前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示
  • ガンバ大阪

    ガンバ大阪から見た播戸竜二播戸竜二

    2006年は、FWにマグノ・アウベスと、7年ぶりにG大阪復帰となる播戸竜二。柏から元日本代表のMF明神智和、日本代表のDF加地亮らを獲得。また、ユースからは安田理大、平井将生ら過去最多の6人が昇格した。ガンバ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 安田理大

    安田理大から見た播戸竜二播戸竜二

    憧れのサッカー選手は三浦知良。尊敬するサッカー選手は元チームメイトの播戸竜二安田理大 フレッシュアイペディアより)

  • セレッソ大阪

    セレッソ大阪から見た播戸竜二播戸竜二

    2010年?松井謙弥(磐田…京都へのレンタル移籍期間満了)、茂庭照幸(FC東京)、上本大海、清武弘嗣、高橋大輔(大分)、播戸竜二(G大阪)、アマラウ(CRヴァスコ・ダ・ガマ)を完全移籍で、家長昭博(G大阪…大分へのレンタル移籍期間満了)、アドリアーノ(アトレチコPR)をレンタル移籍で、扇原貴宏、永井龍(共にC大阪U-18)、荻野賢次郎(峰山高校)が新加入して、レンタル移籍だった石神直哉が完全移籍となった。またキム・ボギョン(弘益大学校)とも契約したが、外国人枠の都合で大分へレンタル移籍。セレッソ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 姫路市立琴丘高等学校

    姫路市立琴丘高等学校から見た播戸竜二播戸竜二

    本校は県内公立高校の中で非常に部活動が盛んである。バレーボール部男子は全国高校総体全国制覇の経験があり、軟式テニス部はここ数十年ほぼ毎年インターハイに出場している。またJ1得点ランキング3位にもなった播戸竜二などが所属していたサッカー部がある。姫路市立琴丘高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊隆

    渡邊隆から見た播戸竜二播戸竜二

    慶應大学時代にサッカー部(同学での名称は「ソッカー部」)に所属しており、上記は全てその経験から想を得た馬名となっている。オフサイドトラップはサッカーの戦術、エルコンドルパサーはペルーの民謡「コンドルは飛んでいく」のことで、かつてペルーに住んでいたサッカー部の先輩からの発想、ハンソデバンドは日本代表にも選出されたプロサッカー選手・播戸竜二に由来する。渡邊隆 フレッシュアイペディアより)

  • 片山義継

    片山義継から見た播戸竜二播戸竜二

    また、2006年7月29日のJ1第16節、ガンバ大阪-アビスパ福岡戦では、ペナルティエリア付近で播戸竜二が倒されたファウルをFKと判定したことについて、ガンバの選手、監督から「PKではないか」と詰め寄られる場面があった。実際にファウルが起こったのはペナルティエリアの外であったので、この判定は「誤審」ではなかったものの、このプレーをセンターサークル付近から判定したことについて、「主審としては体力不足ではないか」という批判を受けた。実際、そのほかの試合においても片山が選手の動きに付いて行けない場面が見受けられていた。片山義継 フレッシュアイペディアより)

  • FCティアモ

    FCティアモから見た播戸竜二播戸竜二

    稲本潤一・新井場徹・播戸竜二の3人の現役サッカー選手が共同オーナーとなり設立された日本では珍しいケースのサッカークラブ。FCティアモ フレッシュアイペディアより)

  • 穴沢努

    穴沢努から見た播戸竜二播戸竜二

    2006年J1第25節ヴァンフォーレ甲府-ガンバ大阪戦の後半44分、甲府GK阿部謙作が自分がファウルを受けたと勘違いしてFKと思い込み、助走をつけるためにボールから離れた所をガンバ大阪のFW播戸竜二がシュートしてゴールしたが、得点を認めず、「ファウルじゃないけどダメ」と言った。フェアプレーに反すると判断したためと思われる。穴沢努 フレッシュアイペディアより)

  • インテル・ミラノ チャンネル

    インテル・ミラノ チャンネルから見た播戸竜二播戸竜二

    ゲスト解説者:山野孝義、森島寛晃、本並健治など、主に関西を拠点とする解説者のほか、木場昌雄、西澤明訓、播戸竜二、チェーザレ・ポレンギ(Goal.comライター)なども解説を担当したことがある。2012年頃より長谷川健太、水沼貴史など関西以外からの解説者も増えてきている。インテル・ミラノ チャンネル フレッシュアイペディアより)

  • 小島宏美

    小島宏美から見た播戸竜二播戸竜二

    1998年は前年の得点王でクラブの躍進に貢献したエムボマが退団、その後釜として期待されたアント・ドロブニャクがチームになかなかフィットしなかったため、レギュラーに定着。その年、34試合に出場して17得点という自己最高の記録を残す。この頃は特長のスピードを活かした得点やチャンスメイクで活躍し、「スピードスター」の異名を取った。また、この年のガンバ大阪監督のアントネッティは若手選手を積極的に起用し、小島以外にも宮本恒靖や稲本潤一、播戸竜二などの若手の選手を育てた。特に目立つ活躍をしていた小島、宮本、稲本の三人は、ガンバ三銃士とも呼ばれた。小島宏美 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示

「播戸竜二」のニューストピックワード