町、大阪狭山市、河内長野市のほか、松原市、堺市、藤井寺市、八尾市、柏原市、和泉市の一部地域などからも十分見ることができる。遠くは大阪市内・東大阪市・北摂地方・北河内地方・泉州地方・兵庫県の神戸市や阪神間の高層ビルや高層マンション(主に30階前後、兵庫区、長田区の一部では10階以上)や高台、生駒山地、金剛山地、六甲山地、北摂山地、和泉山脈、淡路島、奈良県北部(天理市、田原本町、三宅町、川西町の一部)からも気象条件等によっては見ることができる。教祖祭PL花火芸術 フレッシュアイペディアより)

  • 南平台 (高槻市)

    南平台 (高槻市)から見た北摂北摂

    南平台(なんぺいだい)は、大阪府高槻市の町名。北摂エリアにある邸宅街の一つ。南平台 (高槻市) フレッシュアイペディアより)

  • 摂津峡

    摂津峡から見た北摂北摂

    北摂随一の景勝地とされ、約4kmにわたって夫婦岩、八畳岩などの奇岩、断崖、滝などが続いている。この風景を日本三大奇景の一つ耶馬渓に例えて「摂津耶馬渓」の別称があり、府指定名勝のほか関西自然に親しむ風景100選・大阪みどりの百選等に選定され保護されている。摂津峡 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪神

    京阪神から見た北摂北摂

    京阪神では、アメリカ合衆国の例に倣ったインターアーバン(都市間電車)路線の建設が盛んとなった。阪神電気鉄道本線(1905年開業)を嚆矢とし、続く箕面有馬電気軌道(後の阪急宝塚本線、1910年開業)、阪神急行電鉄神戸本線(1920年開業)ほかの各線の開通は、神戸・北摂の未開拓な後背地であった近郊農村地帯への着目のきっかけとなり、快適な住環境創造を目的とする郊外住宅地の開発が、鉄道沿線である風光明媚な六甲山南斜面において進められた(阪神間モダニズム)。京阪神 フレッシュアイペディアより)

  • 国道170号

    国道170号から見た北摂北摂

    大阪府内で完結する一般国道の路線で、北東部三島地域に位置する高槻市松原町の国道171号分岐(八丁畷交差点)から南へ、生駒山地の西麓から和泉山脈の北麓にかけて大阪平野の外縁沿いを周回して、大阪湾に面する南西部泉南地域に位置する泉佐野市上瓦屋の国道26号〈第二阪和国道〉交点(上瓦屋交差点)とを結ぶ。主な通過地は、枚方市北中振、寝屋川市、四條畷市、大東市、東大阪市西石切町、八尾市志紀町南、柏原市、藤井寺市、羽曳野市、富田林市、河内長野市、和泉市仏並町、岸和田市内畑町・土生滝町・河合町、貝塚市、泉南郡熊取町である。国道170号 フレッシュアイペディアより)

  • 郊外

    郊外から見た北摂北摂

    1910年開通した箕面有馬電鉄(現・阪急電鉄)は脆弱な沿線に人口を増やすべく沿線開発に力を入れた。北摂地域に位置する大阪府池田市の阪急宝塚本線池田駅南西側の室町住宅地は、私鉄による初の住宅地経営となった。100坪の区画に庭付き独立住宅、住民コミュニティの確立など、明らかに田園都市レッチワースの影響を受けており、社長の小林一三は、当時重工業化で大気汚染に苦しんでいた大阪市民に対し、「美しき水の都は夢と消えて、空暗き煙の都に住む不幸なる我が大阪市民諸君よ!」と田園生活を呼びかけ、住宅地は完売する程の反響を呼んだ。郊外 フレッシュアイペディアより)

  • 阪急バス

    阪急バスから見た北摂北摂

    登記上の本店および本社は、大阪府の北摂地区にある。戦前・戦中までには、十神乗合自動車(十三 - 加島)、阪北自動車(十三 - 池田)、桜井谷村営バス(豊中市桜井谷)を、戦後には北摂乗合自動車(池田 - 亀岡)といった、北摂地区周辺に存在したバス事業者を次々と吸収合併し、勢力を伸ばしていった。また、1970年代には大阪万博や千里ニュータウンの新規開発、北摂地区や川辺郡の新興住宅地開発によって路線網を拡大していった。阪急バス フレッシュアイペディアより)

110件中 81 - 90件表示

「摂津のできごと」のニューストピックワード