42件中 31 - 40件表示
  • 三浦知良

    三浦知良から見た播戸竜二播戸竜二

    2001年からは永島昭浩引退直後のヴィッセル神戸に所属し(念願の東京移転果たした古巣ヴェルディの誘いも受けた)、4年間キャプテンとしてチームの最前線に立った。得点に関しては、1年目は11得点を記録し(11得点目は11月24日神戸ウィングスタジアム初の公式戦、対マリノス)、健在ぶりをアピールしたが、その後は4年間で13得点といった結果しか残せなかった。ただし、毎年秋口にはゴールを重ね、残留争いを続けるチームにあって重要な役割を果たし播戸竜二に惜しみなくアドバイスを送った。また地域貢献の一環として、小学校での訪問授業をこの時期開始した。その後横浜FCに移籍してからも、同様の活動を続けている。2005年は、開幕三試合連続ゴールを決めるなどカズとチーム自体も好調なスタートを切ったが、その後チームは低迷し、監督交代が続いた。最終的に新監督によるチーム構想から外れ、シーズン途中の2005年7月、横浜FCに移籍した。三浦知良 フレッシュアイペディアより)

  • 永島昭浩

    永島昭浩から見た播戸竜二播戸竜二

    2000年末、現役引退。引退試合では(翌年から神戸でプレーする)三浦知良擁する京都相手にゴールも決めた。以後、彼の背番号「13」は播戸竜二、大久保嘉人、我那覇和樹とエースストライカーが背負っている。引退後はヴィッセル神戸の技術アドバイザー、日本サッカー協会のJFAアンバサダーとして後進の指導に当たる傍ら、スポーツコメンテーターとしてフジテレビ系列、CS放送J SPORTSの解説や毎日放送(MBSラジオ)のパーソナリティー、読売テレビ『雨スポ』などに出演している。永島昭浩 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田武史

    岡田武史から見た播戸竜二播戸竜二

    2年目の2000年にはこれらの努力が結実し、2位の浦和レッズに勝ち点12差をつけてJ2優勝・2年での1部復帰を果たす。チームとしてもJ2発足後初のJ1、自らも監督として初のJ1となった2001年は年間11位の成績を収めてJ1残留に成功。ここを区切りに監督を辞任し、解説者の視点からサッカーを見つめなおすこととなる。札幌を指揮した期間にエメルソンや播戸竜二、山瀬功治、今野泰幸など若く有能な選手を発掘・起用した。さらにこの年、当時J2だった大分トリニータから獲得したウィル(24得点)が得点王に輝くなど、監督としての才能を十分発揮させた。2002年はサッカー解説者として活動。FIFAワールドカップ日韓大会ではNHKの解説者を務め、フィリップ・トルシエ退任後の次期日本代表監督候補にも噂された。岡田武史 フレッシュアイペディアより)

  • うるとらスーパーさぶっ!!

    うるとらスーパーさぶっ!!から見た播戸竜二播戸竜二

    バンド(播戸竜二)は、ランニングシャツを着た「昭和のガキ大将」キャラである。うるとらスーパーさぶっ!! フレッシュアイペディアより)

  • マルシオ・パッソス・ジ・アルブケルケ

    マルシオ・パッソス・ジ・アルブケルケから見た播戸竜二播戸竜二

    播戸竜二選手(ガンバ大阪) 公式HPマルシオ・パッソス・ジ・アルブケルケ フレッシュアイペディアより)

  • 橋垣戸光一

    橋垣戸光一から見た播戸竜二播戸竜二

    2007年は地元・奈良の都南クラブ(現奈良クラブ)でプレーしていたが、2008年より播戸竜二・新井場徹がオーナーを務めるFCティアモへ加入。ジュニアのコーチを兼任した。同年11月に再び奈良クラブに移籍。橋垣戸光一 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィッセル神戸

    ヴィッセル神戸から見た播戸竜二播戸竜二

    2005年、第7節で最下位に転落。8月にFWイヴォ、DFマルティンを獲得。2004年加入のMFホルヴィを加えて、チェコ人3人体制にするも(2004年から所属のDFホージェル、2005年6月加入のMFディエゴ・ソウザは退団)、攻守の要である三浦淳宏と播戸竜二が怪我をしたこともあって低迷から抜け出せず、11月20日の大宮戦に敗れ、J2降格が決定した。ヴィッセル神戸 フレッシュアイペディアより)

  • コンサドーレ札幌

    コンサドーレ札幌から見た播戸竜二播戸竜二

    市原から 野々村芳和、G大阪から播戸竜二、京都から大森健作、FC東京からアウミール、V川崎から高木琢也、ブラジルのサンパウロFCからエメルソンらを補強した。コンサドーレ札幌 フレッシュアイペディアより)

  • 稲本潤一

    稲本潤一から見た播戸竜二播戸竜二

    向陽台高等学校に在籍。1997年、ガンバ大阪の下部組織からトップチームであるガンバ大阪に昇格し、当時最年少の17歳6か月でJリーグ初出場。17歳7か月でJリーグ初得点。1998年春、姫路市立琴丘高等学校のエースだった播戸竜二が練習生としてガンバ大阪に加入し親友になった。稲本潤一 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木隆行

    鈴木隆行から見た播戸竜二播戸竜二

    中学時代は攻撃的ミッドフィルダーから最終ラインのディフェンダーまで様々なポジションをこなした。プロになってからはほぼFWでプレーしており、「憧れた選手はいないが、岡崎や播戸のプレーには惹かれるものがある」と、同じように泥臭いプレースタイルを信条とする選手に対するシンパシーをサッカーマガジン誌でのインタビューで述べたことがある。鈴木隆行 フレッシュアイペディアより)

42件中 31 - 40件表示

「播戸竜二」のニューストピックワード