45件中 11 - 20件表示
  • 第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た播戸竜二播戸竜二

    2006年シーズンの対戦成績は浦和の2勝1分けであったが、この日の浦和はシーズンのレギュラーメンバーであったFW田中達也とDF坪井慶介をけがで欠き、FWワシントン、MF三都主アレサンドロ、DF田中マルクス闘莉王がコンディション不良や移籍準備のためいずれもブラジルに帰国中、と大幅に戦力を落としており、ほぼベストメンバーをそろえたG大阪に試合開始直後から再三押し込まれた。G大阪の2トップ、播戸竜二とマグノ・アウベスが前半だけで2人あわせて7本のシュートを放つも、浦和のGK都築龍太が再三ファインセーブを見せるなど得点を許さず、前半はスコアレスドローで折り返す。第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 小島宏美

    小島宏美から見た播戸竜二播戸竜二

    1998年は前年の得点王でクラブの上位進出に貢献したエムボマが退団、その後釜として期待されたアント・ドロブニャクがチームになかなかフィットしなかったため、レギュラーに定着。その年、34試合に出場して17得点という自己最高の記録を残す。この頃は特長のスピードを活かした得点やチャンスメイクで活躍し、「スピードスター」の異名を取った。また、この年のガンバ大阪監督のアントネッティは若手選手を積極的に起用し、小島以外にも宮本恒靖や稲本潤一、播戸竜二などの若手の選手を育てた。特に目立つ活躍をしていた小島、宮本、稲本の三人は、ガンバ三銃士とも呼ばれた。小島宏美 フレッシュアイペディアより)

  • パベル・ジェハーク

    パベル・ジェハークから見た播戸竜二播戸竜二

    しかし、三浦淳宏や播戸竜二など主力に故障者が続出したチームは低迷。パベルは主将の三浦知良(カズ)をスタメンから外し、さらに選手間の投票によって主将を選び直す(後任は三浦淳) などしたが一向にチーム状況は上向かなかった。その後、カズは7月に横浜FCに完全移籍した。結局、チームは31節の大宮アルディージャ戦に敗れてJ2に降格。シーズン終了後に退任した。パベル・ジェハーク フレッシュアイペディアより)

  • マグノ・アウベス・ジ・アラウージョ

    マグノ・アウベス・ジ・アラウージョから見た播戸竜二播戸竜二

    ガンバ大阪に移籍後、前年得点王のアラウージョと比較されていることに対して「彼は過去のこと」と発言したり、チームメイトとなった播戸竜二は「マグノには、(播戸が)10点取るまで全く相手にしてもらえなかった」と語るなど、ストライカーとしてのプライドをうかがわせるエピソードも多い。マグノ・アウベス・ジ・アラウージョ フレッシュアイペディアより)

  • 第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た播戸竜二播戸竜二

    どちらが勝ってもJリーグ発足後初の天皇杯制覇となる決勝の戦いは、前半は柏の、後半はG大阪のペースになりながらどちらも決定力を欠き、試合は0-0のまま第81回大会以来の延長戦に突入することとなった。後半も一進一退の攻防を繰り広げるもどちらも得点を挙げることが出来ず、18年振りのPK戦決着が頭をよぎる中、延長後半11分にFWルーカス - MF遠藤保仁 - MF倉田秋とつながったパスを受けた延長後半から出場のFW播戸竜二がミドルシュート。相手ディフェンダーがはじいたところを播戸が自ら押し込んで貴重な決勝点を挙げ、G大阪が前身の松下電器時代以来、18年ぶり2度目となる優勝を果たした。第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 明神智和

    明神智和から見た播戸竜二播戸竜二

    2006年、柏のJ2降格に伴い、かつて柏を率いていた西野朗が監督を務めるガンバ大阪に加地亮、播戸竜二、マグノ・アウベス、ガンバユースから平井将生、安田理大、横谷繁らと共に移籍加入した。明神智和 フレッシュアイペディアより)

  • 植田龍仁朗

    植田龍仁朗から見た播戸竜二播戸竜二

    子供のころ、サッカー教室で元チームメイトの播戸竜二にサインをもらい、部屋に飾っている。植田龍仁朗 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊隆

    渡邊隆から見た播戸竜二播戸竜二

    慶應大学時代にサッカー部(同学での名称は「ソッカー部」)に所属しており、馬名の多くはサッカー経験に想を得たものとなっている。オフサイドトラップはサッカーの戦術、エルコンドルパサーはペルーの民謡「コンドルは飛んでいく」のことで、かつてペルーに住んでいたサッカー部の先輩からの発想、ハンソデバンドは日本代表にも選出されたプロサッカー選手・播戸竜二に由来する。渡邊隆 フレッシュアイペディアより)

  • 増川隆洋

    増川隆洋から見た播戸竜二播戸竜二

    小学校3年生時に津田SCでサッカーを始める。姫路市立飾磨西中学校、姫路市立琴丘高等学校、大阪商業大学と進学し、卒業時に複数のクラブの入団テストを受けたが、右膝半月板損傷などの故障の影響から不合格。8月に大学OBである中村重和がアビスパ福岡の監督に就任した際に、練習生として所属することとなった。なお、播戸竜二は高校時代の同級生、嶋田正吾は大学の同期である。増川隆洋 フレッシュアイペディアより)

  • ミドリ電化

    ミドリ電化から見た播戸竜二播戸竜二

    5代目 - Jリーグ・ガンバ大阪(播戸竜二・加地亮・安田理大・西野朗)ミドリ電化 フレッシュアイペディアより)

45件中 11 - 20件表示

「播戸竜二」のニューストピックワード