前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示
  • ガンバ大阪

    ガンバ大阪から見た播戸竜二播戸竜二

    1998年、フレデリック・アントネッティの監督就任が決まっていたが、ヨーロッパのシーズンが終了してからの来日という形になり、それまではコンシリアが監督を務めた。また、橋本英郎がユースから昇格し、姫路市立琴丘高等学校の播戸竜二を練習生として獲得した(数か月後にプロ契約)。1stステージは14位(7勝10敗)。7月にエムボマがイタリア・セリエAのカリアリに移籍した。2ndステージは16位(5勝12敗)となり、年間成績は15位。また、ナビスコ杯は予選敗退、天皇杯は3回戦で敗退した。ガンバ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦知良

    三浦知良から見た播戸竜二播戸竜二

    2001年からは永島昭浩引退直後のヴィッセル神戸に所属し(念願の東京移転を果たした古巣ヴェルディの誘いも受けた)、4年間キャプテンとしてチームの最前線に立った。2節のFC東京戦で移籍後初得点を挙げる。1年目は11得点を記録し(11得点目は11月24日神戸ウイングスタジアム初の公式戦、対F・マリノス)、健在ぶりをアピールした。2002年は代表でもプレーした城彰二や兵庫県出身でもある播戸竜二が加入。2002年1stステージ第3節ガンバ大阪戦では久々にカズダンスを披露した。しかしこのころからフル出場する試合が徐々に減り始める。2ndステージでは臀部の怪我のため長期離脱しほとんど出場機会を得られなかった。三浦知良 フレッシュアイペディアより)

  • セレッソ大阪

    セレッソ大阪から見た播戸竜二播戸竜二

    2010年?松井謙弥(磐田…京都へのレンタル移籍期間満了)、茂庭照幸(FC東京)、上本大海、清武弘嗣、高橋大輔(大分)、播戸竜二(G大阪)、アマラウ(CRヴァスコ・ダ・ガマ)を完全移籍で、家長昭博(G大阪…大分へのレンタル移籍期間満了)、アドリアーノ(アトレチコPR)をレンタル移籍で、扇原貴宏、永井龍(共にC大阪U-18)、荻野賢次郎(峰山高校)が新加入して、レンタル移籍だった石神直哉が完全移籍となった。またキム・ボギョン(弘益大学校)とも契約したが、外国人枠の都合で大分へレンタル移籍。セレッソ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • サガン鳥栖

    サガン鳥栖から見た播戸竜二播戸竜二

    守備の軸となっていた岡本・金根煥が抜け、さらには前年までの戦術を各チームに研究されたこともあり、開幕3戦目でシーズン初勝利を挙げるも、第4節から6試合勝利なし(2分4敗)で15位まで順位を下げ、FIFAコンフェデレーションズカップによりリーグ戦が中断された第13節終了時点では、2勝4分7敗の勝点10、自動降格圏となる16位の湘南との勝点差は僅か1、最下位の大分との勝点差すら僅か3であった。7月にリーグ戦が再開した後も、8月上旬までの7試合で2連敗2回を含む2勝1分4敗で、16位との勝点差が1から3という状態が続いており、前半戦だけで前年の総失点数を上回る40失点(リーグ最多)を喫するなど、調子は必ずしも上向かなかったが、7月後半に入り、FWロニとの期限付き移籍契約を解除し、MFニルソンをブラジル・メトロポリターノから完全移籍で、MF菊地直哉を新潟から、FW播戸竜二をC大阪からいずれも期限付き移籍で相次いで獲得。さらに、8月上旬、相次ぐ負傷によりトップチーム登録のGK3人が戦線離脱し、残るのは特別指定選手のGK藤嶋栄介(福岡大学)のみという事態 となったところで、急遽清水からGK林彰洋を期限付き移籍で獲得した。サガン鳥栖 フレッシュアイペディアより)

  • 姫路市立琴丘高等学校

    姫路市立琴丘高等学校から見た播戸竜二播戸竜二

    同校は県内公立高校の中で部活動が盛んな部類にある。バレーボール部男子は全国高校総体全国制覇の経験があり、軟式テニス部はここ数十年ほぼ毎年インターハイに出場している。またJ1得点ランキング3位にもなった播戸竜二などが所属していたサッカー部がある。姫路市立琴丘高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィッセル神戸

    ヴィッセル神戸から見た播戸竜二播戸竜二

    2002年は横浜から城彰二、G大阪から播戸竜二らを獲得するも、1stステージでは5連敗を喫するなど低迷し、川勝が辞任し後任にコーチを務めていた松田浩が昇格する形で就任した。2ndステージ開幕前にFWオゼアス、MFアリソンを獲得。最終節で清水を下しギリギリで残留を果たした。ヴィッセル神戸 フレッシュアイペディアより)

  • 片山義継

    片山義継から見た播戸竜二播戸竜二

    また、2006年7月29日のJ1第16節、ガンバ大阪-アビスパ福岡戦では、ペナルティエリア付近で播戸竜二が倒されたファウルをFKと判定したことについて、ガンバの選手、監督から「PKではないか」と詰め寄られる場面があった。実際にファウルが起こったのはペナルティエリアの外であったので、この判定は「誤審」ではなかったものの、このプレーをセンターサークル付近から判定したことについて、「主審としては体力不足ではないか」という批判を受けた。実際、そのほかの試合においても片山が選手の動きに付いて行けない場面が見受けられていた。片山義継 フレッシュアイペディアより)

  • インテル・ミラノ チャンネル

    インテル・ミラノ チャンネルから見た播戸竜二播戸竜二

    ゲスト解説者:山野孝義、森島寛晃、本並健治など、主に関西を拠点とする解説者のほか、木場昌雄、西澤明訓、播戸竜二、チェーザレ・ポレンギ(Goal.comライター)なども解説を担当したことがある。2012年頃より長谷川健太、水沼貴史など関西以外からの解説者も増えてきている。インテル・ミラノ チャンネル フレッシュアイペディアより)

  • 月刊コンサドーレ

    月刊コンサドーレから見た播戸竜二播戸竜二

    vol.1 播戸竜二 2001年3月号月刊コンサドーレ フレッシュアイペディアより)

  • 松岡康暢

    松岡康暢から見た播戸竜二播戸竜二

    尊敬するサッカー選手は播戸竜二、藤田俊哉。松岡康暢 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示

「播戸竜二」のニューストピックワード