45件中 31 - 40件表示
  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見た播戸竜二播戸竜二

    渋谷体制2年目。塩田仁史がFC東京から、加藤順大を浦和から、河本裕之と大屋翼を神戸から、横谷繁を京都から、播戸竜二を鳥栖からいずれも完全移籍で獲得し、高山和真と小島幹敏が大宮ユースから昇格し、清水慎太郎が岡山から復帰した。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • がんばれ!キッカーズ

    がんばれ!キッカーズから見た播戸竜二播戸竜二

    プロサッカー選手の播戸竜二は2008年に行われた安田理大との対談において「『キャプテン翼』ではなく『がんばれ!キッカーズ』派だった」と発言している。一方で播戸の後輩にあたり8歳年下の安田は「バンさん、俺は逆にそれ知らんねん」と発言している。がんばれ!キッカーズ フレッシュアイペディアより)

  • U-20サッカー日本代表

    U-20サッカー日本代表から見た播戸竜二播戸竜二

    1999年ナイジェリア大会では、前年のフランスW杯にも出場した小野伸二を中心に、のちにA代表に名を連ねる本山雅志、高原直泰、小笠原満男、遠藤保仁、中田浩二、稲本潤一、加地亮、酒井友之、播戸竜二、2大会連続出場の永井雄一郎・南雄太らを擁した、いわゆる「黄金世代」が、フィリップ・トルシエ監督の指揮の元に準優勝という日本サッカー史上に残る快挙を成し遂げた。大会の直前に主力であった金古聖司・市川大祐を負傷と疾病で欠き、また稲本も負傷の回復途上でコンディションが整わないなど不安視される要素も多かったが、その穴を感じさせぬ各選手の活躍が目立った。精神面・戦術面双方の支柱であったキャプテン小野を警告累積による出場停止で欠いた決勝ではスペインに0-4で完敗したものの、小野・本山は大会ベストイレブンにも選出された。U-20サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 大杉 漣

    大杉漣から見た播戸竜二播戸竜二

    「執念をゴールに叩(たた)きこめ〜ガンバ大阪・播戸竜二〜」大杉漣 フレッシュアイペディアより)

  • FC琉球

    FC琉球から見た播戸竜二播戸竜二

    1月18日には早稲田ユナイテッドとの新たな包括的業務提携の締結、同月22日には大宮からFW播戸竜二の完全移籍を発表。2月6日にはFC琉球高等学院の4月開校、同月9日にはカルボン・ファーデルの加入が発表された。FC琉球 フレッシュアイペディアより)

  • 西野朗

    西野朗から見た播戸竜二播戸竜二

    ミドリ電化 (2007年) - 加地亮、播戸竜二、安田理大と共演(選手とは別撮りで、ミドリ電化の店内で変な踊りをする選手に対して一言いう)123西野朗 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金世代

    黄金世代から見た播戸竜二播戸竜二

    日本のサッカーにおける黄金世代は「79年組」とも呼ばれ、元々は1994年に開催されたU-16アジアユース選手権カタール大会の優勝した事からこう呼ばれるようになった。この大会の主な参加選手は小野伸二、稲本潤一、高原直泰、酒井友之、播戸竜二、辻本茂輝、手島和希、本山雅志らであるが、U-16アジアユースには出場しなかったものの、その後に準優勝したU-20ワールドユースに参加した中田浩二、遠藤保仁、加地亮、小笠原満男らも含んで呼ばれる。中でも小野、稲本、高原の三人はこの世代を代表する選手であり、海外でも成功を収めた数少ないプレーヤーでもある。黄金世代 フレッシュアイペディアより)

  • 1979年

    1979年から見た播戸竜二播戸竜二

    8月2日 - 播戸竜二、サッカー選手1979年 フレッシュアイペディアより)

  • うるとらスーパーさぶっ!!

    うるとらスーパーさぶっ!!から見た播戸竜二播戸竜二

    バンド(播戸竜二)は、ランニングシャツを着た「昭和のガキ大将」キャラである。うるとらスーパーさぶっ!! フレッシュアイペディアより)

  • 永島昭浩

    永島昭浩から見た播戸竜二播戸竜二

    2000年末、現役引退。引退試合では(翌年から神戸でプレーする)三浦知良擁する京都相手にゴールも決めた。以後、彼の背番号「13」は播戸竜二、大久保嘉人、我那覇和樹とエースストライカーが背負っている。引退後はヴィッセル神戸の技術アドバイザー、日本サッカー協会のJFAアンバサダーとして後進の指導に当たる傍ら、スポーツコメンテーターとしてフジテレビ系列、CS放送J SPORTSの解説や毎日放送(MBSラジオ)のパーソナリティー、読売テレビ『雨スポ』などに出演している。永島昭浩 フレッシュアイペディアより)

45件中 31 - 40件表示

「播戸竜二」のニューストピックワード